【掃除の楽ワザ】キッチンや浴室の蓋がないときに使える「栓をして水を溜める方法」

家のこと

stock.adobe.com
 【掃除の楽ワザ】キッチンや浴室の蓋がないときに使える「栓をして水を溜める方法」

2022.01.25

キッチンのシンクなどの掃除するときに、水を溜めたいのに蓋がなくて溜められないということはありませんか? そんなときにはお家にある道具で簡単に栓をすることができます。

広告

キッチンやお風呂の排水口に蓋がなかったら……

栓キッチンのシンクやお風呂の洗い場などの掃除をする際に、水を溜めて掃除をしたいということはないでしょうか? でも蓋がなくて水が流れてしまうので、水を溜めずに掃除しているという方もいらっしゃるかもしれません。
実は、おうちにあるものを使って簡単に水を溜めることができるんです。水を溜めながら掃除すれば節水にもつながります。今回はその方法をご紹介します。

使うものは「ビニール袋」

使う道具は、どの家庭にもきっとあるビニール袋です。

1. ビニール袋の中に、排水口にあるゴミ受けをいれ、ビニール袋を閉めます。その後排水口の定位置に戻します。
栓
2. これで栓をすることができるので、お湯を溜めていくことができますよ。
栓
お風呂などでも同様に、排水口にビニール袋を使えば水を溜めることができます。

蓋がなくても水は溜められる

キッチンのシンクの掃除をする場合、お湯をしっかり溜めると簡単に掃除ができます。換気扇など大物のつけ置きをする際にも、シンク全体にお湯を溜められると洗いやすく便利ですね。

またキッチンは油などを多く使うために、排水溝の奥に汚れが溜まりやすい場所ですが、排水口の奥まではなかなか掃除しづらいですよね。そんなときも、ビニール袋で栓をしてからお湯を溜め、一気にお湯を流すことによって、水流で排水口の奥の汚れも取り除くことができますよ。

キッチンのシンクだけではなくお風呂の排水口など、蓋がなくてこまったときはぜひ試してみてくださいね!

saitaとは

広告

著者

悠美

悠美

基本ズボラ、面倒くさがり屋の3児の母。いしかわ観光特使&輪島観光サポーターに就任。2010&2012年楽天トラベルマイスター受賞のWEB担当!ロンドンブーツ田村淳の大人の小学校1期生。 発酵食エキスパート1級。妊娠~出産で料理は安く美味しく体に良い食事がしたいので、田舎の珍しい野菜や魚なども使いつつ、手抜きはしつつも美味しい料理を家族に食べてもらいたいと考えて燃える日々。また節約大好きで日々家族の為に調査研究中

気になるタグをチェック!

広告