暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

知らないうちに人を傷つけてしまっているかも!?無自覚な「差別言葉」に注意 #失礼な日本語

saitaPULS編集部

言葉は日々変化しているもの。だから、何気なく使っている日本語も、いつの間にか相手に不快感を与えてしまうワードになっていた、なんてこともあるかもしれません。
そこで、『失礼な日本語』の著者である岩佐義樹さんに、日常でつい使ってしまいがちな「不快な日本語」を教えてきただきました。

もし自分が言われたら……

他人からいきなり「お前ら!」と呼ばれたら、誰でも不快な気分になりますよね。それは「あなたたち」「あなた方」という言葉に対し「お前」という呼称自体、人を格下に見る差別表現が含まれているだけでしょうか? 実はその「お前」だけでなく、その後に続く「ら」という、たった一言が、人を差別すると言って、問題視されたことがあります。

毎日新聞にきた苦情

下記の新聞記事の「アイヌら」という表現に、読者からクレームがきたそうです。「『アイヌら」では『やつら』『あいつら』というふう意味にとれてしまうので、『アイヌたち』にすべきだ、というご意見でした」(岩佐さん)。ですが、普段から「私ら」「首相ら」「幹事ら」など、否定的ではない場面でもよく使われます。「そうなんです。そこで社内の用語委員会に相談したところ、『アイヌの人々』『アイヌたち』という言い換えを提示しました』(岩佐さん)。

<毎日新聞 記事抜粋>
北海道大は15日、1930年代ごろ研究目的で墓地から掘り出したアイヌの遺体12体について、日高地方のコタン(集落)再建を目指す「コタンの会」などに返還した。アイヌらが、掘り出したのは供養の侵害に当たるなどとして北大を相手に札幌地裁に返還を求めて提訴し、3月に和解が成立していた。(2016年7月16日)

「ら」の使い方にご注意を

「~ら」という複数形の表現は、どうやら使う相手によって、差別表現にもなることがわかりました。特に注意したいのは、普段から差別され、危機的状況にある人に対して呼びかけるとき。「差別表現について論じるのは、『寝た子を起こす』ようで、常にジレンマが伴います。でもこの記事を通して、差別される人々への理解と配慮が求められることを、私は望んでいます」(岩佐さん)。知らずに人を傷つけるのではなく、正しい知識を得て、人に優しい日本語を使いたいですね。

教えてくれたのは 毎日新聞社校閲センター前部長 岩佐義樹さん

毎日新聞社校閲センター前部長 岩佐義樹さん

1963年、広島県呉市生まれ。早稲田大学第1文学部卒業後、毎日新聞社に校閲記者として入社。用語委員会用語幹事などを務める、日本語のスペシャリスト。毎日新聞校閲センター運営のウェブサイト「毎日ことば」や「サンデー毎日」の連載コラム「校閲至極」などにて執筆中。

『失礼な日本語』
著/岩佐 義樹
ポプラ社
詳細・購入はこちら

TEXT:池田ゆき

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

【料理の裏ワザ】とうもろこしの粒をズババッとあっという間に取る方法【動画付き】

夏に美味しいとうもろこしは、加熱したあと、丸ごとかぶりついて食べるのが最高ですが、粒を切り離して、様々な料理に活用、調理することもありますよね。 その時に気になるのが、どうやって芯から切り離すのか… そこで今回は、とうもろこしの実を無駄にせず、簡単かつスピーディに芯から切り離す方法をご紹介します。

3

”冷凍トースト”が忙しい朝を変える!具材をのせて冷凍するだけ!朝は焼くだけのラクちん朝食

みなさん、食パンの保存方法ってどうしていますか? 食パンの保存方法に適しているのは冷凍といわれています。 食パンをラップに包んで冷凍するときにちょっとひと手間加えてみませんか? 好きな具材をのせて冷凍しておけば、食べたいときにそのまま焼くだけで大満足なトーストが食べられちゃいます。 忙しい朝に大活躍まちがいなし!

4

母親になってから窮屈だと感じたことがある人へ。「母親だからという呪縛」は華麗にスルーがちょうどいい

子どもを産んでから、大人になってから、「なんとなくこうしなきゃ」という呪縛にかかっている人は多いものです。 例えば、「ご飯は手作り」「家事の主体は女性」。やりたくてやっているならOKですが、不満に思いながらも「自分の母親もやっていたし」と思って我慢しているなら、そろそろその価値観を手放してもいい頃かもしれません。 常に「自分はどうしたいか」と向き合いながら生きてきた、経済評論家の勝間和代さんとバリキャリ金融女子の川村真木子さんの対談から、皆さんに「母親・女性像の呪縛からの解放」についてお届けします。

5

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP