暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

女性上司へのNGワード!?「妙齢」の使い方合っていますか? #失礼な日本語

saitaPULS編集部

言葉は日々変化しているもの。だから、何気なく使っている日本語も、いつの間にか相手に不快感を与えてしまうワードになっていた、なんてことも。そこで、『失礼な日本語』の著者である岩佐義樹さんに、saitaPULSの読者がつい使ってしまいがちな「不快な日本語」を教えてきただきました。

「妙齢の婦人」は何歳くらいのこと?

中年以上の女性の年齢を、曖昧かつ失礼のないように表現するときに使われることのある「妙齢」という言葉。実際に自分よりも年上の女性の方に対し「妙齢の婦人」という使い方をしていませんか?
「でも国語辞典を引くと『女性のうら若い年ごろ』となっているんですよ」(岩佐さん)
となると、普段の使い方は、間違っていることになります。

微妙な年齢が、本当の意味

「僕が想像するに、『若いというには微妙な年齢』と思ってしまうから、間違った使い方が発生してるのかもしれません」(岩佐さん)

では実際に「妙」の文字を辞書で引いてみると……(下記参照)「若い」という文言はありません。「日本では『妙』単独では、なせか『わかい』意味が失われ、そして今『妙齢』からも若いという意味が希薄になってきているのかもしれません」(岩佐さん)。

「日本国語大辞典」(第2版)より
妙……
①(形動)きわめてすぐれていること。人知ではかり知ることができないほどすぐれていること。言語でいい表せないほどすぐれていること。また、そのさま。
②(形動)不思議なこと。奇妙なこと。奇蹟。また、そのさま。
③(形動)物事を喜んだり、ほめたりはやしたてたりするときにいう近世の流行語。すてき。すばらしいこと。いいこと。また、そのさま。

70代までが妙齢!?

下記、毎日新聞校閲センターのウェブアンケートによると、「妙齢」の使い方の実態が見えてきました。中年以上なら「妙齢」と言われて喜ぶ人は多いでしょうが、本当に若い人が言われたら、少し微妙です。

Q「妙齢の女性といったら、どの年ごろをイメージしますか?」

A
もう若いとは言えないぐらいの年ごろ……56.4%
まだ若い年ごろ……33.9%

「2019年に発行された『大辞林』(第4版)で見ると『重ねた年齢に見合う風格や魅力の感じられること。』と記載されています」(岩佐さん)

岩佐さんが、こっそり教えてくれたのですが、辞書には『50代から70代の妙齢の女性の集まり』という続きがあるそうで……幅広い年齢としての記述があるので、使う際には注意が必要ですね。

「教えてくれたのは」 毎日新聞社校閲センター前部長 岩佐義樹さん

1963年、広島県呉市生まれ。早稲田大学第1文学部卒業後、毎日新聞社に校閲記者として入社。用語委員会用語幹事などを務める、日本語のスペシャリスト。毎日新聞校閲センター運営のウェブサイト「毎日ことば」や「サンデー毎日」の連載コラム「校閲至極」などにて執筆中。

『失礼な日本語』
著/岩佐 義樹
ポプラ社
詳細・購入はこちら

 

前日の全体記事ランキング

1

「明日使うノートがない」子どもから夜中に言われて途方に暮れたことない?子育て中の「名もなき家事」 解決法

毎日の生活に欠かせない、掃除に洗濯、炊事に買い物などの家事とは別に「トイレットペーパーの補充・交換」「家族の脱ぎっぱなしの衣類の片付け」「ゴミの分別」など、名前のついていない「名もなき家事」は日常にあふれていますよね。 さらに、新型コロナウイルスの影響でこの「名もなき家事」が増えていることに気づいていますか? たとえば、(手洗いできる)マスクの洗濯、除菌スプレーの詰め替え、こまめな喚起、など。 それに加え、夫がテレワークで昼食の準備が増えたことや、子どもの授業(勉強)が変則的になり、管理が以前より大変、なんてことも。 前回の「名もなき家事の解消法【片付け編】」に続き、今回は【小学生限定・子育て編】の解決方法をご紹介します。 『3人子持ちで起業した理系の主婦が名もなき家事をサクッと解決します!』(実務教育出版)の著者である、香村薫さんからヒントをいただきました。

2

パサパサした鶏むね肉がプリプリ&ジューシーに変身!鶏むね肉を使った簡単で節約できるレシピ5選

毎日の食事作りで、安い食材は節約のためには積極的に使っていきたいもの。中でも鶏むね肉は、スーパーで売っているお肉の中でも、とても手頃なお値段ですよね。ただ火を通すとパサパサした食感になり、苦手な方も多いのではないでしょうか。 パサパサした食感の鶏むね肉をプリっとおいしく調理するには、コツがあるようです! 鶏むね肉をおいしくジューシーに調理したい方におすすめのレシピ5選をご紹介します。

3

パンライターが提案!パンのおいしさを引き立てるピーナッツバター&クリームの選び方

いつもの食卓で、パンにどんなものを塗っていますか? ジャムやバターのほかに厚く支持されているのが、ピーナッツバターやピーナッツクリーム。ピーナッツの粒感が残っているものから滑らかなタイプまで、さまざまな商品が販売されています。そのため、いざ買おうとしても「どれがいいのだろう?」と迷ってしまう人も多いでしょう。 そこで今回は、パンシェルジュ検定1級を持つパンライター・松尾友喜が、パンのおいしさをより引き立てるのピーナッツバター&ピーナッツクリームの選び方をお伝えします!

4

腰痛ケア&引き締め効果も!カンタン「3分チェアヨガ」動画

テレワークで長時間座りっぱなしの生活が続いていたり、運動不足が原因で、腰痛が気になっている方は多いのではないでしょうか。そんな腰痛でお悩みの方は、おしりが冷えているかもしれません。 おしりの冷えやこりを放置すると、腰痛やおしりのたるみにつながるため、毎日のセルフケアがとても大切です!

5

【週末に作り置き】便秘解消&マスク肌荒れを防げ!刻むほど美味しいれんこんの重ね煮

自然食料理人の山田です。週末にまとめて作る最強の作り置き「重ね煮」。 週末の30分で平日がぐっとラクになる裏技的作り置きです。 今週も引き続きレンコンの重ね煮。 僕も良く作るベジ麻婆豆腐やれんこんハンバーグ・アレンジをご紹介いたします。粗みじん切りにした重ね煮は食感が良く、旨味もたっぷり出ますので、お肉なしでもかなり満足いくおかずに変身できます。鶏ガラスープの素や添加物に頼らず無添加。栄養と食物繊維たっぷりの重ね煮です。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP