暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

「野菜」に関連した記事

【おいしく食べたい】栄養満点!積極的に食べたい野菜“アボカド”の選び方

いろいろな料理に大活躍のアボカド。 女性は好きな方多いですよね。 そんなアボカド、スーパーで買ってきて、いざ食べようとカットしたら中が真っ黒で悲しくなった事はありませんか? そうならないために、綺麗なアボカドの選び方をご紹介します。

野菜嫌いな子どもにも!トマトやカボチャ、ネギ……野菜嫌いな子どもにもおすすめな「野菜の絵本」4選

野菜嫌いなお子さんに悩む方もいると思います。野菜に興味をもってもらうのはなかなか難しいですよね。そんなときは子どもが大好きな絵本で野菜に触れ、興味を持ってもらいませんか。 野菜がテーマの絵本を4冊ご紹介させていただきます。

【野菜の保存術】「タマネギ」は冷凍保存が鉄則!すると…「甘くなる⁉」「あめ色タマネギ作りも簡単に⁉」

日常的に使う頻度の高いタマネギは、ネット入りでまとめ買いすることが多いのではないでしょうか。でも、すぐに必要なのが少量の場合、大量に余ってしまい使いきれないことも…。そんなときみなさんは、どうやって保存していますか? タマネギはもともと保存が利く野菜で、風通しの良い場所で約3~4カ月も日持ちします。皮をむいてしまったものは、冷蔵庫の野菜室か冷凍庫へ。どちらも目安にして1カ月ほど保存できますが、生のまま使う予定がなければ、迷わず冷凍保存を!実は、冷凍保存にはうれしいメリットがあるのです。

「パプリカ」の知っトク情報!「ピーマンとどう違う?」「美味しい食べ方って?」

スーパーで手頃な値段で購入ができ、色も鮮やかでつい手に取ってしまいたくなる夏野菜、パプリカ。生でも加熱してもおいしく、なにかと便利な野菜ですが、「パプリカにはどんな栄養素が含まれているの?」「ピーマンと似ているけど、違いは何?」など、詳しく知っている人は案外少ないのではないでしょうか。

野菜に含まれる「食物繊維」の知っトク情報!「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の違いって?

“第6の栄養素”とも呼ばれる「食物繊維」の存在は、ご存じの方も多いと思います。食物繊維とは、炭水化物に含まれる成分で、消化吸収されずに消化器官内を通過するもの。よくテレビでも食物繊維入りサプリやドリンクなどが紹介されていますよね。 実はこの食物繊維、「水溶性」と「不溶性」の2種類があって、同じ食物繊維でもその特徴と働きがまったく異なるのです!  そこで今回は、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の働きの違いと、それぞれの食物繊維がたっぷり入った、目的別おすすめ食材・食品をご紹介します。

トマトの栄養「リコピン」を効率良く摂る方法!「おすすめは朝or夜?」「生がいいの?」

健康への関心が高まり、一躍有名になった「リコピン」。トマトの赤い成分、というのは知っているけれど、どんな効果があるのかは分からない…という方も少なくないのではないでしょうか。リコピンとは、植物などに含まれる赤色やオレンジ色の色素成分・カロテノイドのひとつ。β-カロテンなどの仲間といえば分かりやすいですね。リコピンはそのカロテノイドの中でも抗酸化作用が高く、同じく抗酸化作用を持つビタミンEの100倍以上!健康や美容の面からも、さまざまな効能が期待されているのです。そんなリコピンを、ぜひ積極的に取り入れたいものですが、効率良く摂る方法はあまり知られていないので、ご紹介します。

「そら豆」の”甘さ”を目一杯引き出す調理法とは⁉「走り」と「名残」の時期で違うんです!

4~6月が旬のそら豆は、時期によって食べ方を変えるとさらにおいしい!栄養価やおいしく食べる調理法をご紹介します。 「そら豆は鮮度が命」といわれます。それは、日が経つと急激に味が落ちてしまうから。目安は収穫してから3日以内で、スーパーで購入したら、できればその日のうちに食べたい野菜です。栄養素はたんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCのほか、カリウム、亜鉛、鉄などのミネラルが豊富です。今回はそら豆のおいしさを引き出す調理法をご紹介します。

【野菜調理の知恵】「にんじん」や「大根」の栄養を余すことなく摂れる調理法とは⁉

皮のある野菜は、多くの場合が皮をむいて調理するでしょう。野菜によっては皮がかたかったり、あくがあったりしますが、丁寧に洗えば皮付きで食べられるものもあります。にんじん、かぶ、大根を例に、皮の有無(皮付き・皮むき)による栄養の違いと、皮付きの場合のおすすめ調理法を紹介します。

「アスパラガス」が一番美味しくなる”茹で方”って?電子レンジを使うときのコツも!

春に旬を迎えるアスパラガスは、茹で加減がおいしさの決め手に。上手に茹でないと固かったり、水っぽくなったりと、なかなか理想の茹で具合にするのが難しいところです。そこで今回は、料理研究家の高城順子先生に、シャキッと歯ごたえが残るおいしい茹で方を教えていただきました。

【冬野菜で作り置き】「白菜」はシンプルにゆず風味の”マリネ”が正解!アレンジの餃子レシピも

フード・ケータリングユニット「MOMOE」主宰の稲垣晴代さんが、「野菜っておいしい!」を実感するシンプルなレシピを、ひとつずつお届けします。日々の食卓の彩りに、ぜひ。今回は、冬の野菜の代表、「白菜」を使ったマリネ。旬ならではのみずみずしさと甘みがポイントです。

【キャンドゥ】野菜や果物の鮮度を保つ「ベジポリ」って知ってる?本当に効果があるのか実際に使ってみた

野菜や果物の保存はどのようにしていますか? キャンドゥで見つけた鮮度が長持ちする鮮度保持袋「ベジポリ」が便利なのでご紹介します!

【野菜の切り方】繊維の向きを変えると旨味が変わる⁉キャベツ、玉ねぎ、にんじん、ピーマンの検証報告

同じ野菜でも、調理の仕方によって、全く違う食感や味になりますよね。加熱法や調味料も、野菜料理の味わいを決める要素ですが、それ以外にも、重要なポイントがあるんです。それは、切り方。野菜を切るさいに、「繊維の向き」を意識することによって、素材の魅力をさらに引き出すことができます。そこで野菜別に、切り方によって味わいがどのように変わるのか、解説します。

【テレビ番組のレシピ作ってみた】サーモンを最も美味しく食べる方法!それは「サーモンしゃぶしゃぶ」

毎週水曜日夜7:30からNHK系列で放送中の「ガッテン」で紹介されていた「サケ料理を激ウマに変えるたった1つの法則」。鮭を使ったひと味違うレシピを紹介されていましたが、その中の1つであるなんとサーモンもしゃぶしゃぶするというレシピが気になったので実際に作ってみました。

”野菜嫌い”の子どもが食べられる「野菜入りの味噌汁」を作ってみた!あっという間に完食する秘密とは…

子どもの野菜嫌いには悩みますよね。 ただ好き嫌いをしてほしくないだけなのに……。 「食べなさい!」と言えば、食べてくれず……。 イライラすることもしばしば。 そんな時に「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」というTV番組で、だしを入れない味噌汁で野菜嫌いが治るかも!?とやっていました。 これで食べてくれたら嬉しい反面、本当に治るのか……?と半信半疑。 実際にやってみたのでご紹介します。

新発売の『GREEN DA・KA・RAやさしいゼリー』を飲んでみた!野菜と果物たっぷり!

サントリー「GREEN DA・KA・RA」から新発売された「やさしいゼリー」は、果実感たっぷりのおいしいゼリー飲料です。5種類の栄養素が摂れるから、子どもにもおやつにピッタリ! 喉ごしが良いので風邪やインフルエンザの時の栄養補給にも使えそうです!

シャリが野菜!?【くら寿司】の低糖質メニューが予想の斜め上すぎるものだった!

お寿司以外のメニューも最近豊富で人気のくら寿司で、ダイエット中の方でも楽しめるメニューを発見しました。さっそくご紹介しますね。

作るのが楽ちんな【一汁一菜献立レシピ】2選!一菜なのに「三菜」分くらいの野菜使いで栄養満点です

「1日に350gの野菜を食べましょう」。これは厚生労働省が掲げる、健康な生活を維持するための野菜摂取量です。耳にしたことがある方も多いのでは? でも、1日に350gの野菜を摂取するのは、量も多いし、たくさんのおかずを考えなくてはいけない気がして大変。それが、一汁一菜献立でたっぷり野菜を摂れたら気が楽になりませんか? 今回は、たっぷり野菜を食べられる一汁一菜献立レシピを料理家の飛田和緒さんに教えていただきました。一汁一菜でも、三菜分くらいの具材を使っているので、栄養満点ですよ。

【コストコ】1.1㎏入りで988円!?「bibigo 春雨&野菜海苔巻き」がお得すぎる!!

コストコで販売されているbibigoシリーズに「春雨&野菜海苔巻き」が出ていた!? 気になったのでさっそく購入してみました。

【コストコ】の「はなひめトマト」はコスパも良くてトマト嫌いの子どもでも食べられる!?

コストコで販売されている野菜をご存知ですか? コストコは1パックが大量なので、野菜を買っても食べきれないと思っている方もいるかもしれません。たしかに種類によっては、食べきれないものもたくさんありますが、コストコの「はなひめトマト」は1kgもあるのに毎回必ず食べきってしまう商品なんです!

【ワッツ】え!?ヌードルピーラーが100均で買えるの!?これさえあればベジヌードルが簡単に作れる♪

薄着の季節になってくると体のラインが気になりますよね。今回はダイエットにも使える「ヌードルピーラー」のご紹介をさせていただきます。

  • 1
  • /
  • 3

TOP