暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

いつものおかずにちょこっとプラス【新☆健康習慣】“まい足し”って知ってる?

saitaPULS編集部

“まい足し”とは?
ついつい暴飲暴食してしまった正月も終わり、そろそろ健康的な食生活に戻していきたい時期ですよね。そんな人に、おすすめな新しい健康習慣があるんです! その名も“まい足し”!! 「雪国まいたけ」さんが提唱している“いつもの食事にちょこっとだけまいたけをプラスする”という習慣です。

体にうれしい健康食材“まいたけ”

まいたけってじつは体にすごくいいんですよ!(知ってました?) 免疫機能を活性化させるといわれているMDフラクション、よけいな脂質や炭水化物をエネルギーに変換してくれるビタミンB2、お通じによいとされる食物繊維などがたっぷり含まれているんです。どの季節でもスーパーで手軽に手に入るところも魅力ですよね。

つくりおきおかずをストックするのがおすすめ!

冷蔵庫につねにまいたけをストックして、食事のたびにちょっとずつ使うのは面倒くさいですよね。そんな人におすすめなのが、まいたけを使ったつくりおきおかず。週末にまいたけを多めに買ってつくりおきおかずを作り、平日の食事にちょこちょこプラスしていくのが手軽でおすすめです。今回紹介する、“まい足し”にぴったりなつくりおきおかずは、手軽で美味しいレシピが大好評で、幅広いメディアで活躍している料理研究家のほりえさちこさん監修! 食卓に取り入れやすいように、アレンジアイデアも提案していただきました。ぜひぜひ、お試しください。

【基本の作りおきおかず】雪国まいたけのガーリックマリネ

出典:youtube.com

そのまま食べてもアレンジしても美味しい!
“まい足し”にぴったりなつくりおきおかずです。

材料(作りやすい分量)
雪国まいたけ「極」(大) 2パック(約300g)
プチトマト(湯むきする) 1パック
玉ねぎ(みじん切り) 小1個
A
 にんにくのすりおろし 1片分
 レモン汁 大さじ1
 酢、白ワイン 各大さじ2
 塩 小さじ1強
 こしょう 少々
サラダ油

作り方
①まいたけは小房に分ける。耐熱容器に入れてサラダ油大さじ4をふり、電子レンジ(600W)で2~3分加熱する。玉ねぎは水にさらして辛みを抜き、水けをきる。
②ボウルに①、トマトを入れ、Aを加えて混ぜ、1時間ほどおく。
※プチトマトは十字に切り込みを入れるだけでもOK。トマトを使う場合は種をとって角切りに。
【保存期間:冷蔵で5日間】

アレンジアイデア①雪国まいたけのブルスケッタ

材料(2人分)
雪国まいたけのガーリックマリネ 3/4カップ
バゲット(1cm厚さ) 4~6枚
ブラックオリーブ(輪切り) 4~5個
イタリアンパセリ(あれば) 適量
バター

作り方
①バゲットはトースターで軽く焼き、バター適量を塗る。
②マリネにオリーブを混ぜ、①にのせ、あればイタリアンパセリを飾る。

アレンジアイデア②雪国まいたけのサラスパ

材料(2人分)
雪国まいたけのガーリックマリネ 2カップ
スパゲッティ(細めのもの) 160ℊ
ツナ缶(缶汁をきる) 1缶
ルッコラ 1/4パック
塩、こしょう

作り方
① スパゲッティは塩適量を加えたたっぷりの湯で、袋の表示時間どおりにゆで、ザルに上げて水でしめ、水けをきる。
②①をマリネ、ツナであえ、塩、こしょう各少々で味を調える。ルッコラの半量を混ぜ、器に盛って残りのルッコラを飾る。

アレンジアイデア③雪国まいたけソースのカルパッチョ

材料(2人分)
雪国まいたけのガーリックマリネ 1カップ
サーモン(刺身用) 1柵
ベビーリーフ 1パック
粗びき黒こしょう、塩

作り方
器にベビーリーフを盛り、周りにサーモンを並べる。粗びき黒こしょう適量、塩少々をふり、マリネをかける。

まだまだ寒さが続いて体調をくずしやすい季節。今回紹介したメニューで“まい足し”習慣を始めて、体に栄養をチャージして元気に乗りきってください!

【提供】saita×雪国まいたけ 雪国まいたけ「極」

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

【料理の裏ワザ】とうもろこしの粒をズババッとあっという間に取る方法【動画付き】

夏に美味しいとうもろこしは、加熱したあと、丸ごとかぶりついて食べるのが最高ですが、粒を切り離して、様々な料理に活用、調理することもありますよね。 その時に気になるのが、どうやって芯から切り離すのか… そこで今回は、とうもろこしの実を無駄にせず、簡単かつスピーディに芯から切り離す方法をご紹介します。

3

”冷凍トースト”が忙しい朝を変える!具材をのせて冷凍するだけ!朝は焼くだけのラクちん朝食

みなさん、食パンの保存方法ってどうしていますか? 食パンの保存方法に適しているのは冷凍といわれています。 食パンをラップに包んで冷凍するときにちょっとひと手間加えてみませんか? 好きな具材をのせて冷凍しておけば、食べたいときにそのまま焼くだけで大満足なトーストが食べられちゃいます。 忙しい朝に大活躍まちがいなし!

4

母親になってから窮屈だと感じたことがある人へ。「母親だからという呪縛」は華麗にスルーがちょうどいい

子どもを産んでから、大人になってから、「なんとなくこうしなきゃ」という呪縛にかかっている人は多いものです。 例えば、「ご飯は手作り」「家事の主体は女性」。やりたくてやっているならOKですが、不満に思いながらも「自分の母親もやっていたし」と思って我慢しているなら、そろそろその価値観を手放してもいい頃かもしれません。 常に「自分はどうしたいか」と向き合いながら生きてきた、経済評論家の勝間和代さんとバリキャリ金融女子の川村真木子さんの対談から、皆さんに「母親・女性像の呪縛からの解放」についてお届けします。

5

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP