暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

ビールがススム!ススム!とうもろこしのから揚げの作り方【動画付き】

saitaPULS編集部

その季節にしか出回らない旬の野菜。
期間限定だからこそ、余すことなく楽しみたいですよね。
夏の美味しい旬野菜の1つであるとうもろこし。
丸ごとかぶりつく以外にもおすすめしたいのが「から揚げ」。
子どもたちのおかずとしても、大人のおつまみとしても喜ばれる夏の定番メニューになりそうです。

とうもろこしのから揚げレシピ

とうもろこしを3等分して
縦に4等分します。
切ったとうもろこしをビニール袋に入れ、片栗粉(大さじ1)を投入。
口を抑えながら、フリフリして片栗粉を全体にまぶしていきます。
片栗粉をまぶした170℃の油で約1分揚げましょう。
タレを作ります。
しょうゆ(大さじ1)、砂糖(大さじ2/3)、バター5~10gを混ぜ合わせ、バターが溶けるまで電子レンジで加熱。
揚がったとうもろこしに、タレを絡ませて
完成!

【材料】
とうもろこし 1本
片栗粉    大さじ1
しょうゆ   大さじ1
砂糖     大さじ2/3
バター    5~10g

とうもろこしを揚げるときのポイント

子どもたちのおかずにも、大人たちがビール片手に食べるおつまみにも最適なとうもろこしのから揚げ。
手順はとっても簡単なので何度もリピートすること間違いなし。

【ポイント】
・新鮮なとうもろこしは、包丁で簡単にカットできますが、芯の硬いとうもろこしの場合は、怪我をしないようご注意を。
硬くてカットできない場合は、軽く熱湯で茹でてから切ると簡単に切れます。

・とうもろこしを揚げる時間は約1分が目安ですが、表面に軽く焼き色がつき、芯が少し縮んで反り返ってきたころが揚げ上がりの合図。

・とうもろこしは揚げ時間が長すぎると、実がはじけてしまいます。
 油ハネする場合もあるので注意が必要です。

・バター醤油味はおかずにもおつまみにも最適ですが、揚げたての熱いうちに塩をふるだけでも、ともろこしの本来の甘みが際立ち、絶品です。

動画で手順を確認できます

出典:youtube.com

 

今回は、とうもろこしのから揚げをご紹介しました。
ご紹介したバター醤油のタレ以外にもお好みの味付けをして、バリエーションを楽しむこともできます。
とうもろこしの美味しい季節のうちに、ぜひお試しください!

前日の全体記事ランキング

1

使い終わったコーヒー"かす"はそのまま捨ててはもったいない!便利で有効な3つの活用法

コーヒーを自宅で飲んでいる方に質問です。コーヒーを飲んだ後のコーヒーかすはどうしていますか?  そのまま捨ててしまっている方は、もったいない! コーヒーかすはとっても便利に活用することができるんですよ。いつもコーヒーかすは捨てているという方に、活用法をご紹介します。

2

苦いピーマンは大人も苦手!?ピーマンをおいしく食べるコツ&レシピ #大人の野菜克服シリーズ

子どもが野菜を嫌がって食べてくれない。そんな悩みはあるあるですよね。では大人はどうでしょう。じつは食べられない野菜がある……なんて人は結構いるのでは。食べられない野菜があることで困ったことはありませんか? そろそろ克服したい! と考えている人は、必見です! 今回は苦くて青臭いピーマン編をご紹介していきます。

3

【コストコ】「サラダエレガンス」は1家に1本の万能調味料!塩の代わりに使ってみて

コストコ好きの間では使い勝手がいい、おいしいとすでに有名な「サラダエレガンス」。まだ試していない人は損している!?というくらいおいしくて万能なんです。

4

Twitterで話題!エアコンの機能を最大限に引き出す裏ワザが本当にすごかった!

40℃を超える日もある日本の夏は、もはやエアコン無しでは生活ができないほど。 しかし、エアコンを付けているのに全然涼しくならない時ってありますよね。そんな時に役立つ、冷房効率を上げる画期的な裏ワザをご紹介します。

5

【警視庁発】洗濯物を”早く乾かす”裏ワザを試してみた!秘密は「ペットボトル」を使うんです!

警視庁災害対策課がtwitterで発信した「洗濯物を早く乾かす裏ワザ」を実際に試してみました。 どの家庭にでもある針金ハンガーとペットボトルを使うだけで、普段より洗濯物が早く乾くというのです。 災害時だけではなく、日常生活にも使えるので知っていると役に立ちますよ! では、実際にやってみたいと思います。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP