「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

懐かしのスライムが進化した!専門店も登場するほどの人気♡

ライフスタイル

 懐かしのスライムが進化した!専門店も登場するほどの人気♡

2018.07.26

昔子供の頃に訪れた「スライムブーム」。あの独特の感触がたまらなく、いつまでもムニムニと触って遊んでいた記憶があります。

そんなスライム、、、どうやら再ブームが訪れているようです。

店頭にスライムを置くお店が続出!

最近、雑貨屋さんや本屋さんの一角などで、色鮮やかに並べられている「スライム」をよく見かけます。

昔と比べてとっても種類が豊富っ!!色も鮮やかで、見ているだけで飽きない。
置いているお店もとっても色鮮やかです。

ブームの火付けは韓国の歌手

どうやらこのスライムブーム、韓国の歌手IUさんがSNSで取り上げたことから、若い子達の間で話題に。

日本にも再ブームが訪れたようです。

更に進化したスライム

実際にスライムを購入してみました。

昔のような"ただのスライム"ではなく、
●ビーズやパールが入ったもの
●容器がインスタ映えするもの
がたくさん。

スライムの感触を楽しむだけでなく、ビーズなどのプチプチした感触をプラスで楽しめるのが特徴です。

指で押すと、容器から目や口が飛び出る仕組みのスライムはキモ可愛いデザイン♡

日本にはスライム専門店もオープン

出典:mobile.twitter.com

2018年5月には原宿にスライム専門店「SLIME NYANDA by 日本スライムランド」がオープンしました。

ピンクが基調のお店で、テラスなどもありインスタ映え間違いなしです。

やっぱり子供達には大人気

我が家の4歳と2歳の子供は、初スライム☆やはり子供にとってあの不思議な感覚は楽しいようで、1時間ぐらい2人で触って遊んでいました。

粘土とは違い、カスのようなものが出にくく、ママにとっても後片付けが簡単です。

触って感触を楽しんだり、インテリアとして飾るにもとっても可愛いスライムがたくさんあります。

ぜひお子さんと一緒に楽しんでみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。