暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

「栄養」に関連した記事

【カルディ】オリジナルのさば缶がコスパも味も最高すぎる♡ストックしておくといざという時に便利♪

カルディの可愛い缶詰め「カルディオリジナルさばの水煮」は、国産さばを使ったこだわりの1品!そのまま食べても美味しいから、忙しい時や災害時にも便利ですよ♪

新発売の『GREEN DA・KA・RAやさしいゼリー』を飲んでみた!野菜と果物たっぷり!

サントリー「GREEN DA・KA・RA」から新発売された「やさしいゼリー」は、果実感たっぷりのおいしいゼリー飲料です。5種類の栄養素が摂れるから、子どもにもおやつにピッタリ! 喉ごしが良いので風邪やインフルエンザの時の栄養補給にも使えそうです!

【かぼちゃの栄養と効能】栄養満点で捨てるところがない!ナント種にも栄養が!【栄養士監修】

煮物や天ぷら、スープにスイーツ、私たちの食生活に欠かせないのがかぼちゃ。甘みとホクホクした食感が、女性に人気です。また昔から「冬至にかぼちゃを食べると風邪を引かない」と言われるほど、栄養価の高い野菜なんです。そんなかぼちゃの栄養と効能について紹介するとともに、保存法やおすすめの食べ方もお教えします。

【冬瓜の栄養と効能】実は夏が旬!低カロリーで高い利尿作用も!おすすめの調理法も紹介【栄養士監修】

スーパーなどで見かける機会が多くなった冬瓜。「冬瓜」と書くことから冬の野菜だと思われがちですが、じつは夏野菜。冷暗所で貯蔵すれば、冬でも食べられることから、この名がついたと言われています。旬は6月〜9月頃。今まさに、おいしい時期を迎えているんです。そこで、あまり知られていない冬瓜の栄養、効能を紹介するとともに、おいしい食べ方などをお教えします。

【つるむらさきの栄養と効能】栄養価がとっても高いんです!モロヘイヤやあしたばとの比較も【栄養士監修】

ぬるぬるした食感と独特な風味が特徴のつるむらさき。栄養価が非常に高く、夏の健康維持にもってこいの野菜なんです。そこで、つるむらさきの栄養と効能を、詳しく解説。さらに、つるむらさきと似ている野菜、モロヘイヤとあしたばについても紹介します。

【レタスの栄養と効能】レタスは品種別に栄養価が違う!?キャベツの栄養との比較も【栄養士監修】

レタスは栄養が少ないと思っている人は多いと思います。確かに、最も一般的なレタスである玉レタスの栄養はそれほど多くありませんが、さまざまな栄養がバランスよく含まれています。また、種類によって栄養価が異なり、カロテンが豊富な緑黄色野菜に分類されるものも。今回は、そんなレタスの栄養や種類、食べ方や保存法などをお伝えします。

【オクラの栄養と効能】ネバネバが美肌や整腸に効果!加熱のコツは?納豆との相性は?【栄養士監修】

ネバネバ食材の代表といえば、オクラ。健康によさそうというイメージはあるものの、何がどういいのかはわからない、という人も多いのでは? そこで、オクラにはどんな栄養や効能があるのか、さらに、ネバネバの正体について詳しく解説。合わせて、オクラの保存法や、栄養を逃さないおすすめの食べ方なども紹介します。

【トマトの栄養と効果】リコピンの驚異的な健康効果とは!油と一緒に摂ると吸収率アップ【栄養士監修】

ジュワッとみずみずしい食感がたまらないトマト。トマトといえば、リコピンが豊富に含まれることで知られています。今回は、トマトに含まれる栄養をおさらいすると共に、リコピンにはどんな健康効果があるのか、詳しく解説。さらに、リコピンを効率よく摂取する方法も紹介します。

なすには栄養がない!?水分ばかりでスッカスカと思いきや皮にも健康成分がたっぷり!【栄養士監修】

夏野菜の代表とも言える、なす。漬物にしたり、焼いたり油で揚げたりと、調理法も豊富でおいしいですよね。しかし、なすといえば、水分ばかりで栄養が少ないと思われがち。でもじつは、驚きの健康パワーを秘めているんです。そこで、なすの栄養や健康効果、さらに、おすすめの食べ方も紹介します。せっかく食べるなら、栄養を逃さず、おいしくいただきましょう!

【きゅうりの栄養と効果】「きゅうりには栄養がない」はウソ!?ダイエットにも効果がある?【栄養士監修】

暑い日には、パリっと歯ごたえのよいきゅうり料理が食べたくなりますよね。でも、きゅうりといえば、水分が多いばかりで、栄養価が低いというイメージをお持ちの人も多いのではないでしょうか? はたしてきゅうりは、本当に栄養のない野菜なのか、その真相に迫ります。さらに、きゅうりの切り方や保存法、食べ方も紹介します。

とうもろこしの栄養成分って?穀物のなかで食物繊維がトップクラス!実はひげにも栄養が【栄養士監修】

6月から9月頃にかけて多く出回るとうもろこし。私たちが普段食べているのは、甘みの強い「スイートコーン」。まるでフルーツのように甘い品種も増え、人気が高まっています。そんなとうもろこしの栄養、効能、さらに、おいしいゆで方などを紹介します。

ピーマンに栄養ってある?無限ピーマンが美味しいからついつい食べ過ぎても大丈夫?【栄養士監修】

夏野菜の定番といえば、ピーマン。旬の時期は冷蔵庫に常備している人も多いのではないでしょうか。そんなピーマンの栄養、効能に改めて目を向けると、体にいいことが盛りだくさんなんです。さらに、栄養価の高まる食べ方もご紹介。これを取り入れれば、いつものピーマン料理の健康効果がアップします。

【ズッキーニの栄養と効能】きゅうりと似ているけど違いは?加熱した方がいいの?【栄養士監修】

6月から8月頃にかけて、多く出回るズッキーニ。見た目がきゅうりにそっくりですが、じつは、きゅうりの仲間ではないんです。栄養価もとても高く、健康維持や美肌に効果が期待される成分がたっぷり。栄養と効能や、おすすめの食べ方など、ズッキーニの魅力を紹介します。

ブルーベリーの栄養と効能って?目にいいだけじゃない?花粉症や便秘、生活習慣病予防も?【栄養士監修】

6月から8月中頃にかけて旬を迎えるブルーベリーですが、「目にいい」というイメージがありますが、その理由とはなんでしょうか。 それは目以外にも、花粉症や便秘、生活習慣病の予防にも効果が期待できるからです。 そんなブルーベリーの栄養、効能について、詳しく解説します。 さらに、品種やおすすめの食べ方なども紹介します!

パイナップルの栄養と効能|食物繊維たっぷりで便秘解消や美肌、疲労回復にも!【栄養士監修】

甘く豊潤な香りがたまらないパイナップル。口の中がさっぱりするようなさわやかな酸味もあり、夏に食べたくなるフルーツの一つですよね。 年間を通して輸入されていますが、沖縄産は、5月から7月頃にかけてが生産時期です。 パイナップルは疲労回復に効果的なクエン酸やリンゴ酸、整腸作用のある食物繊維など、栄養も豊富。まさに、夏にもってこいのフルーツなんです。 そこで、栄養や効能、生とドライパイナップルの違い、おすすめの食べ方など、パイナップルの魅力をたっぷりお届けします!

桃の栄養と効能は?皮は食べてもいいの?1日の摂取量と栄養価が高まる効果的な食べ方は?【栄養士監修】

甘くみずみずしい果汁が口いっぱいに広がる桃。桃は6月頃から出回り始め、7月、8月がピーク。まさにこれから、おいしい時期を迎えるんです。いいお値段がするものの、夏になると食べたくなる人気のフルーツですよね。栄養バランスがよく、カリウムも含まれているので、女性にとって嬉しい効能が盛りだくさん。果肉だけでなく、皮や葉などにも栄養、効能があるんです。 おいしいうえ、体にも嬉しい桃の魅力に迫っていきましょう。

いちじくの栄養価|女性に嬉しい天然美容サプリメント!栄養を効果的に摂取できる食べ方は?【栄養士監修】

日本でも、古くから親しまれてきたいちじく。いちじくには、女性ホルモンを整える働きのある成分や、アンチエイジングや美肌効果が期待される栄養がたっぷり。天然の美容サプリメントといえるほど、女性にとって嬉しいフルーツなんです。そこで、いちじくの栄養と効能、より効果的に栄養を摂取できるおすすめの食べ方をご紹介します。いちじくの魅力を再発見していきましょう!

メロンの栄養と効能って?実はダイエット効果も期待!食べ過ぎやアレルギーには注意?【栄養士監修】

メロンは高級なイメージがあるので、ふだんから気軽に手に取ることは少ないものですが、贈り物などでもらう機会もあるのではないでしょうか?メロンは健康的なフルーツというイメージがあまりないかもしれませんが、実は体にいい効能がたくさんあるんです!でも、やはり食べ過ぎには注意が必要。アレルギーなどの危険もあるといいます。 そこで、メロンの栄養や健康効果、食べるさいの注意点や、おすすめの食べ方を紹介します。

キウイフルーツの栄養素|夜に食べると腸内環境を整える効果が!おすすめの食べ方やカロリー【栄養士監修】

年間を通して、おいしく食べられるキウイフルーツですが、特に初夏から秋にかけてはニュージーランド産、冬から春にかけては国産が多く出回ります。 とても身近な果物ですが、栄養が豊富で、果物の中でもトップクラスなんです。 キウイフルーツはビタミンCが豊富で美肌や疲労回復効果に期待できる成分が含まれています。食物繊維も豊富なので腸内環境を整えてくれる役目にも。ただし、食べる際は、少しだけ注意が必要なんです。そんなキウイフルーツの栄養をテーマに、成分や効能や食べる際の注意点、カロリーやおすすめの食べ方などをご紹介します。

スイカの栄養と効能|皮にも栄養はたっぷり!塩をふると食べるスポーツドリンクに!【栄養士監修】

夏に食べたいフルーツといえば、やっぱりすいか! 暑〜い日は、冷えたすいかが体にしみわたりますよね。 そんなすいかの健康効果や、より体にいい食べ方を、管理栄養士の吉沼弓美子さんに教えてもらいました。 すいかは塩を少しふるだけで、“食べるスポーツドリンク”に早変わり!? 脂肪を含む食材と一緒に食べると、美肌効果でお馴染みのあの成分の吸収がアップ!? すいかは皮にも栄養たっぷり!? すいかの健康パワーをたっぷりご紹介します!

  • 1
  • /
  • 2

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP