暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【子育て体験談】子どもにお手伝いをお願いする時どうしてる?自立心を育てる4つのルールをご紹介

Yu

子どもにはお手伝いをして欲しい。そう思っているママは多いですね。それは、子どもがお手伝いをすることのメリットが大きいからです。子どもの責任感が身につく・子どもの自立を助ける・自己肯定感を育むなどはその代表的なメリットです。

しかし、子どもがお手伝いをせっかくしようとしても、ママの反応によっては逆効果になってしまうことも? 今回は、我が家で実践している「子どものお手伝いルール4つ」を紹介します。

ルール1:上手にお手伝いができなくても決して叱らない

出典:pixabay.com

子どもにお手伝いをお願いするとき、または子どもが積極的にお手伝いをしたいと言ったときの、一番大切なルールは、お手伝いを上手にできなくても、決して叱らないことです。子どもですから、ベテラン主婦のように完璧に家事ができないのは当然です。

ママが思うように、子どもができなくても、子どものやる気をなくすような言葉をかけてはいけません。それでは、子どもの自己肯定感は育ちません。「子どもがお手伝いをしてくれたことに意味がある」と思い、褒めてあげることを忘れないようにしましょう。

ルール2:お手伝いをしたい子どもには、忙しくてもNOと言わない

出典:pixabay.com

毎日のお手伝いを決めていない家庭でも、子どもがママのお手伝いをしたいという場面はよくあるものです。子どもがお手伝いをしたら、さらに時間もかかってしまうので、忙しい時はママも考えてしまうでしょう。

しかし、できれば子どもにやらせてあげたいものです。時間が本当にないときは、ほんの少しの時間でもいいので、子どもにぜひチャレンジさせてあげましょう。子どもも、「少しでもママの役に立てた!」ときっと喜ぶと思いますよ。

ルール3:お手伝いを決める時は、毎日簡単にできそうなものにする

出典:pixabay.com

子どもに毎日のお手伝いをお願いすることもありますね。子どもの年齢によって、ペットのエサをあげたり、食器を洗ったりと内容は異なります。もし、子どもに毎日お手伝いをする習慣を身につけてほしいなら、簡単にできるものからスタートしてみるのも1つの方法です。

そして、できれば子どもが楽しんでできるお手伝いがいいですね。ペットが好きな子なら、ペットの世話関連のお手伝い。料理に興味がある子ならキッチンでできるお手伝いなど。決めたお手伝いも、数か月ごとに見直してもいいでしょう。

ルール4:お手伝いが終わったら感謝の気持ちを伝える

出典:pixabay.com

子どものお手つだいが終わったら、感謝の気持ちを伝えることも大切です。子どもは、家族の一員として、自分の役割が果たせたことを感じることができて、自己肯定感を高めることができます。また、責任感もうまれてやる気や自立心もアップするはずです。

メリットが沢山の子どものお手伝い。子どもはちょっとしたお手伝いなら3歳くらいから始められます。子どもが、お母さんの家事に興味を持ち始めて、積極的に手伝ってきたら、お手伝いを始めるいいチャンスです。

我が家の7歳の子どもは、時々料理の手伝いや食器洗いをしてくれます。「すごいねー」「上手にできるねー」などと言ってあげたときに見せる笑顔は、最高に輝いています! お手伝いを通して、しっかりと娘の自立心が育っていると確信しています。

お手伝いに時間がかかってしまっても、お母さんはイライラする気持ちをぐっとこらえて、子どもの成長を見守ってあげましょう。

前日の全体記事ランキング

1

女子が殺到!今、最も注目な「ワークマン」は着るとホントにおしゃれでメチャ安い!

ワークマンというと男性向けの作業着の店というイメージがあって、自分には関係ないと思う人も多いかもしれませんが、それは古い! 最近は「女性が殺到している!」と、テレビでも特集が組まれるほど、おしゃれな女性からも大人気なんです。そんなワークマンの今季の新作の中からおすすめをご紹介します!

2

「そう使う!?」100均グッズの意外な活用法で目からウロコの”ラク掃除”

100均に売っているアイテムを本来の用途とは違う方法で活用することで、楽々掃除を叶えてくれる驚きの掃除法をご紹介します。ニッチすぎて専用の掃除用具がなかったり、正規品を買うとコストがかかったり…。「これ!」という掃除法に出会えていなかった“あの”場所が、100円のアイテムを使えば目からウロコの掃除法でラクにピカピカになりますよ! 

3

本当に脱げない靴下はどれ!?フットカバー6つを徹底比較

フットカバーってたくさんありますよね。 パンプスやスニーカーを履くときにとっても便利です。 ですが、履いているうちに脱げてしまうものや、しっかりカバーできているけど靴から見えてしまっているものも多いので選ぶ際には注意が必要です。 そこで、本当に脱げないフットカバーはどれか、ユニクロ、無印良品、しまむら、ダイソー、3COINS、イトーヨーカドーの6つのフットカバーを比較してみました。

4

【ダイソー】お湯でやわらかくして何度でも作れる「おゆプラ」がおもしろすぎる!

ダイソーでおもしろいアイテムを発見しました! なんと、お湯につけるだけでオリジナルのアクセサリーを作ることができるんです。さっそくご紹介しますね。

5

【スタバ】240円のミニケーキ4種類が新登場!ほどよいサイズ感と価格がうれしい♡

みんな大好きスターバックス! フラリと立ち寄ってちょっと休憩…というときにピッタリなサイズもお値段もかわいいミニケーキが4種類登場しました♪

この記事をシェアする

TOP