「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

服があなたの味方になる!二の腕・お腹・お尻 お悩み別の「着痩せコーデ」

心と体

wear.jp
 体型カバーコーディネート

2022.05.14

「二の腕にボリュームがある」「下半身が太め」「全体的にぽっちゃり」など、体型のお悩みは人それぞれですよね。体型を全部隠そうとするのではなく、生かしながら似合うアイテムやコーディネートを取り入れるのがおすすめです。お悩み別に、おしゃれも叶うコーディネートと着痩せポイントをご説明します。

二の腕や上半身にボリュームのある人

服があなたの味方になる!二の腕・お腹・お尻 お悩み別の「着痩せコーデ」出典:wear.jpブランド : BEARDSLEY

二の腕のボリュームや上半身の厚みが気になる人は、サイズ感が出やすいぴったりとフィットするものは避け、ゆったりしたシルエットのトップスを選びましょう。

ギャザーやパフスリーブデザインなら二の腕カバーができますが、素材にハリ感が強いとより幅があるように見えてボリュームが出てしまうので、落ち感のある素材がオススメです。

そして、下半身は細めのシルエットやカラーパンツを合わせるとすっきりまとまり、カバーもしながらおしゃれ度も高いコーディネートに仕上がります。

上半身に対して脚やお尻など下半身が太めの人

サンプルイメージ出典:wear.jpブランド : URBAN RESEARCH

上半身に対して、腰やヒップ、脚などの下半身が太めで年々気になってきたという人も、大人女性には多いと思います。

そんな人は、まずトップスはコンパクトにまとめて、ウエストの位置をはっきりさせて、脚を長く見せましょう。

そして、フレアタイプのロングスカートやワンピースなど、ラインの出にくいボトムスを選ぶとバランスがよくなります。
もともとの体型を生かしつつ、下半身のボリュームはカバーしながら、おしゃれの一部になり、すっきり見えが叶います。

お腹だけがぽっこり目立ってしまう人

サンプルイメージ出典:wear.jpブランド : LEPSIM

全身は細身のイメージの女性でもどうしてもお腹だけぽっこりしてしまう人は、上下がセパレートの服だと強調されやすいので、ウエストに切り替えの出ないワンピースがおすすめです。

ワンピースの中でもIラインや、体のラインを拾うものだとぽっこりお腹が目立ってしまうので、足首に向けて少し広がるシルエットがベスト。

裾が広がるシルエットは重たく見えてしまう可能性もあるので、Vネックなど首元が詰まっていないタイプを選んだり、手首を見せたりすると抜け感を演出することができます。

全体的に厚みや丸みがあり、ふくよかな人

サンプルイメージ出典:wear.jpブランド : copine

全体的に丸みを帯びている、ぽっちゃりしていると気になる人は、全体をIラインのように縦長にまとめるイメージでコーディネートすれば、すっきりした印象に。

横に広がるようなデザインよりも、下にすとんと落ちるようなデザインを選ぶのがポイントです。

写真のようにモノトーンでまとめて、ロングシャツやロングカーデを羽織るのは得策!
今の季節は、シアー素材をチョイスすると全身重たくなく軽やかに見せてくれます。

 

***

参考になりましたか? 体型別のおすすめ着やせコーデ、ぜひ実践してみてくださいね。

画像協力:WEAR


著者

Eri Obata

Eri Obata

レディースアパレルブランドの販売、PRを経て、現在はフリーランスでwebライターやPRとして活動。ヨガやトレーニングもやっているが、本当は何もしたくない怠け者。コスメや美容情報も大好き。