暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

健康の記事一覧

見ているだけでツラ~い、子どもの花粉症。対策って何をすればいいの?

本格的な春はすぐそこ。すなわち、花粉症シーズンの到来です! 今まさに花粉症に苦しんでいるママも多いのでは? 大人でも辛く憂うつになる花粉症ですが、近年はそれが子どもにも広がってきているんだとか。親が花粉症持ちだったり、お子さんが日常的に鼻をグズグズ、目をゴシゴシしていたら要注意。では、子どもが花粉症になってしまった場合の対策は、何をすればいいのでしょうか?

毒素を出して【ためない生活】実践!最新デトックス方法「食事編」&「エクササイズ編」

「デトックス」という言葉、よく聞くけど何?という人も多いはず。具体的には、食べものに含まれる水銀や亜鉛、ヒ素、アルミニウムなど、カラダにとって有害なミネラルを一般的に「毒素」といい、これらを排出するという意味ですが、正しくデトックスするにはどうしたらいいのか。最新の「デトックス」法について、医師に聞いてみました!

【医師に聞いてみた】インフルエンザの新薬「ゾフルーザ」って積極的に使うべきなの?

昨年3月に発売された、新しい抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」。発売から間もない今年のインフルエンザ流行のピーク時には、すでに50%以上のシェアに拡大しているという情報が出ています。人気の理由は何か、また気をつけなければいけないことはあるのか、有明こどもクリニック 有明院院長の小暮裕之先生に詳しく教えてもらいました。

【スメルハラスメント】冬こそ気になるニオイ問題!コート・タイツ・下着・ニット帽…モワッとに要注意!!

目に見えず、自分では気づきにくいカラダのニオイ。最も気をつけるべきは夏、と思いきや、コートやタイツ、あったか下着の中にニオイがこもる<$b{冬こそ要注意}$>という情報が! ではどうすれば? ニオイケアのプロ、医師の上田弥生先生に聞いてみました。

【超多忙な美人医師のキレイの秘密④】溜めない体で美肌キープ!マッサージ&食事の腸ケア習慣を公開

健康知識を持ってる医師は、忙しい中でどのように美や健康を維持しているのでしょうか。暮らしの中の健康習慣を教えていただきました。

【超多忙な美人医師のキレイの秘密③】睡眠前後の簡単習慣でストレス知らずの美しさを手に入れる!

健康知識を持ってる医師は、忙しい中でどのように美や健康を維持しているのでしょうか。暮らしの中の健康習慣を教えていただきました。

【超多忙な美人医師のキレイの秘密②】冷え&むくみ解消!女性ホルモンUPの生活習慣

健康知識を持ってる医師は、忙しい中でどのように美や健康を維持しているのでしょうか。暮らしの中の健康習慣を教えていただきました。

【超多忙な美人医師のキレイの秘密①】温めて10kℊやせた!冷えない体の作り方

健康知識を持ってる医師は、忙しい中でどのように美や健康を維持しているのでしょうか。暮らしの中の健康習慣を教えていただきました。

【体幹リセットダイエット】の佐久間健一さん考案。たった60秒のストレッチ×3習慣でやせる!

下腹、太もも、お尻etc.気になるムダ肉をなるべくラクして引き締めたい! 運動が苦手、ダイエットが続かない人でも大丈夫。ワンポーズたった60秒のお手軽ストレッチで、やせやすいカラダに生まれ変わることができるんです。

【医師監修】飲み会が増えるこの時期は“デブ肝臓”に要注意。大病にならないための予防策&撃退ワザ

クリスマスや忘年会、年が明けたら新年会となにかと飲食の機会が増える時期ですが、暴飲暴食をしなくても、体型がスリムでも、<$b{「デブ肝臓(脂肪肝)」}$>になる女性が増えているそう。放置すると肝機能が低下して、やがて肝硬変なんておそれも。上手に解消しましょう!

飲んで免疫力UP!おすすめ【乳酸菌入りドリンク】8選

乳酸菌入り商品といえば食べるヨーグルトが主流でしたが、最近はいつでも場所を選ばずに手軽に飲めるドリンクタイプが人気! 冬の寒さが本科的になってきた今だからこそ飲みたい【乳酸菌入りドリンク】を紹介します!

外国人観光客が爆買いしている人気商品!肩こり・腰痛に効く「ロイヒつぼ膏」って知ってる?

子どもを抱っこしたり、家事のときにかがんだ姿勢を頻繁にとっていると、いつのまにか肩こりや腰痛になってしまいますよね。そんな人におすすめしたい便利アイテムを見つけました!

【専門家に聞いた食中毒対策】 食中毒予防のために、 調理中に気をつけること3つ

食中毒対策といえば、冷蔵保存や加熱調理が真っ先に思い浮かびますが、じつはそれだけでは万全とはいえないようです。「<$b{見落としがちなのですが、調理中の行動によっては、食中毒にかかるリスクを高めている可能性があるんです}$>」と、ライオンヘルスケアマイスターの山岸理恵子さん。食中毒予防のために、調理中に気をつけたい3つのポイントを教えてもらいました。

【専門家に聞いた食中毒対策】 無意識のうちにやっているかも!? 菌を増やしてしまうNG行動4つ

食べ物が傷みやすい夏は、食品の衛生管理に不安を持つママも多いのではないでしょうか。じつは、購入から調理、保存するまでの流れで、ちょっとした油断が食べ物についた菌を増やし、食中毒の原因につながるんです。ライオンのヘルスケアマイスター山岸理恵子さんに、食べ物の菌を増やしてしまうNG行動を教えてもらいました。

水洗いだけじゃ菌を落とし切れない!? “正しい手洗い”で食中毒から家族を守ろう!

家族のために料理やお弁当を作っているママが、この時期とくに気になるのが食中毒。でも、なんとなくこまめに手洗いしたほうがいいのかな…とか、けっこうあいまいな知識しかなかったりしますよね。そこで今回は、「キレイキレイ」などのハンドソープを販売しているライオンに取材。家庭でできる食中毒対策について教えてもらいました。

テープを貼るだけ♪ 一日中歩きっぱなしでも超余裕!?足が疲れにくくなる裏ワザ

キャンプなどのアウトドアレジャーやフェスやライブなどのアクティブなイベントに行ってたくさん歩いたり、長時間立っていたりすると、足が疲れてもうクタクタ…なんてことになりがちですよね。そんなときにお役立ちなのがテーピング。ケガしているときやスポーツのときだけと思い込んでいませんか? じつは、日常生活でもすごく使えるんですよ。

TOP