「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

ピアノ講師おすすめ♩【雨のわらべうた】で雨の日もおうちで楽しく過ごそう!

家族・人間関係

 ピアノ講師おすすめ♩【雨のわらべうた】で雨の日もおうちで楽しく過ごそう!

2017.07.10

しとしと、ぽつん、雨の音。
「お外に出られないし何をしようか…雨の日って時間がありすぎる」なんて方も多いはず!

今回は、ピアノ・わらべうた講師として毎月キッズイベントを開催している筆者のおすすめ

★場所も道具も必要なし
★今すぐできる!雨の日ならではの手遊び歌

を2つご紹介します♩

雨といえば…♩

https://youtu.be/9lII1TlMIYQ" data-provider-url="http://www.wanpug.com/illust/illust42.png" src="https://image.saita-puls.com/article/6205/sESXU533psjftJgRdQyZj7WMCSm9Pr5pMWZCGcOu.jpg" />「きゃーろのめだま」

きゃーろのめだまに きゅうすえて
それでもとべるか とんでみな

おっぺけぺっぽー ぺっぽっぽ
おっぺけぺっぽー ぺっぽっぽ


実際に遊んでみた動画はこちら
<a href=

★遊び方のポイント★
きゃーろはカエルのこと。
カエルの目玉にお灸?!そんな不思議な歌詞から始まるこの遊び歌ですが、「おっぺけぺっぽー」の響きは子供達にも大人気。

ぜひ大人も一緒になって、おもしろ可笑しく歌ってくださいね♩

【赤ちゃん・小さなお子さん向け】
のんびりゆったりと歌いながら、優しく身体をとんとんしましょう。お人形を使って、リズム良く跳ねて見せてあげるのも楽しいです♩

お座りができるお子さんは、大人のお膝の上でリズミカルにジャンプ!
お池に「ポチャン」と落ちる動きをプラスするだけで、ぐんと面白くなります。

【自分で動けるお子さん向け】
大きな声で一緒に歌い「おっぺけぺっぽー ぺっぽっぽ」の部分では、思い切り跳ねてカエルの真似っこをしてみましょう。

「小さなカエルはどんな声で歌おうか?」
「忙しいカエルはどのくらいの速さで跳ぶかな?」
と問いかけて強弱・速度を変えるなど、音楽性を取り入れた遊び方もできます。

大雨?小雨?

出典:www.wanpug.com「ぽっつんぽつぽつ」

ぽっつんぽつぽつ あめがふる
ぽっつんぽつぽつ あめがふる

ざーっと あめがふる
ざーっと あめがふる

ぽっつんぽつぽつ♩
手のひらに一本指で小雨を降らせて…

https://youtu.be/W4prUVOoQ0w" data-provider-url="" src="https://image.saita-puls.com/article/6205/EErJacwpiLxpBQSdxQeKeO11ffOzei16wy4KJ5VW.jpg" />ざーっと♩五本指で大雨を表現します。


実際に遊んでみた動画はこちら
<a href=

★遊び方のポイント★

歌うときは心の中で(1.2.1.2…)拍子を感じながらゆったりと。

【赤ちゃん・小さなお子さん向け】
赤ちゃんには優しくとんとん、大雨は手のひらをこちょこちょしましよう。

また、仰向けに寝かせておなかを優しくとんとん。
大雨のところでは、お母さんの手のひらでおなかを流れるように撫でてあげても♩

【少し大きいお子さん向け】
手のひらから始まり、「ざーっと」体全体に大雨を降らせてみても楽しいです。(動画参照)

大人が手のひらを出して、こちょこちょされる側になった場合、「きゃー!くすぐったい!」と思いきり反応してあげると子供達は大喜びです!

いかがでしたか?

憂うつな雨の日も、親子のふれあい遊びで楽しく過ごしてみてくださいね♩

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア