暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

掃除の記事一覧

【掃除の裏ワザ】そろそろ扇風機をしまう時期…カバーに溜まったホコリをラク~にとる方法を試してみた

そろそろ夏も終わり、出番の終わった扇風機。 夏の間、毎日使っているとかなりホコリが溜まってるので、きちんと掃除してしまいたいところ。でも、カバーを外して掃除するのは、正直めんどくさいですよね。 そんな時は、ある物を活用すると扇風機の掃除がラクにできますよ。TV番組「家事ヤロウ」でやっていた裏ワザを実際に試してみました。

【掃除の裏ワザ】しつこいIHの汚れはアレで簡単に落ちる!「なぜ、サランラップ!?」

毎日料理などで酷使しているIHクッキングヒーター。だんだんと気になってくるのがそこについた汚れです。 掃除がしやすいのがIHのいいところですが、しつこくこびりつく汚れに苦戦したことはありませんか? そんな時に使ってほしい裏ワザをご紹介します。

【掃除の裏ワザ】荷造り紐1本でシンクのカランがピッカピカになるスゴイ技!

水回りの汚れって気になりますよね。 シンク回りなど、大きな面がある場所は、スポンジなどでゴシゴシこすり汚れを落とすことができます。でも、蛇口の隙間などスポンジが入らないような狭い場所の掃除に困ることがありますよね。 そんなときには、家にあるアレを使うと、簡単にキレイに掃除ができるのです。 実際に試してみました。

ハウスキーパーに教わる意外と汚れている「ドア」「天井」…の掃除法【実はメキシコ発!】

メキシコでは、ハウスキーパーを雇い、家事のお手伝いをしてもらうのが一般的です。 ハウスキーパーは、普段はなかなか掃除できない所も含めて、家じゅうをキレイにしてくれます。 そこで今回は、メキシコのハウスキーパーが、徹底して掃除する所とその掃除の仕方をご紹介します。

【セリア】「こんな便利なものがあったのか!」と感動レベルなキッチングッズ4選

ごちゃごちゃしていたり、汚れているキッチンで料理や作業をするのはストレスですよね。ちょっとしたことでも地味にイライラするもの。そんなプチストレスを解消するだけで、キッチン仕事はぐんと楽になることを知っていますか? 【セリア】のキッチンまわりのアイテムはどれも100円なのにもかかわらず、「そう!それがストレスだった!」というところをスッキリと解消してくれる優れものばかり。なかでもおすすめの4アイテムをご紹介します。

オキシクリーンは洗車にも使える?ボディ洗いと車内掃除を実際にやってみた!

雨が降った後や強風の後に気になるのが、車のボディの汚れです。泥はねや雨が乾いてシミになったウォータースポット、砂ぼこりの影響で、ボディの色がくすんで見えてしまいます。 そこで、強い味方になってくれるのは「オキシクリーン」です。オキシクリーンは酸素系漂白剤で、汚れのみに効果を発揮して洗浄ができる万能な洗剤と言われています。家の中のいたるところで使用できるオキシクリーンは、外でも活躍してくれるのでは…? という期待を込め、オキシクリーンを使用して洗車と車内掃除を実際に行ってみました。注意点を含めて、ご紹介します。

オキシクリーンでキッチンまるっと掃除が簡単!シンクもコンロもレンジも楽ちんきれいに

毎日のように使用するキッチンは、シンク(流し台)をはじめ、コンロ周り、レンジ、調理器具など、油汚れや水によって発生したカビ汚れが付着しやすい場所です。掃除をしなくてはならない場所が多いので、すべてをきれいにするには時間がかかり、意外と重労働ですよね……。 そこで、強い味方になってくれるのはコストコなどで購入できる「オキシクリーン」です。オキシクリーンは酸素系漂白剤で、汚れのみに効果を発揮して洗浄ができる万能な洗剤と言われており、さらには消臭効果も期待できます。オキシクリーンを使用し、実際にキッチン周りを掃除してみました!

オキシクリーンで壁紙を掃除!フローリングもソファも!リビングを丸ごときれいにする方法

いつのまにかリビングのフローリングがザラついて足元が不快になったり、白いはずの壁紙が黒ずんでいたり、長い時間を過ごすリビングはなにかと汚れがたまりがちです。ゆったりとした気分でいるためにも、常に清潔にして居心地のよい快適な空間を保っておきたいところですよね。 そこで、強い味方になってくれるのは「オキシクリーン」です。オキシクリーンは酸素系漂白剤で、汚れのみに効果を発揮して洗浄ができる万能な洗剤と言われており、気になるリビングの汚れをピカピカにする効果も期待できます。オキシクリーンを使用し、フローリングの床、窓、壁紙、ソファ、空気清浄機を実際に掃除してみました。

家にあるアイテムで排水溝のヌメリ・臭いを抑える裏ワザ!手間もコストもかからない!

シンクの排水溝のお掃除ってなかなか手間がかかるものです。 ついサボってしてしまうと、カゴにヌメリが発生。なんだか嫌な臭いがすることも。 そんなヌメリや臭い対策にどこの家庭にもあるアイテムが役立ってくれます。

エアコンの動きもグンと良くなる!「網戸」「窓」掃除で熱を逃がす部屋を作ろう!

暑いと出かけるのがおっくうで、ついつい家にこもりがちに。夏休みだと子どもたちが家にいる時間が増えて部屋の温度も上昇し、エアコンの稼働時間は増える一方です。想像するだけで電気代が怖くなりますが、今年は掃除で部屋をひんやり快適にして、ついでに節電も叶えてみませんか? 外気と室内を隔てる「網戸」と「窓」を掃除すると、熱をためない部屋になるんです。涼しさが格段にアップしますよ。そこで、掃除のプロに簡単&きれいになる掃除術を教えてもらいました。

【掃除の裏ワザ】めんどうな扇風機の掃除をラクにするには?「使い始めに柔軟剤を…」【動画付き】

夏の暑い季節に大活躍する扇風機。 部屋の中で稼働し続ける扇風機は、想像以上にホコリがついてしまいます。 毎日使うものだからこそ、清潔にしたい扇風機ですが、 扇風機の掃除は構造上、とても大変。 できれば、その回数は減らしたいのが本音です。 今回ご紹介するこの裏ワザを使って、清潔な扇風機を保ちましょう。

【ダイソー】汚れを目にしたら即!「掃除グセ」が自然と身につく超便利アイテム3選

汚れがこびりついて致命的なものにならないうちに、すぐにささっときれいにしてしまうことが掃除の極意とわかっていても、「掃除機を出すのが面倒」「どのスポンジで掃除しよう」「洗剤あったかな?」などと考え出すと面倒になり、つい先延ばしにしてしまうもの…。大切なのは、掃除動線を考えるヒマを自分に与えない環境づくりをして「掃除グセ」をつけることです。【ダイソー】の優秀アイテムを掃除が必要な場所に置いておくだけで、汚れが気になったときにすぐに手を動かすことができますよ。ぜひ実践してみてください。

布団のダニ対策!一瞬でダニを死滅させるには「高温」がカギ!自宅で簡単にできます

布団の見えざる敵といえば、“ダニ”ですが、ダニは6月から7月に増え始め、8月ごろにはピークを迎えると言われています。皆さん、ダニ対策は万全でしょうか? 「晴れの日に布団を干しているから大丈夫!」「毎日シーツを替えているから大丈夫!」と思っている方、ダニはそれだけでは一切いなくならないのです。 そこで、以前にNHKの生活情報番組「ためしてガッテン!」でも取り上げられた、布団のダニを死滅させる効果的な方法をご紹介します。

【掃除の裏ワザ】家中あらゆる場所に「ホコリ」が付きにくくなる方法!秘密は柔軟剤にアリ

気が付くと、家のいたるところにたまってしまうホコリ。 毎日の掃除が大変ですよね。 今回は、ほんの少しの工夫でホコリが付きにくくなるワザをご紹介します。 日々の掃除がちょっとラクになりますよ!

【掃除の裏ワザ】お風呂場のカビの繁殖を防ぐ超簡単な新習慣【動画付き】

ただでさえジメジメとしてしまうお風呂場。 掃除をしっかりしていても、水垢やカビなどお風呂場の掃除には頭を悩ませます。 さらに梅雨の時期にはカビの脅威は倍増! そんなカビを簡単な方法で防ぐことのできる必見の情報です!

冷蔵庫天面の「油とホコリの毛布」を一掃!運動効率がアップする省エネ掃除テク【掃除のプロ監修】

冷蔵庫の中の掃除をすると省エネにつながりますが、中身を一度出す必要があるので、食材が傷みやすい夏場はあまりおすすめできません。夏に向き合いたいのは、意外と忘れてしまいがちな冷蔵庫の天面と床上の掃除です。この部分を掃除することで冷蔵庫の放熱がうまくいくようになるので、省エネ効果が期待できます。NPO法人 日本ハウスクリーニング協会の高橋敬子さんに教えてもらいました。

【お掃除のプロに聞いた】1日10分!床の水拭きで“打ち水効果”…結果、部屋が涼しくなる!

エアコン代がかさむ夏ですが、掃除をひと工夫するだけで体感温度をぐんと下げることができます。フローリングや畳をぞうきんで床を水拭きしてあげるだけで打ち水効果が得られるのです。そんなECOなお掃除方法をNPO法人 日本ハウスクリーニング協会の高橋敬子さんに教えてもらいました。

洗濯物の“生乾きハザード”時期到来!嫌な臭いを防ぐコツを【ライオンのお洗濯マイスター】に聞きました

6月7日に関東~東北南部でも梅雨入りし、ジメジメした季節がやってきました。そんな天候が続くと困るのが洗濯。中でも部屋干ししたときの洗濯物の嫌な臭いは悩みのたねですよね。そんな生乾き臭を防ぐコツとおすすめの洗濯機を、ライオンのお洗濯マイスターの方に聞いてきました。

【洗濯の裏ワザ】乾燥の時間を大幅に短縮させる方法!たった1枚あれを入れるだけ

梅雨になり、外で洗濯物を干せない日が増えきました。そんなときに、役立つのが、ドラム式洗濯機の乾燥機能です。 便利な機能なのですが、ドラム式洗濯機の乾燥機能は、乾燥し終えるまで時間がかかります。 そこでご紹介するのが、ちょっとしたことで乾燥時間を大幅に短縮させる裏ワザです。

【カビ博士に聞いた】梅雨時のキッチンは「カビ」にとっての楽園!発生&繁殖を防ぐ方法を教わりました!

これから梅雨の季節を迎える日本列島。家の中のカビに頭を悩ませている人も多いのでは? 特に食べ物を扱うキッチンでカビが発生したら大変です。そこで、カビとの付き合い方について、カビ研究の第一人者である川上博士に解説してもらいました。本格的な梅雨に入る前に、キッチンまわりのカビについて正しい知識をつけてみませんか。

  • 1
  • /
  • 2

TOP