暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

「料理の裏ワザ」に関連した記事

業務スーパーで1週間食費7500円を叶える!月・火の節約手づくり献立#節約ママのラク家事ごはん

家族4人で1ヶ月食費2万5000円以内を叶える方法をお伝えする#節約ママのラク家事ごはんの第2回目は、日曜の買い出しと週明けの月曜、火曜の献立をご紹介します。 週明けの晩は、家族全員がなんとなくお疲れ。そんな曜日だからこそ、スタミナ料理をおいしく食べられたらいいですね。今回は夏の疲れをふきとばすような、ラクラク手作り献立です。

【料理の裏ワザ】安いお米をふっくらツヤツヤに炊く方法!アレをひとさじ入れるだけ!

家族が多かったり、育ち盛りの子どもがいると毎日のお米代もバカになりませんよね。 かと言って、安いお米で炊くと、おいしくないってことも…… そこで、どの家庭にでもある、あの食品を入れるだけで、安いお米も美味しくなるとっておきの裏ワザがあるというので、実際にやってみました。

【料理の裏ワザ】「牡蠣」を上手に洗う3つの方法を試してみた!意外なものが大活躍!

揚げ物、炒め物、焼き物、鍋物と、冬にさまざまなレシピで活躍してくれる“牡蠣”。牡蠣が好きで、外食や市販のものは食べるけれど、牡蠣特有のあの生臭さを自分では取る自信がないから、自宅では調理をしない…という方も多いのではないでしょうか。 そこで発見したのが、ダイエーのホームページで紹介されている、「牡蠣の上手な洗い方」です。「塩水」「片栗粉」「大根おろし」を使用した3つの洗い方をそれぞれ実際に試してみたので、ご紹介します。

冷凍するだけの「冷凍大根」で大根おろしを作ると「凍ったまま」「半解凍」「完全解凍」のどれが美味しい?

スーパーで特売していた、丸ごと1本の大根。野菜室に入れたまま時間が経つと、水分がぬけてシワシワになり、せっかくの大根のよさが失われてしまいます。そのため、すぐに使用できない分は冷凍保存しておくと便利です。 冷凍した大根を大根おろしにするときに気になるのが、「解凍しておろすのか、凍ったままでおろすのか」ということ。冷凍大根を、凍ったまま、半解凍、完全解凍の3つの状態ですりおろし、ベストな大根おろしはどれなのか、比較してみました!

超半熟から固ゆでまで10タイプ!「ゆで卵」の茹で具合を”1分きざみ”で比べてみた!【徹底検証】

サラダに、サンドイッチに、丼ものに、さまざまなメニューに欠かせない存在の“ゆで卵”。メニューや好みによって、とろ〜り半熟にしたり、しっかりめの固ゆでにしたり、ゆで加減が変わってきますよね。 皆さんの「ゆで卵の正解ゆで時間って、何分なの!?」というお悩みを解決するため、卵のゆで時間6分から15分まで、1分ごとの黄身の状態を比較してみました。これで、ベストなゆで卵を発見できるかもしれません…!

【料理の裏ワザ】大根を冷凍するだけの「冷凍大根」で調理時間が半分に!切り方を”揃えない”のがコツ

寒い季節になると、ほくほくアツアツの大根を口いっぱいに頬張りたくなりませんか? 大根の煮物に味をたっぷり染みこませるためには、長時間かけて煮込まないといけないと思いがちですが、じつは“大根を冷凍”するだけで、煮込み時間をグッと短縮できるんです! 忙しいときに重宝する「冷凍大根」の作り方と、活用レシピをご紹介します。

【料理の裏ワザ】「にんにくの皮」が気持ちいいくらいに「つるん」とむける!2つの方法を試してみた!

体力増強や疲労回復、冷え性の改善効果が期待できる食材の代表と言えば、“にんにく”。にんにくパワーを借りて、冬でもポカポカ温かく、そして、これから忙しくなる年末を元気に乗りきりたいところです。 でも、ひとかけずつの皮をむく作業が面倒……。そんなときには、にんにくの皮をツルンと簡単にむくことができる裏ワザを試してみてください! 誰でもきれいに皮むきできる、2つの方法をご紹介します。

【料理の裏ワザ】食べたときプチストレスな「明太子の薄皮」をキレイにむく方法!「えっ、冷凍するの⁉」

明太子パスタやタラモサラダを作るときに、明太子の皮はどうしていますか? そのまま食べてしまう派と、取り除く派に分かれると思います。 食べたときに口の中に残る皮がイヤだから取り除きたい派の皆さん、じつは、明太子を“◯◯するだけ”で、簡単かつキレイに皮を取る裏ワザがあるのです! 実際に試してみたので、ご紹介します。

【料理の裏ワザ】ヨーグルトを焼くと“モッツァレラチーズ”になるって知ってた?実際に作ってみた!

おつまみやサラダ、パスタのトッピング用として、買うほどではないけれど、ほんの少しのチーズが欲しい! そんなときにおすすめなのが「焼きヨーグルト」。焼きヨーグルトは、以前Twitterを中心に話題になった方法で、ヨーグルトを焼くだけでモッツァレラチーズやカッテージチーズに変身させることができる裏ワザです。実際に試してみたので、ご紹介します。

【料理の裏ワザ】安価な「すじこ」を買って「いくら」を作ろう!絶対失敗しない”ほぐし方”を教えます!

今の時期、スーパーの鮮魚コーナーで目にする機会が増える“生すじこ”。いくらよりも安価なため、手にとりやすいですよね。生すじこは、鮭やマスの卵巣を取り出したもので、鮭の産卵の時期である9〜11月が旬だと言われています。 食べやすくするため、すじこを1粒1粒ほぐして、いくらのような状態にするまでには手間も時間もかかりそう…と思いきや、じつは、自宅にあるグッズを使用すれば、簡単であっという間にほぐすことができるのです! 今回は、泡立て器、焼き網を使用した、失敗しないすじこのほぐし方を2つご紹介します。

貴重な「さんま」をパリパリふっくらジューシーに焼き上げる方法!アレを塗るだけなんです【料理の裏ワザ】

食欲の秋がやってきました! 秋の味覚の一つが、さんまです。今年は秋のさんま漁が低調ということもあり、例年よりも価格が高騰していると言われています。高くなっても、せっかくなので旬のものはおいしく食べたいところですよね…。 じつは、どの家庭にもある“あるもの”を使うだけで、さんまのおいしさをアップすることができます。多くのテレビ番組で紹介されている、さんまをふっくらジューシーに焼く方法を実際に試してみました。

そうめんの新常識!?ゆで時間を倍にする「4分そうめん」が衝撃のおいしさなんです!

夏の定番といえば、やっぱり麺類! つるんと喉ごしのいい麺は、暑くて食欲が落ちているときにも食べやすいので助かりますよね。夏の麺類の定番中の定番が“そうめん”ですが、表示時間の倍の時間でゆでる「4分そうめん」で、おいしさがアップするのを知っていますか? 半信半疑で、実際に試してみました。

【料理の裏ワザ】安いステーキ肉を高級肉のようにやわらか~く!マヨネーズやはちみつで!?

暑くなってくると食欲がなくなる…そういうときこそ、スタミナたっぷりの“ステーキ肉”がおすすめです。牛肉には、タンパク質をはじめ、夏バテにも効果的だとされるビタミンB群、そして貧血や疲労回復に効く鉄分などのミネラル分も豊富に含まれています。 暑さを乗り越えるスタミナをつけたい方、夏休みにバーベキューを予定している方必見! ひと手間で「安いステーキ肉をおいしくする方法」を、スーパーで購入した豪州産のステーキ肉で実際に試してみました。①フォーク、②はちみつ、③マヨネーズを使用した3つの方法をご紹介します。

【料理の裏ワザ】安いうなぎを簡単に高級うなぎにする方法!ふっくら柔らか〜

夏になると、スーパーでよく目にするようになる“うなぎ”。うなぎには、ビタミンAやビタミンB群、ミネラルなど、疲労回復に効果的だとされる栄養素がたっぷりと含まれています。そのため、夏バテ防止にぴったりな食材だとされ、土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣があります。 専門店のものは値が張るので、スーパーでお手頃価格なうなぎを購入したものの、やはり高級店のようなおいしさを楽しみたいのが本音ですよね。 そこで、「安いうなぎを特別なものを使用せずに高級うなぎにする裏ワザ」で簡単にふっくらと仕上げられる! と、以前TV番組でグルメの新常識として紹介されていたので、実際に試してみました。

料理教室講師直伝!圧力鍋なしでもお酢を入れるだけでイワシが骨まで柔らかくなる!

これからの季節、どんどんおいしくなってくるイワシ。安くて栄養豊富なイワシは私たちの家計と健康の大きな味方ですよね。小ぶりのイワシが安く手に入ったときは、「イワシの煮付け」にするのがおすすめ。「でもイワシは小骨が多くて…」と躊躇してしまう方に、元料理教室講師に聞いた、とっておきの調理法をご紹介します。

アレを入れて茹でるだけ!そうめんを何倍もおいしくさせる簡単裏ワザ

暑くて暑くて…冷たい麺を欲する季節。 夏のランチの定番、そうめんやひやむぎを茹でるときに「アレ」を入れるだけ!でコシのある高級麺へと変身させることができるのを知っていますか?

TOP