暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

料理の記事一覧

「すもも」の栄養と効果って? 皮ごと食べてもいいの? 皮の白い粉の正体は?【栄養士監修】

甘酸っぱい風味が、初夏を感じさせるすもも。 管理栄養士の吉沼弓美子さんによると、すももは皮の部分に栄養がたくさん詰まっているため、皮はむかずにまるごと食べるのがおすすめだそう。 また、皮に白い粉が付着していることがありますよね。 「これってもしかして、農薬…?」なんて気になっている人もいるのでは? そこで今回は、すももの栄養と効能、さらにはすももについた粉の正体についても解説していきます。

梅の栄養って?梅干し、シロップ、梅ジュース、それぞれの栄養価と知られざる効能【栄養士監修】

そろそろスーパーなどで、生の梅が手に入る季節です。 梅といえばクエン酸が豊富で、疲労回復や美肌に欠かせない食材ですが、それだけではないんです。 じつは、食べ方によって、さらに多くの健康効果が得られるんです。 管理栄養士の吉沼弓美子さんがおすすめするのは、加熱して食べること。 それにより、ある成分が発生し、風邪やインフルエンザ予防にも効果が期待できるそう! 体にいい食べ方を知って、梅のパワーを存分にいただきましょう!

【裏ワザ】いつもより美味しい目玉焼きの作り方!たったひと手間でワンランクアップの出来栄えに!

たったひと手間加えるだけで濃厚でおいしい目玉焼きが作れるって知ってましたか?誰でもすぐにできる簡単な裏技をご紹介します!

“日本一”のオムライスを決めよう!楽しく、おいしく食べ比べ「カゴメ オムライススタジアム 2019」

5月18日(土)・19日(日)に東京・ららぽーと豊洲にて、『カゴメ オムライススタジアム 2019』が開催されます。 全国各地のオムライス自慢の店舗のなかから選ばれた10店舗が集結! オムライスを美味しく食べ比べながら、日本一だと思う店舗に投票できます。

油に浮いた「揚げかす」が一瞬でびっくりするほどきれいに!◯◯を入れるだけの超簡単裏ワザ!!

揚げ物をした後に、鍋の中にたっぷりと残っている油。もったいないから再利用したい! けれど、揚げかすがたくさん浮いて汚れているから難しい…。 そんなときは、“スプーン1杯のアレ”があれば解決できるんです! 以前にTV番組で紹介されていた裏ワザを実際に試してみたので、紹介します。

じゃがいもの皮むきの新定番!? スプーンを使うとつるんときれいにむけた!

人気メニューに欠かせない野菜の代表「じゃがいも」。皮むきのときに、どうしても厚めになってしまう…という人必見! どこの家庭にもある“アレ”を使うだけで、ムダなく、つるんと皮をむく簡単な方法があるんです。

【コストコ】爆売れ中のビネガードリンク「美酢(ミチョ)」って知ってる?アレンジもたくさん!

突然ですが、ビネガードリンクの「美酢(ミチョ)」をご存知ですか? コストコで1ヵ月になんと35万本以上も売れた大ヒット商品なので、知っているという方も多いかもしれませんね。「美酢」は2014年の日本での本格的な発売以降、20~30代を中心に注目を集め始め、2018年度の出荷実績では577万本を達成! 4年間で爆発的な売り上げの成長を続けています。「美酢」はなぜこんなに人気が出たのでしょうか? 今回はこの「美酢」の人気の理由と、「美酢」を使ったアレンジレシピをご紹介します!

そうめんの薬味に飽きたら「ぶっかけふりかけ」はいかが?混ぜてもかけても使える万能ふりかけ

暑くなると食べたくなるのが「そうめん」。定番の薬味、ネギや大葉、生姜も美味しいですが、マンネリ化して少し飽きてきますよね。そんな時は、薬味みたいに使える万能ふりかけ「ぶっかけふりかけ」をおすすめします。

【裏ワザ】レンコンの皮むきはアレを丸めて使えば断然ラクに!?

調理方法を変えると、さまざまな食感が楽しめる「レンコン」。皮むきをするときは、ピーラーを使っていますか? じつは、レンコンの皮むきは、ピーラーよりも“あの家庭用品”を使うと、断然ラクになるという噂。ネットで発見した方法を実際に試してみたので、紹介します。

さくらんぼの栄養と効能|1日何個まで食べてもいい?気になる成分とカロリー、軸の活用方法まで

さくらんぼのおいしい季節がやってきました。 管理栄養士の吉沼弓美子さんによると、さくらんぼは、栄養バランスがよく、「天然のサプリメント」として理想的な果物なのだそう。 しかも、栄養があるのは実だけではないんです。 なんと、普通は捨ててしまう軸を煎じて飲むと、さらなる健康効果が! せっかく食べるなら、その栄養を、余すところなく頂いちゃいましょう!

【警視庁推奨】災害時に役立つ「水で作るカップ麺」!本当に美味しいのはどれか試してみた

警視庁のツイッターで話題になった「水でカップ麺作り」。 お湯を入手するのが難しい災害時には、役に立つレシピです。 そんな「水でカップ麺作り」ですが、何が美味しいのかを定番の味で試し、勝手にランキングしました。

業務スーパーの冷凍野菜を使えば時短が叶う!

家庭の料理の多くを、まだまだ主婦が担う時代ですよね。「子どもには、なるべく野菜をとってほしい」「健康には、野菜を多く摂取した方がいい」と思う人も多いはず。しかし、問題なのが近頃の野菜高騰! 身体のためにも摂取した方がいいのは分かっているけど、家計的になかなかむずかしいこともありますよね。また忙しい日々の中で、家事にあてられる時間は限られているもの。しかし、話題の業務スーパーの冷凍野菜を味方につければ、簡単に多くの野菜を献立に取り入れる事ができます!

料理教室講師直伝!圧力鍋なしでもお酢を入れるだけでイワシが骨まで柔らかくなる!

これからの季節、どんどんおいしくなってくるイワシ。安くて栄養豊富なイワシは私たちの家計と健康の大きな味方ですよね。小ぶりのイワシが安く手に入ったときは、「イワシの煮付け」にするのがおすすめ。「でもイワシは小骨が多くて…」と躊躇してしまう方に、元料理教室講師に聞いた、とっておきの調理法をご紹介します。

オススメは朝or夜?トマトの栄養リコピンを効率良く摂る方法

健康への関心が高まり、一躍有名になった「リコピン」。トマトの赤い成分、というのは知っているけれど、どんな効果があるのかは分からない…という方も少なくないのではないでしょうか。リコピンとは、植物などに含まれる赤色やオレンジ色の色素成分・カロテノイドのひとつ。β-カロテンなどの仲間といえば分かりやすいですね。リコピンはそのカロテノイドの中でも抗酸化作用が高く、同じく抗酸化作用を持つビタミンEの100倍以上!健康や美容の面からも、さまざまな効能が期待されているのです。そんなリコピンを、ぜひ積極的に取り入れたいものですが、効率良く摂る方法はあまり知られていないので、ご紹介します。

[野菜の栄養]にんじんの皮をむかずに食べるメリットと調理法

皮のある野菜は、多くの場合が皮をむいて調理するでしょう。野菜によっては皮がかたかったり、あくがあったりしますが、丁寧に洗えば皮付きで食べられるものもあります。にんじん、かぶ、大根を例に、皮の有無(皮付き・皮むき)による栄養の違いと、皮付きの場合のおすすめ調理法を紹介します。

[そら豆のオススメの食べ方]甘みを引き出す茹で方はコレ!

4~6月が旬のそら豆は、時期によって食べ方を変えるとさらにおいしい!栄養価やおいしく食べる調理法をご紹介します。 「そら豆は鮮度が命」といわれます。それは、日が経つと急激に味が落ちてしまうから。目安は収穫してから3日以内で、スーパーで購入したら、できればその日のうちに食べたい野菜です。栄養素はたんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCのほか、カリウム、亜鉛、鉄などのミネラルが豊富です。今回はそら豆のおいしさを引き出す調理法をご紹介します。

見た目がピーマンと似ているパプリカ、味や栄養価はどう違うの?

スーパーで手頃な値段で購入ができ、色も鮮やかでつい手に取ってしまいたくなる夏野菜、パプリカ。生でも加熱してもおいしく、なにかと便利な野菜ですが、「パプリカにはどんな栄養素が含まれているの?」「ピーマンと似ているけど、違いは何?」など、詳しく知っている人は案外少ないのではないでしょうか。

[キャベツの栄養]葉以上に栄養がある芯!切り方や食べ方は?

硬いキャベツの芯は、調理する際につい捨ててしまいがちな部分ですが、実は葉よりも栄養や甘みがあるのをご存知ですか?今回はそんなキャベツの芯に含まれる栄養素や、風味・食感を損なわない切り方、料理法などを紹介します。

あめ色タマネギも時短でできる!タマネギの冷凍保存のメリット

日常的に使う頻度の高いタマネギは、ネット入りでまとめ買いすることが多いのではないでしょうか。でも、すぐに必要なのが少量の場合、大量に余ってしまい使いきれないことも…。そんなときみなさんは、どうやって保存していますか? タマネギはもともと保存が利く野菜で、風通しの良い場所で約3~4カ月も日持ちします。皮をむいてしまったものは、冷蔵庫の野菜室か冷凍庫へ。どちらも目安にして1カ月ほど保存できますが、生のまま使う予定がなければ、迷わず冷凍保存を!実は、冷凍保存にはうれしいメリットがあるのです。

超簡単!もやしをいつもより長く保存する方法[冷蔵&冷凍]

「もやしって日持ちしないな」「もう少し長持ちすればいいのに」…臭いが出てダメになったもやしを前にしてちょっぴりグチった覚えはありませんか?もやしって、冷蔵庫の野菜室で保存してもすぐに傷んでしまうんですよね。  しかし!このもやしがすぐにしんなりせず、シャキシャキの食感を長持ちさせる保存方法があるんです。 今回は、もやしのおいしさをいつも以上にキープする方法をご紹介したいと思います。

  • 1
  • /
  • 4

TOP