「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【準備5分で超簡単】普通のさつまいもが安納芋レベルに!〇〇するだけで絶品お芋に大変身の裏ワザ♡

料理・グルメ

 【準備5分で超簡単】普通のさつまいもが安納芋レベルに!〇〇するだけで絶品お芋に大変身の裏ワザ♡

2017.09.22

秋から旬のさつまいも。焼きいもやおやつに使ったり食べる機会も多いですね。今回は、普通のさつまいもが超簡単テクで安納芋レベルに大変身!絶品お芋の作り方をご紹介です♡

さつまいもは栄養満点!免疫力アップにも♡

今が旬のさつまいも。栄養面で見ると、ビタミンCとカルシウムが多く含まれているのが特徴です。ビタミンCは、メラニン色素の沈着を抑え、シミやソバカスを防ぎ、肌をなめらかにしてくれます。また、ビタミンCは白血球の免疫力を高め、風邪にかかりにくくする働きも。さらに、食物繊維の多いことも特徴のひとつ。食物繊維が腸を刺激して働きを活性化にさせるとともに、ヤラピンという緩下成分が、便の排泄を促進させるからです。美容と免疫力アップに積極的に取り入れたいですね♡
さつまいもを選ぶときは、皮の光沢と太り具合がポイントに。皮がなめらかでつやがあり、さわってみてやわらかくないもの。皮の一部が黒く変色していないものを選んでください。細いものより太いもののほうが味がいい傾向があるので、こちらもチェックしてみて下さい。

準備5分で超簡単!炊飯ジャーで炊くだけ

絶品お芋の作り方は超簡単!炊飯器の釜に入るサイズにさつまいもをカットして投入。芋の高さの半分くらいまで水を入れます。このとき、さつまいも同士が重ならないように気を付けましょう。あとは、お米を炊くのと同じように炊飯スイッチをオンにするだけ。炊飯モメニューは「玄米モード」にするのがおススメ!こうすることでじっくり火を入れ、糖度が増します。また、パサパサせずにねっとりした仕上がりになるんです♡
普通の炊飯モードや「早炊きモード」で加熱もできますが、その場合はねっとり具合が控えめになります。玄米モードがない場合、なるべく1時間程度じっくり火を入れて炊き上げるメニューを選ぶと美味しいお芋に仕上がります。

ねっとりした絶品さつまいもの完成♡

じっくり1時間ほど火を入れると、絶品さつまいもの完成です!見た目だけでも十分にねっとりした感じが伝わります。実際に口に運ぶと、口いっぱいにさつまいいもの甘みが広がります!本当に甘くて、高級な安納芋と変わらないレベルです。5歳の娘も「甘くておいしいー!」と大絶賛♡
多少大きいまま加熱してもきちんと芯まで火が通っていて、蒸し器がなくても簡単に仕上がります。焼きいもと違い表面もキレイなまま。これなら皮ごと食べてもOK!皮の部分にはカルシウムも豊富なので、なるべく皮ごと食べるのがおススメです♡

柔らかいのでおやつ作りも簡単♡

炊飯ジャーを使って作ったお芋はすごく柔らかいので、おやつ作りも簡単!すぐになめらかになるので、スイートポテト作りも楽々できました。今まで電子レンジやお鍋で茹でて火を通すとほくほくなのでなめらかにするのが大変でしたが、こちらなら裏ごしいらず。少し潰しただけでクリーミーに!5分程度で簡単にスイートポテトの形作りができました。お芋自体が甘いので、砂糖を入れなくても十分でとってもヘルシー!美味しいスイートポテトが手軽にできました。ご家庭にある炊飯ジャーで簡単にできる絶品お芋。ちょっとしたコツで、本当に安納芋のようなリッチな美味しさに仕上がります!よかったらぜひお試ししてみて下さい♡

 

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア