暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

「魔法の家事術」に関連した記事

毎朝、少しの時間を「思考すること」に充てるススメ!家事、育児、仕事…の悩みを効率的に解決する習慣

私たちの日常には、細々したやるべきことがたくさんあります。それをこなすためには、さらにたくさんの「考えごと」が必要です。この記事では、朝1分考えるだけですべてがうまく回り出す「朝思考」のメソッドをご紹介します。

【調理の裏ワザ】”手が汚れなければ”朝食作りはもっと時短に!調理用ゴム手袋の活用術

朝食のしたくに時間がかかる。そんな悩みはありませんか。この記事では、朝食の準備にかかる時間を減らすことのできる「使い捨て」アイテムをご紹介します。

”洗いものを減らせば”朝食作りはもっと時短に!「紙コップ」をボウルに見立てる目ウロコな裏ワザ

朝食のしたくに時間がかかる。そんな悩みはありませんか。この記事では、朝食の準備にかかる時間を減らすことのできる「使い捨て」アイテムをご紹介します。

【寝る前、5分の習慣!】翌日の朝食作りが驚くほどラクに、時短になる3つの工夫とは?

慌ただしい朝にゆとりを持たせるためには、家事にかかる時間を少なくするのが大切です。朝食のしたくにかかる時間を削るのもその一つ。料理が得意な人や、要領のいい人だったら、何も考えずに手早く朝食を準備できるかもしれません。でも、そうではない人の場合、準備時間を短くするためには工夫が必要です。この記事では、朝食を迷わず用意するための3つのポイントをご紹介します。

ポーチを変えれば"迷う時間”がなくなる! 選び方のコツ3つ

バッグの中身を整えると、お出かけのプチストレスがなくなります。出先で必要なものをバッグから探し出したり、出かける前に中身を整頓したりする時間を短くできるからです。この記事では、お出かけのプチストレスをなくすためにバッグの中身を整える方法として、準備しやすく取り出しやすい「ポーチの選び方」をご紹介します。

「忘れ物も朝のばたつきもなくなる!」バッグの整理術…1バッグ=1必需品の法則とは

忘れものをしやすいのは、どんなときでしょうか。いつもと違う予定があったとき。消耗品を切らして補充を忘れてしまったとき。また、いつもと違う鞄で出かけたとき……。 いろいろなパターンがありますが、共通して言えるのは「鞄の中身をあまり確認せずに出てしまったとき」が多いのではないでしょうか。時間がなかったり、面倒だったり、確認はしたけど入れておくべきものの存在を忘れてしまったり……。 中でも困るのが「絶対に忘れたくないもの」を忘れてしまったときです。それに備える方法として「1バッグ=1必要品の法則」をご紹介しましょう。

「行動別ポーチ」を用意すれば、バッグの中の探しものストレスがなくなる!

出先で必要なものがなかなか見つからず、バッグの中をごそごそと探した経験はありませんか。また、帰宅後にバッグの中身を整頓するのに時間がかかることもあるのではないでしょうか。この記事では「行動別ポーチ」を活用して、お出かけ前とお出かけ中のプチストレスを解消するアイディアをご紹介します。

「朝家事」の最低ラインを決めれば、帰ってきたときにラクできる!

疲れて仕事から帰ってきたとき。ドアを開けて、もっと疲れてしまった経験はありませんか。散らかったままの部屋。シンクに溜まった食器。――朝家事の残りを見つけると、やるべきことが多く感じられてしまいます。そこで、この記事では「朝家事の最低ライン」を決めることで、こうした状況をなくしていく方法をご紹介します。

「拭き取りセット」を準備すると朝の洗いもの時間が短縮できる!

慌ただしい朝、洗いものをそのままにして出かけてしまった経験はありませんか。仕方がないこととはいえ、朝の「残し家事」は、帰宅後のゆとりややる気を奪うもの。この記事では、洗いものの時短につながる「拭き取りセット」についてご紹介します。

慌ただしい朝に!「お皿の洗い方」を工夫すると節約と時短の両方が叶う

慌ただしい朝、洗いものをそのままにして出かけてしまった経験はありませんか。仕方がないこととはいえ、朝の「残し家事」は、帰宅後のゆとりややる気を奪うもの。この記事では、洗いものの時短につながる「洗い方の工夫」についてご紹介します。

コスメは最初に並べておくとメイクの時短になる!【朝の時短術】

朝、時間がなくてメイクが適当になってしまう。あるいは、メイクに時間がかかりすぎて、他のことがおろそかになってしまう。そんな経験はありませんか。この記事では、ちょっとしたコツでメイクがはかどる時短術をご紹介します。

朝バタバタしてしまう人必見!いつもより早く出る朝にあると安心な「逆算スケジュール」の作り方

家を出る時間がいつもより少し早くなる日。余裕を持って出かけることができますか? なんとなく早く見積もったはずなのに時間ぎりぎりになったり、緊張して早く起きすぎてしまったり、逆に起きられるか心配で眠れなかったり…。そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。 翌朝はいつもと違う時間に家をでなければいけないとわかっているとき、安心して眠り、起きるために使える魔法のメモがあります。それが「逆算スケジュール」です。

意識するだけで家事スピードが2倍になる「魔法の言葉」って?

朝のうちになるべく多くの家事をこなしておくと、いいことがたくさんあります。たとえば、いつもより早く家を出られる。焦らないのでいらいらしない。さらに、帰ってきて片づいていたら、夜時間にもゆとりが持てます。 そのために大切なのは家事スピードを上げること。つまり、これまでと同じ時間で、よりたくさんの家事を終わらせるということです。今すぐできる1番かんたんな方法として、魔法の呪文をご紹介しましょう。意識するだけでうまく回り出す言葉、それが「1動1家事」。使い方はかんたん。折にふれて思い出すだけです。

忙しい朝、ストッキングや靴下を迷わず選べる!「空中収納」基本のやり方とおすすめルール

出勤前の慌ただしい時間は、1分でも惜しいもの。寝る前にしっかり翌日の準備ができていれば安心です。ただ、帰宅時間が遅かったり、疲れていたりしてむずかしいことも。例えば「着るもの」。準備不足のまま朝を迎えると、なにかを選ぶたびに時間がかかりますよね。ここではストッキングや靴下をピックアップ! これらの‟空中収納”をおすすめします。ひと目で見渡せるようにしておけば、パッと決められます。しかも、100均アイテムを使って手軽にできるんですよ。

TOP