暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

健康の記事一覧

花粉症対策、コスパで考えるなら きのこがベスト! 最安値で乗り切りましょう

つらい花粉症の症状を和らげるために、かかる費用計算したことありますか? 診療、薬、マスク、ティッシュ……ちゃんと計算すると、その金額にきっと驚くはず。 家計を圧迫する花粉治療費、じつは「きのこ」を食べれば、かなり節約できるんです!

花粉症、一番辛いのは「倦怠感」かも!? 薬を飲んでも疲れが取れない……それ食事で解決できます!

つらい花粉症。薬を飲んでその症状を抑えている人も多いですよね。薬のおかげで、鼻水やくしゃみは止まっても、なんだか体がだるい、疲れやすい、集中力がない……ということありませんか? 実はそれ、「きのこ」でなんとかなるかもしれません!

【ロフトバイヤーに聞いた!】春夏に向けたトレーニンググッズ7選!履くだけ!首につけるだけ!飲むだけ!

「まだ冬だから…」と思っているとあっという間に春がきてしまいますよね。 春夏に向けて気になるのは、やはり薄着。 秋冬の間にたっぷりため込んだ脂肪に、そろそろ向き合うころなのかもしれませんね。 株式会社ロフトが、この春夏のキレイ作りにむけたストレッチやエクササイズアイテムを提案してくれる「ロフトレ」。 今回は「セルフストレッチ」「ホームトレーニング」「パーソナルビューティー」「スリープケア」「ボディコンディショニング」「ヘルシービューティーフーズ」の6つのカテゴリーからバイヤーおすすめの7選をご紹介します。

【ウイルスや花粉対策】「ウイルス防衛隊」って知ってる?いまや”マスク”で自己防衛の時代に突入⁉

この季節は風邪やインフルエンザ、春先になると花粉やPM2.5など…、私たちは一年を通して健康を脅かすさまざまなウイルスと隣り合わせで生活しています。さらに今年は新型コロナウイルスの対策としてマスクを求める人が薬局に殺到しているよう。 「自己防衛策」として外出先ではマスクを着けることがもはや当たり前の時代。毎日使うものだからこそ、せっかくならバリア効果がより期待できる「高品質マスク」を選んでみませんか?

【妊婦さん必見】「歯周病」が”早産”や”低体重児”の原因になる理由をわかりやすく解説!

妊婦さんはタバコやお酒がNGというのは、わりとよく知られていることです。実は、「歯周病」も妊婦さんにとって早産や低体重児のリスクを上げるものだということをご存じですか?「なぜ、歯周病が早産や低体重児のリスクと関係あるの?」。この仕組みがわかると「なるほど」と納得します。その仕組みを歯科医師の大原先生に教えていただきました。

【歯科医が警告】「歯周病」を甘くみてはいけない!日本人の主な死因BEST4すべてに関係しているんです

「歯周病」は、歯磨き粉や歯ブラシのCMでよく聞くワードですよね。とはいえ、まだその認識といえば「歯ぐきから血が出る程度のことでしょう?」と、お口の中だけの問題だと思われていりようです。 実は、この歯周病、体に大きな影響があるのをご存じですか? 歯科医師の大原先生に歯周病と病気について、伺ってみました。

【歯科医が警告】詰め物の下の虫歯はやっかい!痛みも感じない、放っておくと歯が欠ける…対処法とは

「毎日歯のお手入れはきちんとしているし、痛い場所もないし、黒ずんでいる場所もない…ということは、虫歯もないっていうことよね!」と思う人も多いかもしれません。ところが、痛みを感じない虫歯があるのです。 「え? 痛くない虫歯!?」。それは、こんな虫歯…、「詰め物の下の虫歯」です。

運動はしたくないけど痩せたい人に!毎日30秒の「鎖骨ひねり体操」でウエストをシェイプ!【動画付き】

ウエストのくびれたスタイル、憧れますよね。 でも激しい運動や厳しい食事制限はしたくない! そんな方は毎日30秒のエクササイズを取り入れてみてください。 すきま時間を活用して、ウエストのシェイプを目指しましょう。

「ポカン」と口が開いていませんか?いますぐ【鼻呼吸】のススメ!

あなたは今、口で息をしていますか? 鼻で息をしていますか?「別にどっちでもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は、鼻で息をした方が圧倒的に「お得」なんです! 鼻のメカニズムが分かると合点がいきます。一緒にその理由を見ていきましょう。

【歯科医師が教える】大人の正しい歯ブラシの選び方!毛のかたさ、毛質、ヘッドの大きさetc.

健康な口腔内環境を保つ秘訣は毎日の歯ブラシ。皆さんはどういう基準で歯ブラシを選んでいますか?使いやすいからリピートしている、安いから、見た目が好きだから・・・色々な基準で選んでいると思いますが、歯ブラシの選び方を誤ると、汚れをきちんと取ることができません。それでは、歯ブラシを選ぶ時、何に気を付ければよいのでしょうか?

【歯科医師が教える】冷たいものを食べるとキーンとする歯の痛み「知覚過敏」はどう対策したらいい?

うだるような日本の夏。かき氷に冷たいものが美味しい季節がやってきました。冷たいものが食べたい!でも知覚過敏の人にとって、冷たい食べ物飲み物は強敵なんです。皆さんの歯は「キーン」としていませんか?

熱中症対策におすすめ!効果的な水分補給の方法「点滴飲み」とは?

この時期になると気をつけなければいけない「熱中症」。ここ数年、夏の平均気温は年々上昇しており、特に去年の夏は全国各地で記録的な猛暑となりました。今年も引き続き熱中症への警戒が必要になるため、熱中症が起きるしくみや、今からできる対策を知っておきたいですね。ミネラルと健康をテーマに商品づくりを行っている赤穂化成株式会社に聞いた、熱中症にかかりにくい体にする「暑熱順化(しょねつじゅんか)」についてや、熱中症対策に有効な「点滴飲み」の方法をご紹介します!

「あぁ、寝苦しい!」熱帯夜を乗り切る5つのポイントとは?

本格的に梅雨が明けて、毎日暑い日が続いていますね。夜も暑くて、寝付きが悪くなったり、夜中に起きてしまうことも…。実は、前日の睡眠の質と熱中症発症は関連するとの調査結果もあるんですよ! 今回は、暑くて寝苦しい夜に質の高い睡眠を取るポイントを、スリープマスターに教えてもらいました!

【熱中症の真実】外の気温よりも実は家事や入浴中の方が危険!室内だと症状に気づかないことも…

「熱中症に注意」というテレビの注意喚起で、外出先でのこまめな水分補給や、室内でのエアコン使用などを気をつけている人も多いのではないでしょうか。ところが、家事や入浴中、仕事中など、実は屋内にいるときにも熱中症のリスクも高いということをご存知ですか? さらに、熱中症の症状が出ているのにもかかわらず自覚していないという人がとても多いことがある調査で明るみに。これはとっても危険です!熱中症の症状が出たらすぐに自覚して、速やかに適切に対処することが何より重要です。家族と自分自身を守るためにも熱中症への正しい知識を身につけて、今年の夏に備えましょう!

【子どもの熱中症対策】「全身が熱い」は要注意!小児科医に聞いた‟手作りイオン水”の作り方

梅雨があけると、いよいよ夏本番がスタート! 気温や湿度がぐっと上がるこの時期に、気をつけたいのが「熱中症」です。 とくに、最近では、子どもが熱中症になることも多く、注意が必要です。 そこで小児科医の先生に、子どもの熱中症の症状と予防法について聞きました。

【快眠○×クイズに挑戦!】寝苦しい夜にも気持ちよく眠れる方法が分かります!

今年も本格的に梅雨シーズンに突入し、これから夏にかけてジメジメ・ムシムシした夜がやってきますね。今回は、そんな寝苦しい夜にも気持ち良く眠れるためのマル秘テクを伝授します! まずは、快眠についての新常識をクイズ形式でご紹介! あなたは何問正解できますか?

ブルーベリーの栄養と効能って?目にいいだけじゃない?花粉症や便秘、生活習慣病予防も?【栄養士監修】

6月から8月中頃にかけて旬を迎えるブルーベリーですが、「目にいい」というイメージがありますが、その理由とはなんでしょうか。 それは目以外にも、花粉症や便秘、生活習慣病の予防にも効果が期待できるからです。 そんなブルーベリーの栄養、効能について、詳しく解説します。 さらに、品種やおすすめの食べ方なども紹介します!

【歯科医師が教える】虫歯菌を子どもにうつさないために気をつけたい4つの習慣!

最近は子どもの口腔ケアに気を配る親が増え、子供の虫歯は昔にくらべてぐんと減りました。子どものオーラルケアグッズも増え、歯みがき、仕上げみがきをしっかりできている人が多いと思います。 しかし、せっかく口腔ケアができているのに、大人が子どもに虫歯菌をうつしてしまうことがあります。それは、あなたもやっているかもしれない4つの習慣なのです。 子どもに虫歯菌をうつさないためにも、注意してほしい4つの習慣を紹介します。

「それ、太る原因かも…」睡眠の質を下げる夏の“冷え”の徹底対策!寝具を変えればやせる!?

冷えは万病のもとですが、実はこの冷え、寒い冬はもちろんのこと、暑い夏でも多くの女性が感じているのです。熱帯夜が続く夏にエアコンによって生じる冷えは、入眠や質の高い眠りを妨げてしまいます。睡眠の質が下がると、ホルモンバランスが崩れ、しょっぱいものを欲したり食べ過ぎてしまったり太る原因となる可能性も…。そこで、睡眠のプロに、夏のタイプ別冷え対策を伺いました。

【歯科医が教える】電動歯ブラシの正しい使い方、本当に知ってる?

皆さんは手動歯ブラシ、電動歯ブラシ、どちら派ですか?どちらを使ってもきちんと磨けていれば問題ないのですが、電動歯ブラシ派で正しい磨き方を知らない人が実は意外と多いんです。正しい磨き方を身に着けて、効率よく歯みがきしましょう。

  • 1
  • /
  • 2

TOP