暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【レジ袋の収納術】スッキリしまえる「三角たたみ」で生活感オフ! 動画付き

saitaPULS編集部

スーパーなどでもらうレジ袋は、ゴミ袋に使うなど保存しておくと何かと便利ですが、意外にかさばって収納スペースをとってしまいます。そんなレジ袋を簡単にスッキリきれいにたたむ方法をご紹介します。
きれいにたたんでおけば、レジ袋特有の生活感がなくなり、外に持ち出しても恥ずかしくないほどに上品見えします。

意外にかさばるレジ袋

ゴミ袋として使ったり、出先で汚れた子どもの服を入れるために使ったり、スーパーやコンビニのレジ袋は保存しておくに越したことはありませんよね。
ですが、ぐちゃぐちゃに丸めたり、縦に絞って一度結んだりして保存すると、かなりかさばってしまいます。そして、部屋の景観としても美しくありませんよね。

そこで習慣にしたいのが、レジ袋をきれいにたたんでの収納です。主婦なら覚えておいて損はない、レジ袋を簡単にきれいにたたむ方法を試してみましょう。

三角たたみ方のたたみ方

1. レジ袋を広げて縦半分に折る
2. さらに縦半分に折る
3. 点線のように、ななめ45度に折る
4. 次は垂直に折り、その次はななめ45度→垂直→45度と、持ち手の部分の下あたりまで折り進める
5. まだ折ってない部分を真ん中で折る
6. 5で折った部分をななめ45度に折る
7. 折り進めてきた最後の三角の中に入れ込む
完成! スッキリきれいにたためました
とてもコンパクトになるので、スッキリおしゃれに収納できます

レジ袋がきれいに収納されているだけで、主婦としてのきちんと感が数倍アップするから不思議ですよね。

レジ袋が上品見え

ママバッグの内ポケット等にスッと収まるコンパクトさが嬉しいし、パッと見レジ袋には見えないところが◎
出典:youtube.com

子どもを連れての外出時、レジ袋などのビニール袋は何枚かバッグに入れておきたいほどの必需品です。そんなとき、くしゃくしゃになったレジ袋を出すのと、きれいにたたまれたレジ袋を出すのとでは、印象がまるで違います。たたまれているだけでレジ袋が上品見え! これなら恥ずかしくないですね。

くしゃくしゃにストックされたレジ袋を見るたびに、「スペースをとって邪魔だな」「見た目がきれいじゃないな」とモヤモヤしていた人は多いのではないでしょうか。

限られた収納スペースを活用するためにも、外出時に生活感を丸出しにしないためにも、三角たたみは買い物帰りの新習慣にしたいですね。

前日の全体記事ランキング

1

【洗濯の裏ワザ】うっかりつけたボールペンのインク汚れは「ご飯粒」が解決してくれる件!

白いシャツを着ているときに限って、汚してしまうことはありませんか? 胸ポケットに先を出したままボールペンを入れたままにしてしまったり……。 汚れの中でも、ボールペンのインクってなかなか取れないですよね。 そんな時の救世主は、以前TV番組「ソレダメ! 〜あなたの常識は非常識!?」でやっていた「ご飯粒」を使った落とし方。早速、私も試してみました。 液体洗剤と混ぜて汚れ部分にこするだけでみるみるうちに汚れが消えていくんですよ~。 驚きの方法を紹介します。

2

鶏むね肉をやわらかく仕上げるコツは?節約したいけどがっつり食べたいときのピリ辛鶏むね肉おかず2選

ヘルシー食材の代表格といえば"鶏むね肉"。 低カロリーで高たんぱく質に加えてリーズナブルなので家計にも優しいです。 その一方でパサパサの食感が苦手という人も多いのではないでしょうか? そこで、ひと手間加えるだけでふんわり仕上げることのできるワザをご紹介します。 今回は、そのワザを使って韓国風の「ヤンニョムチキン」と「タンドリーチキン 」の2品を作りたいと思います。 どちらも簡単に作れるので忙しいときにもぴったりなレシピです。

3

「酸っぱいキウイ」を甘~くする裏ワザ試してみた!「えっ、カットして冷蔵庫に入れるだけ⁉」

栄養価の高いキウイは、ビタミンCも豊富に含まれているので風邪などが流行る季節に積極的に食べたいですよね。でも酸っぱいキウイは苦手、という方も多いのでは? 酸っぱいキウイを簡単に甘くする2つの方法を試してみたので、ご紹介します!

4

【免疫力アップ】でコロナに負けない体作り!調理いらずで手軽に食べられるおすすめ第1位は?

新型コロナウイルス再流行への警戒は続いていますが、最近では経済活動が徐々に再開され、人の往来が戻りつつあります。そこで、感染から身を守るために「免疫力」への関心が高まっています。 長い自粛期間が続く中、「免疫力」を高めるために、みんなはどのような工夫をしているのでしょうか。さっそく、みんなが実際に実践している「免疫力アップ」の具体的な対策を見ていきましょう。

5

やるとやらないでは大違い!【フェイスパウダー】の塗り方のひと手間で、肌の透明感&崩れにくさがUP!

年齢を重ねるにつれ、お肌に「透明感」がなくなってきたと感じませんか? 「マスク」が手放せない今、どうしてもお顔の印象が暗くなりがちですよね。 「フェイスパウダー」の塗り方を少し工夫するだけで、お肌に「透明感」がプラスされ、お顔の印象がパッと明るくなりますよ。それでは早速、ご紹介します。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP