暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

ライフスタイルの記事一覧

スタートダッシュは切らないで行こう。 #大人だからこそ楽しむ絵本

絵本と聞くと「子どもが読むもの」と思っていませんか。短くてシンプルな文章と絵で構成される絵本は実は「大人こそ楽しめるもの」も多いんですよ。 「絵本ナビ」編集長の磯崎園子さんに「大人だからこそ読みたい絵本」を紹介してもらいます。いろいろな事情でなかなか口出して言えないこと、言葉にできないようなふんわりとした想いなどを受け止めてくれるコラムのスタートです。

話題になっている「コロナ離婚」なるものを考えてみた

NPO法人tadaima!という団体をやっております三木智有です。 tadaimaでは家事シェアをする方法やする意味をパパ・ママに向けて広める活動や、元インテリアコーディネーターだった知識を活かして子育て家庭のためのモヨウ替えコーディネートを行っています。

【防災備蓄の必要性】お金をかけないで防災備蓄しよう!災害時にあると役立つ「身近なモノ」って?

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会 代表理事の長柴美恵です。 2016年より防災備蓄のための収納プランナーを育成しています。今回は皆さんに、コストをかけなくても準備できる、多めに持っていると災害時に何かと使える便利なものをお伝えします。

家事を抱え込んでいませんか?「思ったようにならなくて、夫に家事を任せられない」壁の乗り越え方

家事をシェアしたいのに結局自分で抱えてしまっていませんか。 家事をみんなでシェアすることで家族にとっていいことがたくさんある、というのはNPO法人tadaima!の三木さん。家事を分担する際の「自分がやったほうが早い」という壁について聞きました。 関連記事:子どもが「家事はママの役目」と思っていませんか?

37歳で初めてのインターン。未経験の教育業界でのチャレンジ#心の真ん中を生きる

女性の就労支援団体「ArrowArrow」を立ち上げた堀江由香里さん。でも今の目標は……なんと「小学校を作ること!」どんなときもどんなことにも「できない」とは思わずにまっすぐ突き進む姿が魅力的な堀江さん。なぜ小学校を創りたいのか、その理由を聞きました。 第1回目記事:好きなものを「好き」と言ってみよう! 

子どもが「家事はママの役目」と思っていませんか?

家族が「家事はママの役目だから、やってもらって当然」と思っていませんか? 家事をみんなでシェアすると家族にとっていいこといっぱい!というのはNPO法人tadaima!の三木さん。家事分担について伺いました。

好きなものを「好き」と言ってみよう! #心の真ん中を生きる

小さかったころ感じることが少なかった「女性特有」の生きにくさを、歳を重ねるにつれ感じることはありませんでしたか?「女性だから」「お母さんだから」我慢しなくてもいいような社会の実現のために女性の就労支援団体「ArrowArrow」を立ち上げた堀江由香里さんから、エールをもらいました。

あなたの親は大丈夫?個人情報流出、高額請求etc.多発するシニア世代のネットトラブルを防ぐには

祖父母世代でスマホを使う人たちも増えてきていますよね。 しかし、使い慣れていないためトラブルも多いのだとか。あなたのご両親は大丈夫ですか?

家事のメイン担当は私!?家事分担で感じた「モヤッ」の解決方法

結婚するときに「家事分担」について話し合いましたか? なんとなく「妻」の側に偏っていたりしませんか? 家事をみんなでシェアすると家族にとっていいこといっぱい!というのはNPO法人tadaima!の三木さん。家事分担について伺いました。

2020年も幸福度世界1位!今世界から注目されているフィンランドのゆとりある生き方

結婚している方の中には、仕事と家庭の両立に日々頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか? 平日は自分も働きながら、家にまつわる家事のほとんどすべてをひとりでこなして、やることと時間に追われ疲弊している方も多いですよね…。そんな忙しすぎる日本の女性が驚くほどゆとりのある暮らしをしている国があります。それは、マリメッコやイッタラといったオシャレなブランドで有名な国というだけではなく、幸福度世界1位、ワークライフバランス世界1位と、今世界から注目されているフィンランド。そのゆとりある働き方や生き方を書籍『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』からご紹介します。

【防災備蓄の必要性】知っておきたい災害対策の優先順位と災害後の行動時間

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会 代表理事の長柴美恵です。 2016年より防災備蓄のための収納プランナーを育成しています。今回は皆さんに、地震対策の優先順位と災害後に要する行動時間をお伝えします。

家の中で「私だけが頑張っている」と感じていませんか。ママの負担を減らす「ギブアップ宣言」とは?

家事が一人に偏ってしまっていませんか?家事をみんなでシェアするといいこといっぱい!というのはNPO法人tadaima!の三木さん。家事分担についての悩みを相談してみました。

コロナ問題で困っているのは「ママ」?

川村真木子です。 アメリカの大学を卒業後、娘を育てながら外資系金融機関で働いています。これからsaitaPULSで不定期に連載することになりました。 今回は世間を騒がしている「コロナウイルス」にまつわる話。

子どものいる家庭の4割が食品を備蓄していない!手軽にできる備蓄のススメ

東日本大震災から丸9年。もう9年かと思う人もいるかもしれません。東日本大震災の記憶を風化させないことは、得られた教訓を未来に残し、これから起こる可能性のある災害による被害を最小限に押さえることにつながります。

人生最後に食べたいおやつには、その人の人生が詰まっている

日常を暖かいタッチで切り取り、読者の心を癒す文章が人気の小川糸さん。最新作「ライオンのおやつ」を読んで考えたこと、感じたこと。

【防災対策】停電時の明かりの準備は懐中電灯だけで大丈夫?

地震が多い国である日本に住んでいる私たち。地震によって電気が止まった際、火災につなげないために今すぐ家庭でできる対策について書籍『地震イツモマニュアル』(ポプラ文庫)の中からご紹介します。

もしも目の前で人が倒れたら?知っておきたい救命の流れ

もしも道を歩いて人が倒れていたらあなたはどうしますか? 筆者は偶然そのような場面に立ち合わせたことがあります。救急車が来るまでのわずかな間に応急処置ができるかどうかで命が助かるかどうかも変わってきます。 筆者の実体験をもとに、書籍『地震イツモマニュアル』から「救命救急時の対処法」についてイラストを交えながら応急手当の方法をお知らせします。

ヘアカラーはいつから白髪染めに変わる?白髪染めデビューについて考てみた

「あぁ、遂にこのときが……」。黒々とした髪の中に、初めて白髪を見つけたときの衝撃は、なかなかのもの。気持ちはいつまでも若いつもりだけど、日々の生活の中のふとした瞬間に感じる「老い」の中でも、代表的なのが「白髪」を見つけた瞬間ではないでしょうか。 遺伝、髪質、生活環境など、白髪が出る原因はさまざまで、タイミングにも個人差があります。今回は、「そろそろ、白髪を発見しそう……」と感じている方のために、「白髪染めデビュー」についてご紹介します。

「saitaPULS(サイタプラス)」運営会社変更のお知らせ

               

切ったり縫ったりは不要!ハンカチとゴムですぐに作れて何度も使える「ハンカチマスク」の作り方

段々と暖かくなる季節は、花粉症に悩まされる方も多いのではないでしょうか?  止まらないくしゃみや鼻水、そして肌荒れに悩む方などもいらっしゃいますよね。症状をひどくさせないためにも、マスクやメガネで花粉を防ぎたいところですが、薬局に行ってもマスクがない……。 そんなときは、自分でマスクを作ってみては? 切ったり縫ったりすることなく、手持ちのものでカンタンにできるマスクの作り方をご紹介します。

  • 3
  • /
  • 20

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP