暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

「防災備蓄」に関連した記事

備蓄の適量知っていますか?水は家族4人で〇〇リットル必要!?〝備蓄〟は心の健康も守る#2020の防災Vol.3

ほんの数ヶ月前、コロナ騒動でトイレットペーパーやマスクが売り切れる事態が発生しました。当時、殺気だって我先にと買い占めを行う人の姿は、今でも鮮明に思い出すことができます。一方、その騒動に巻き込まれず、冷静に落ち着いて行動されていた方々もいました。それは、以前から「ちゃんと備蓄していた人」です。

災害時、間違った知識でわが子が危険に!?正しい防災知識と行動教えます#2020の防災Vol.2

「大切な子どもは、私が守る!」と、決意している親は多いですよね。でももし、その肝心の行動が間違っていたせいで、大切な命が危険にさらされるとしたら……。災害時は、普段考えられないようなことが容易に起こります。その「まさか!」を防ぐために、普段から気をつけておきたい、準備しておきたい防災知識を紹介します。 「防災イツモマニュアル」の監修をしているNPO法人プラス・アーツ理事長の永田宏和さんに伺いました。

【コロナ禍の防災対策】逃げる場所は避難所だけじゃない!「在宅避難」を知っていますか?#2020の防災Vol.1

大きな地震災害や水害……残念ながら、もう珍しいことではありません。そんな事実より危機感を感じるのは、スマホから災害アラートが鳴り響いても、「今回もきっと大丈夫」と思い込んで、結局何もしない私たち。もう災害は、いつ・どこで起きてもおかしくない時代です。そのために、今知っておきたい「防災の知識」があります。

【防災備蓄の必要性】思ったよりも意外と出来る!防災備蓄品の収納術

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会 代表理事の長柴美恵です。 2016年より防災備蓄のための収納プランナーを育成しています。 災害はいつやってくるかわかりません。だからこそ、普段からの備えが大事です。 今回は皆さんに、普段から気を付けて頂きたいことと、最も悩まれる防災備蓄の収納方法をお伝えします。

【防災備蓄の必要性】防災備蓄を続ける5つのコツ

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会 代表理事の長柴美恵です。 2016年より防災備蓄のための収納プランナーを育成しています。今回は皆さんに、防災備蓄を楽に続けるコツを5つお伝えします。

【防災備蓄の必要性】お金をかけないで防災備蓄しよう!災害時にあると役立つ「身近なモノ」って?

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会 代表理事の長柴美恵です。 2016年より防災備蓄のための収納プランナーを育成しています。今回は皆さんに、コストをかけなくても準備できる、多めに持っていると災害時に何かと使える便利なものをお伝えします。

【防災備蓄の必要性】知っておきたい災害対策の優先順位と災害後の行動時間

一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会 代表理事の長柴美恵です。 2016年より防災備蓄のための収納プランナーを育成しています。今回は皆さんに、地震対策の優先順位と災害後に要する行動時間をお伝えします。

子どものいる家庭の4割が食品を備蓄していない!手軽にできる備蓄のススメ

東日本大震災から丸9年。もう9年かと思う人もいるかもしれません。東日本大震災の記憶を風化させないことは、得られた教訓を未来に残し、これから起こる可能性のある災害による被害を最小限に押さえることにつながります。

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP