暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

「漢方」に関連した記事

「食事に気を付けているのにどんどん太る」その原因、便秘かも!?腸の老化による手ごわい便秘解消法

便秘気味で2,3日に1回しか便が出ない、便秘に悩んでいませんか? 毎日出るけれど本当に少量……常に下半身が張っている……なんて方もいるかもしれませんね。 便秘を解消して下半身をスッキリさせたい! そんな方は今回の記事は必見です。ダイエットを邪魔する手ごわい便秘の改善法を薬剤師がお伝えいたします。

背中のブツブツが気になる……見惚れるうなじと背中を手に入れたい!今日からできる5つの対策

お風呂場や、髪をアップにしたときにふと目に入る自分の背中……顔と違って自分から見えないけれど、長年背中のブツブツに悩んでいる人もいるのでは?放っておくと、炎症が悪化して痕やシミにもなるので、なるべく早めに治したいですよね。 今回は、そんな厄介な背中のお悩みを一気に改善できる方法についてお伝えします。

顔色が悪い…それ、シミが増えて顔が黒ずんでいるせいかも!?体質改善で根本解決!

漢方薬・生薬認定薬剤師の清水みゆきです。 最近、顔色が悪くなった気がする、焼けるようなことをしていないのに、肌の色が黒くなった気がする……もしかしたらシミのせいではないですか? 急にシミが増えてきた、鏡に映った自分の顔のシミを見ると気が滅入る、そんな悩みを抱える方は、年齢とともに増えていきます。40代のシミの改善には、漢方も効果的。アラフォー女性の大敵、シミの原因と改善法をお話します。

【管理栄養士直伝】コロナ禍の「自粛太り」から脱出!生姜を使った新習慣でキレイに痩せる!

「外に出るのを自粛していたら体重があっという間に3㎏増えてしまった」「揚げ物やお菓子はできるだけ我慢しているのに痩せられない」そんなお悩みをお持ちではありませんか? 効率的にダイエットしたい女性におすすめなのが「生姜ダイエット」です。生姜には、脂肪燃焼を促進したり、むくみを防止する働きがあるので、ダイエットにぴったりの食材なんですよ。 生姜がダイエットに有効な理由と、上手なとり入れ方を管理栄養士が解説します。

【薬剤師監修】急な動悸や息切れ……40代の体の不調解決法3つ

漢方薬・生薬認定薬剤師の清水です。 急な動悸や息切れで焦ったことはありますか? 今まで感じたことのない不調がくると、だれしも不安になりますよね。更年期世代の体の不調には、漢方がおすすめ。今回はアラフォー女性に多い動悸の原因と改善法をお話します。

イライラし過ぎて暴言、夜には酷い落ち込み……毎日ツライ感情の起伏に困ったら。今すぐできる方法6選

「朝は良い調子だったのに色々考えていたら気分が落ち込んだ」「カッとなって怒ってしまったけど後で泣きたくなった」…こんなふうに激しく変わる気分に振り回されてはいませんか。 今回は情緒不安定になる原因と、すぐに役立つ対策をまとめてお届けします!

30代から気を付けたい!夏なのに手足の指先冷えてない?今すぐにやるべき対策5選

冬でもないのに手足の冷えがあり、温めても温まらない症状に悩まされていらっしゃいませんか? 冷えは便秘や肌荒れ、肩こりや頭痛に繋がる場合もあります。もしかしたら更年期のホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。更年期なんてまだ……と思っている30代の方も、「プレ更年期」と呼ばれる時期に当てはまります。 今回は指先などに表れる体の冷えを簡単に改善できる方法をお伝えいたします。

急に顔がほてる、暑くなくても汗が出る……更年期特有のホットフラッシュの原因と対処法

こんにちは、漢方薬・生薬認定薬剤師の清水です。 最近、急に顔がほてる、気温とは関係なく拭いても拭いても汗がでる、夜間も何度も目が覚めてしまう……そんな症状はありませんか?  それはもしかしたら更年期障害のひとつ、ホットフラッシュの症状かもしれません。 今回は、ほてりやのぼせ、多汗といったホットフラッシュを改善する方法についてお伝えいたします。 更年期なんてまだまだ~と思っている30代後半でも「プレ更年期」世代です。もし上記のような症状が出ているなら、読んでみてくださいね。

ダイエットしてもお尻や足が太い……下半身太りに30秒でできる3つの痩せワザ

「ダイエットしているのに上半身は痩せても下半身が痩せない」「下半身が太るタイプなので全身のバランスが取れず、スタイルが悪く見えてしまう」「夫が冗談のつもりで下半身デブと呼んでくるのがムカつくので痩せて見返したい」そんな風にお悩みではありませんか? 女性はもともと太ももやお尻周りに脂肪がつきやすいもの。でも、ちょっとしたコツで下半身をスッキリさせることはできます!ダイエットアドバイザーの管理栄養士が、下半身ヤセのための簡単な方法をお伝えしますね。

【医師に聞く】マスクの肌荒れを根本解決!選び方から体質改善方法まで

最近は新型コロナウイルスの感染拡大のため、マスクをつける機会が多くなりました。 それによって、マスクによる蒸れや刺激で肌が荒れやすくなった…と悩む女性が増えているようです。 自身も長年ニキビに悩んでいたという医師の木村好珠先生に、肌荒れの防止と改善方法について教えてもらいました。

薄着の季節、気になる下腹ぽっこりをへこませたい!パンツからはみ出るお肉をすっきりさせる方法3選

「最近、夫から”下腹出てない?”と言われるようになって、腹が立つけど、ほんとのことだから言い返せない…」「太っていないのに下腹だけがぽっこりしている」「座るとお肉がのってしまう」 そんな悩みをお持ちではありませんか?ダイエットしても下腹だけはペッタンコにならない方に朗報です。管理栄養士の資格も持つダイエットアドバイザーから、下腹をへこませるための簡単な方法を3つご紹介しますね。

そのイライラ、生理前だからかも!?すぐに取り入れたい、心と体にやさしいPMS対処法

最近なんだか子どもを叱ってばっかり、夫にも冷たい態度をとってしまう、そんな期間限定のイライラや情緒不安定に悩んでいませんか? そしてそれ、生理前だったりしませんか? そのイライラは、PMS(月経前症候群)のせいかもしれません。PMSでは体の不調よりもメンタル的な不調の方が多くみられます。生理前のイライラを改善する方法について漢方薬・生薬認定薬剤師の清水みゆきさんにお伺いしました。

【薬剤師直伝のニキビケア】生理前のニキビにもう悩まない!簡単セルフケアから根本治療まで

「生理前になると、あごや口周りにニキビができる」「生理前になるとニキビが悪化する」 そんな経験はありませんか? ニキビをほおっておくと、炎症がひどくなりニキビ痕やシミとして残ることもあります。 見た目への影響が大きく、気持ちがネガティブになったり、痕が残ってしまうと一生後悔することもあるニキビ。今回は、そんなニキビの原因と治療法についてお話しします。

最近しっかり眠れない…キレイな女性は質の良い睡眠でできる!アラフォー女子の不眠改善方法

最近眠れない、睡眠の質が落ちている気がする…それはもしかしたら女性ホルモンの影響かもしれません。妊娠中や生理前に眠たくてしょうがない経験をしたことありませんか? 睡眠と女性ホルモンは深い関わりがあります。女性ホルモンの分泌が低下すると自律神経のバランスが乱れて睡眠にも悪影響が生じてしまいます。アラフォーの不眠を改善する方法についてお伝えします。

【40代のダイエットは簡単じゃなきゃ!】今日始められる解消法4つ

40代に入ってから太ってきたというお悩みをお持ちではありませんか? 実は女性は更年期になるとホルモンバランスに変化が生じることで、太りやすくなってしまうんです。 でも、その原因と対処法が分かっていれば、早めに手を打つことができ、このままズルズル太っていくのを防止できますよ。 忙しい40代女性に最適な、簡単に始められる更年期太り解消方法を4つご紹介しますね。

【暑い日のマスク対策】子どものために知っておきたい熱中症予防策と対処法

これから暑くなってきますが、コロナ感染防止のため、マスクが手放せない状況が続きますね。そこで注意したいのが熱中症。マスクで熱がこもると、熱中症のリスクが高まると考えられています。熱中症は、重症の場合は死に至ることもある怖い症状です。 薬剤師 清水みゆきさんに熱中症の予防策と、かかったときの対処法教えてもらいました。 正しい知識を知り、家族を夏の熱中症から守りましょう。

【脱ステイホーム太り】飲むだけ簡単ダイエット!管理栄養士が提案する今日から試せる4つの方法

数か月続いた「ステイホーム」により以前は履けたパンツがきつい……! なんてことありませんか? できるものなら痩せたいけれど、毎日ジョギングをしたり、厳しい食事制限をするのは辛いですよね。そんな方に「飲むだけでOK!」の、とっても手軽なダイエット方法をお伝えします。

簡単すぎ!生理前のむくみの改善方法を現役薬剤師が解説

「朝おきたら、顔がパンパンになっていた」、「夕方になると足が重く靴がきつい…」、生理前にこんな経験はありませんか? 生理前のむくみは時間が経てば自然と改善しますが、朝メークがうまくいかなかったり、夕方からのもうひと踏ん張りがきかないケースもあるでしょう。 実は、そういった生理前のむくみは簡単に改善できます。現役薬剤師が詳しくお伝えしますね。

【精神科医が教える気分の落ち込み解消法】 今日から実践できる睡眠・食事・漢方の話

精神科医・漢方医の木村好珠です。 新型コロナの影響で環境が変わり、「夫や子供と一緒にいる時間が増えてストレスが溜まる」「先行きが見えなくて不安」などの悩みをお持ちではありませんか? そんな気分の落ち込みは、「これくらい我慢できる」と放置してしまうと、もしかしたら”うつ病”につながってしまうかもしれません。 うつ病で統計を見てみると、女性は男性に比べ、約2倍となっています。私が診察をしていても、患者さんの割合は女性の方が多いため、特に女性には注意していただきたいです。 この記事では、そんな悩みの改善に役立つ方法をまとめました。ぜひ最後まで読んで、気分の落ち込みの解消に役立ててくださいね。

【生理前の頭痛を根本から解消!】簡単に実践できる方法5選

薬剤師の木村英子です。 突然ですが、生理前に起こる頭痛に悩んではいませんか? 生理前の頭痛は、にぶくて重い感じの頭痛から片頭痛のようにズキンズキンと脈打つような頭痛と様々です。また頭痛が原因となり、「やる気がおきず家事ができない」、「仕事でミスが多い」など日常生活に支障をきたすケースもあります。 「いつもの頭痛がきた」と諦めずに、簡単に改善できる方法をお伝えします。

  • 1
  • /
  • 2

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP