暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

健康の記事一覧

【薬剤師監修】急な動悸や息切れ……40代の体の不調解決法3つ

漢方薬・生薬認定薬剤師の清水です。 急な動悸や息切れで焦ったことはありますか? 今まで感じたことのない不調がくると、だれしも不安になりますよね。更年期世代の体の不調には、漢方がおすすめ。今回はアラフォー女性に多い動悸の原因と改善法をお話します。

ハッカ油広報担当者に聞いた!ハッカ油が万能な理由|熱帯夜に試したい、バスタイム~就寝時の活用法

ハッカ油の製造卸ひと筋の株式会社北見ハッカ通商に、ハッカ油を使った夏のくらしのアイデアを教えてもらっています。 第1回目は「猛暑をしのぐためのハッカ油の使い方について」 今回は、バスタイムから就寝までのあいだにおすすめの使い方をご紹介します。 スーッとした清涼感で、寝苦しい夏の夜を乗りきりましょう!

エアコンをつけているときの換気は?ダイキン担当者に聞く、節電しながら上手な換気方法とは

2020年の夏は新型コロナウイルス対策としてこまめな換気が欠かせません。その一方で温かい空気が室内に流れ込み、室温が上昇することから、熱中症にも気をつけなければなりません。 そこで、今回はコロナ禍における熱中症対策と空調メーカー・ダイキンが考える夏の効率的な換気を取り上げていきます。

目指せデニムの似合う足!1日5分家事をしながらの〝下半身痩せ〟ストレッチ#プロアスリートごっちゃん先生直伝

今年の夏のトレンドは、シアー素材。薄いトップスのからうっすら透けて見える、シュッとした締まったボトムのシルエットがコーディネートのポイントです。そのために、必要なのはスマートな肢体! でも、つらいトレーニングは続きませよね。1日5分家事の合間にできるストレッチなら、そんな心配は不要! Mr.Children、SEKAI NO OWARIをはじめ有名アーティストのサポートも務めている元アスリートのごっちゃん先生に、下半身をすっきり引き締めるストレッチ方法を聞きました!

下着に乗っかる背中のお肉撃退!1日5分の背中若見えストレッチ#プロアスリートごっちゃん先生直伝

顔や髪のお手入れは、必死に頑張っているけれど、意外に見落としているのが、後ろ姿。動画や写真で「このおばさん、誰?」と思ったら、自分だった……なんて苦い経験、ありませんか? そんな思いを2度としないために、1日5分家事の合間にできるお手軽ストレッチで、後ろ姿もちゃんと若く見える体を手に入れましょう!

イライラし過ぎて暴言、夜には酷い落ち込み……毎日ツライ感情の起伏に困ったら。今すぐできる方法6選

「朝は良い調子だったのに色々考えていたら気分が落ち込んだ」「カッとなって怒ってしまったけど後で泣きたくなった」…こんなふうに激しく変わる気分に振り回されてはいませんか。 今回は情緒不安定になる原因と、すぐに役立つ対策をまとめてお届けします!

ウィズコロナでマスクをつける夏|快適に過ごすための熱中症対策には腸活がMUST!

Withコロナと迎える夏。第2波の予兆もあり、やはり去年と同じようには過ごせないですよね。すでに「マスクで熱中症」と騒がれているように、ちゃんと水分や栄養をとっていても、熱中症にかかってしまう場合があります。そんな事態を引き起こさないために、少しずつ暑さに負けない体作りを始めましょう。

どうしてもやる気が出ない……コロナ鬱の可能性も?無気力・疲れ・だるさを吹き飛ばす方法

朝、つらくて起きれない、ご飯を作る気力もない……なのに洗濯、掃除、育児に仕事とやることが山積みでパニック! なんて、人には言えないけれど、ありませんか? 「いつも疲れている」のがデフォルトの人に知って欲しい! そのどうしようもない倦怠感は、年齢のせいじゃないかもしれません。

30代から気を付けたい!夏なのに手足の指先冷えてない?今すぐにやるべき対策5選

冬でもないのに手足の冷えがあり、温めても温まらない症状に悩まされていらっしゃいませんか? 冷えは便秘や肌荒れ、肩こりや頭痛に繋がる場合もあります。もしかしたら更年期のホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。更年期なんてまだ……と思っている30代の方も、「プレ更年期」と呼ばれる時期に当てはまります。 今回は指先などに表れる体の冷えを簡単に改善できる方法をお伝えいたします。

急に顔がほてる、暑くなくても汗が出る……更年期特有のホットフラッシュの原因と対処法

こんにちは、漢方薬・生薬認定薬剤師の清水です。 最近、急に顔がほてる、気温とは関係なく拭いても拭いても汗がでる、夜間も何度も目が覚めてしまう……そんな症状はありませんか?  それはもしかしたら更年期障害のひとつ、ホットフラッシュの症状かもしれません。 今回は、ほてりやのぼせ、多汗といったホットフラッシュを改善する方法についてお伝えいたします。 更年期なんてまだまだ~と思っている30代後半でも「プレ更年期」世代です。もし上記のような症状が出ているなら、読んでみてくださいね。

ダイエットしてもお尻や足が太い……下半身太りに30秒でできる3つの痩せワザ

「ダイエットしているのに上半身は痩せても下半身が痩せない」「下半身が太るタイプなので全身のバランスが取れず、スタイルが悪く見えてしまう」「夫が冗談のつもりで下半身デブと呼んでくるのがムカつくので痩せて見返したい」そんな風にお悩みではありませんか? 女性はもともと太ももやお尻周りに脂肪がつきやすいもの。でも、ちょっとしたコツで下半身をスッキリさせることはできます!ダイエットアドバイザーの管理栄養士が、下半身ヤセのための簡単な方法をお伝えしますね。

【筋肉診断付き】コロナ太りどころじゃない!何もしないと30歳前後から徐々に筋肉量が落ちるって本当?

近年、健康志向の高まりからフィットネスや筋トレへの注目が集まる中、新型コロナウイルスの自粛に伴い、運動機会を増やした人が多数いる一方で、「外出機会の減少に伴い日中の活動量が減ってしまった」「元々運動が苦手でより歩かなくなった」など、運動不足から体重の増加を心配する声も少なくありません。ただでさえ筋肉量は衰え、老化の一途。健康な身体を維持するためにも運動への意識を高めていきましょう。

老けないダイエット|中年太りの救世主、失敗知らずの菌活ダイエットを伝授(レシピ付き)

本当は、コロナ前から体に徐々に着き始めた贅肉が気になっていたけれど、外出自粛を理由に見ないことにした、という人いませんか? もし、あなたが30代以上なら、宣言解除されたこの時期こそ「若く見える、大人女性」になるか「老けてる、おばちゃん」になるかの境目かもしれません!

リバウンドしないダイエットとは?太った原因は運動不足と食べ過ぎだけじゃない!

コロナで自宅待機になってから、家族のために3食きちんと自炊ご飯、合間にテレワークと家事をこなして、夜は早々にバッタンキュー。今まで以上にハードな生活を送っていたはずなのに……なんで、太っているんだろう? その理由は、運動不足と食べ過ぎだけじゃないんです!

30~40代の5人に1人が悩む「ちょい漏れ」。女性の人生と関係が深い排尿トラブルとの付き合い方とは

歳を重ねるごとに増えてくる、体のさまざまな悩み。実は結構悩んでいるけど、恥ずかしくて人にはとても話せない…。あなたもそんな体の「不調」をひとつくらい持っていませんか? 「少し力んだだけで漏れてしまう」など、意外に女性に多いのが実は排尿トラブル。そこまで深刻な症状でなければ「恥ずかしい」からと誰にも相談せずやり過ごしている人も多いはず。でも、排尿トラブルは特別なことではなく、誰もが経験し得るごく身近な病気なのです。 本格的に悪化する前に女性の排尿トラブルのメカニズムを知り、今日からでも実践できる習慣を重ねていきましょう!

毎月19日は乳がんのセルフチェックディー!乳がんを早期発見できるチェック法を教えます

女性特有の疾患である乳がん。⽇本⼈⼥性がかかる割合(罹患率)ががんの中で最も⾼く、年々増加している病気と言われています。 みなさんは、自分のバストを注意深くチェックしたことはありますか? 乳がんの早期発見、早期治療をしていくために、自分のバストを定期的にチェックすることが大切です。

そのイライラ、生理前だからかも!?すぐに取り入れたい、心と体にやさしいPMS対処法

最近なんだか子どもを叱ってばっかり、夫にも冷たい態度をとってしまう、そんな期間限定のイライラや情緒不安定に悩んでいませんか? そしてそれ、生理前だったりしませんか? そのイライラは、PMS(月経前症候群)のせいかもしれません。PMSでは体の不調よりもメンタル的な不調の方が多くみられます。生理前のイライラを改善する方法について漢方薬・生薬認定薬剤師の清水みゆきさんにお伺いしました。

【夏用マスク6選】冷感接触機能付き、持続的な涼感、水着素材など夏を乗り切るマスク特集

暑くてもマスク着用が日常的に求められる今年の夏。 不織布マスク、手作りの布マスク、ガーゼマスクなどいくつか種類はありますが、普通につけていると汗をかいたり、蒸れたり、肌トラブルを起こしたりすることも。 そこで日本の夏の暑さに対応した夏マスクを大特集。感染症予防もしっかりしながら、快適に過ごせるマスクをご紹介します。

2020年はマスクありでさらに暑い夏に!?サンリオキャラクターの“ひんやりグッズ”で乗り切ろう!

新型コロナウイルスの感染対策として、新しい生活様式を取り入れることが求められ、暑い夏を迎えてもマスクの着用が日常化されています。 今年の夏は、マスクを着用することで熱中症を引き起こす「マスク熱中症」を懸念する声も多く、その対策のひとつとして、マスクを着用しながらでも身につけられる“ウェアラブルクーラーグッズ”に注目が集まっています。

日中の眠気や集中力低下を感じてない?ブルーライトによるデジタル時差ボケかチェック!

パソコンをはじめ、スマートフォンやタブレットといったデジタルデバイス。仕事はもちろん、ちょっとした調べもの、暇つぶし、動画や音楽などのエンタメはすべてデジタルデバイスで事足り、生活に欠かせないアイテムです。 しかしその一方で、デジタルデバイスが発するブルーライトは、目をはじめ、人体にさまざまな影響を与えることで知られ、眠気や集中力低下といった時差ボケのような症状デジタル時差ボケが出ることも。 そこで、メガネブランド「Zoff」が行ったブルーライトに関する調査とともに、対策をするうえで取り入れていきたいポイントを紹介していきます。

  • 1
  • /
  • 5

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP