「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

「ペーパードライバー」は安全・安心のために、ドライバー講習を一度受けよう!【第2回目】

カルチャー

www.photo-ac.com
 「ペーパードライバー」は安全・安心のために、ドライバー講習を一度受けよう!【第2回目】

2020.02.14

お出かけする季節になると運転の機会も増えますよね。運転にブランクがあっていきなり運転するのが怖い…という人に向けて脱ペーパードライバーを目指すこちらの企画。第2回目は、運転感覚を取り戻す近道ともいえるペーパードライバー講習について、ドライビングスクールを主催するKIMICA代表新井さんに聞いてみました。

運転感覚を取り戻す最短の道は やっぱりペーパードライバー講習!

出典:www.photo-ac.com

第一回目にもご紹介しましたが、久しぶりの運転に向けて感覚を取り戻すには、なんといってもペーパードライバー講習がおすすめ。やはり運転のプロの目で客観的に自分の運転レベルを見て修正してもらうことで、より早く安全な運転技術が身につくのです。とはいえ、免許を既に持っている人に向けた講習とは一体どんなものなのか!? その例として、今回お話をうかがった新井さんが主催するペーパードライバー講習をご紹介します。

実際に運転する路上で シチュエーションに合わせたレッスンを

新井さんが講師を務めるイクアドライビングスクールのペーパードライバーコースは、基本3時間のコースを3日間、合計9時間(4万9800円)行われます。免許取得者に向けたコースなので、基本は路上コースでのレッスンになりますが、5年以上運転経験がなかったり本人の希望などがあれば、提携ドライビングスクールのコースを使うことも。コース内でまずは運転の感覚を思い出したり、最低限の標識を確認するなどの基本レッスンを経てから路上に出るという形なら、運転が怖いという人にも安心ですよね。

路上では実際に自分が遭遇するであろう道路状況に合わせたレッスンを受けることができるので、高速での運転や幹線道路での車線変更など苦手な部分に特化して教わる人も多いのだそう。ペーパードライバーなのに、この夏運転する機会があって困っているなんていう人は要チェックです。

また「なんとなく運転はできる、でも自分の運転に自信がない」とか、「運転が下手だと言われる」などというペーパードライバー予備軍の人には、運転レベルのチェックだけしてもらえるコースもあります。ペーパードライバー講習を受けるほどでもないけれど、自分の運転に不安は残る・・・という人は、車でのお出かけ前に受けておくと安心ですね。
ペーパードライバーが運転をするときに気を付けるべき5つのポイント

教えてくれた人
新井みかさん
株式会社KIMICA代表取締役/トータルライフプロデューサーとして、東京都公安委員会届出自動車教習所 イクアドライビングスクールTOKYO運営や、女性のためのライフスタイル提案などを手掛ける。http://www.equa-ds.jp

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。