暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

シールが400枚!?サンリオの知育雑誌【わんぱく・ぶっく3月号】は付録が超豪華ですごい!!

✨悠美✨

筆者の子供は、5歳、3歳、1歳です。
上の2人が女の子で、この子達が、可愛いものが大好き♡

そんな女の子にぴったりな雑誌を求めて、筆者はいろいろな雑誌を購入して試してみています。

今月購入した「わんぱく・ぶっく」がいろいろとすごかったのでご紹介します!

【わんぱく・ぶっく 2019年 03月号】

出典:books.rakuten.co.jp

『わんぱく・ぶっく』3月号 950(税込)

「わんぱく・ぶっく」は、3、4、5歳向けに作られている、サンリオが発行している雑誌です。

サンリオが発行しているので、中にはサンリオキャラが目白押し!

中には、おりがみ、クイズ、間違いさがし、迷路、塗り絵と、遊びながら創造力を育てる知育ブックというコンセプトだそうです。

早速子供達にプレゼントしてみました。

子供達の反応は?

表紙をみただけで、可愛いくてキラキラしたキャラクターに、子供達は大興奮でした。
冊子と一緒についてきた、こちらの箱に「ほんものふろく」という形で3つ入っているようです。

中を開けてみると・・・
【ほんものふろく①】ロケットいろえんぴつ!
【ほんものふろく②】きらきらデコレーションシール
【ほんものふろく③】キャンディー♡メモ
まずは3歳児が、メモとロケット鉛筆を使ってお絵描きを始めました。
ニコニコと、大好きなピンク色で絵をかき進めます。
そして5歳児は、お友達に手紙を書くと何枚もひらがなで手紙を書き始めました。そして書きあがった手紙には、しっかりシールもはって、手紙を作り上げていました。
5歳児は、顔が真剣。真面目にお手紙を作っていました。

まずは届いた雑誌にキティちゃんがいることに興奮していました。

ニコニコと付録で遊ぶ3歳児と、真剣に付録を使いこなす5歳児。

同じ付録を与えても、やっぱり年齢が違うと遊び方も違うんですね。
2人とも満足そうでした。

あれ?シール400枚がついているはずでは?

表紙にシールが400枚ついていると書いてあったのに、付録の箱にシールが入っていない。。

雑誌を開いてみると、1ページ目にしっかりとシールがとじ込み付録としてついていました。

いろいろな形やキャラのシールがたっぷりついてきていました。
これらのシールは、雑誌の中で勉強しながら使うようです。

ページをめくりながら、一生懸命にシールをはってたのしんでいました。

いかがでしたか?

サンリオのキャラクターは本当に可愛いですよね。

その可愛いキャラクターが雑誌の中にもたくさん登場し、さらに子供達が大好きなシールが冊子の中に400枚もついてきました。

筆者の子供達は、大満足だったようです。

是非、試してみてくださいね。

前日の全体記事ランキング

1

【コストコ】コレは絶対おすすめ!トースターでチンするだけで本格「チキン南蛮」が味わえる!

コストコのデリコーナーでは、さまざまな種類のデリが販売されています。そのデリコーナーで新商品「チキン南蛮」を発見しました! どんな味なのか、とても気になったので早速購入してみました。

2

とろっとろでおいしい味付け卵の作り方!白い味たまにする方法って……?

味が染みていて、中身が少し半熟で……理想の味たまってこんな感じですよね。 でも作ろうと思うと火加減など意外と失敗しがちなメニュー。 料理研究家リュウジさんの「奇跡の白味玉」はとろっと具合が最高においしいレシピなんです。コツを覚えれば失敗知らず! 簡単なので、作り方を覚えてみてくださいね。

3

【コメダ珈琲店】テイクアウト可能な「夏の新作ケーキ」は4種類のラインナップ!

名古屋発祥の「コメダ珈琲店」から、夏の新作ケーキが販売開始されました。コメダ珈琲店のケーキはテイクアウトも可能です。「夏の新作ケーキ」を、筆者もさっそくテイクアウトして楽しんでみました。

4

【タモリレシピ】タモさん流「鶏の唐揚げ」はカリッとジューシー!”さっぱり味”で無限に食べられる!

料理上手として有名なタモリさん。 「タモリの週刊ダイナマイク」というラジオ番組で話していたレシピ(通称タモリレシピ)を実際に作ってみるとおいしい!と重宝されています。 今回はタモリさん流唐揚げの作り方を紹介します。 カリッとジューシーに仕上がって、何個でも食べられる軽さの唐揚げです。 早速つくり方を見ていきましょう。

5

【ローソン】まるでバター!「コクバタアイスラムレーズン」は濃厚で罪深い味わい

「コクバタ アイスラムレーズン」は2020年5月19日(火)からローソンで発売されました。「コクバタ」の名前の通り、フランス産発酵バターを贅沢に使用したアイスクリームです。食べてみたところ想像以上に「バター感」が強く衝撃を受けました。早速レポートさせていただきます。

この記事をシェアする

TOP