暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

mamiWaka

語学系出版社でワーキングマザーを経て、現在はフリーのライター・編集者。読者目線を忘れず、分かりやすく読みやすい記事を目指しています。

    mamiWakaさんの記事一覧

    生理の時の憂鬱が少し減る「月経カップ」はナプキンの不快感をゼロに!実際に使った感想は

    女性にとって毎月くるちょっと憂鬱な生理の日。生理用品はナプキンやタンポンを使っている方も多いと思いますが、最近注目されている「月経カップ」をご存じでしょうか。 saitaPULS編集部では、そんな新しい生理用品の選択肢「月経カップ」について、アンケート調査を実施。多くの方がもつ月経カップにまつわる疑問や、実際に使ってみて「一度使ったら手放せない!」という声をご紹介します。

    寒暖差が激しい時期は「便秘」に注意!便秘解消には手軽に取れて栄養素が豊富なアレが効果的

    夏の耐え難い暑さも落ち着き、秋の涼しさを感じられる季節になりました。季節の変わり目は、日中は暑いけれど朝晩にはグッと冷え込むことも増え、1日の寒暖差が大きくなりやすい時期です。そんな寒暖差が大きい季節の変わり目に気を付けたいのは「便秘」。普段から便秘に気をつけている方もそうでない方も、季節の変わり目は要注意だそうですよ!

    食事前に摂ることで肥満予防に!痩せホルモンを増加させる「レモン」がすごい

    在宅ワークが増え、外出も控えがちだった期間に体重がみるみる増加したという方もいるのではないでしょうか……? この時期に増えてしまった体重は、ストレスが原因でもあり痩せづらいようです。でもがっかりする必要はありません! 食べる前にあの果汁を飲むことで、体重増加に歯止めがかけられるかもしれませんよ! 今回は体重を健康的に落とすための効果的な方法を、ダイエット外来の医師で肥満治療評論家の工藤孝文先生に伺いました。

    家事に追われてもう疲れた!アンケートから見えた「家事の負担を減らしてラクになるため」のみんなの工夫

    自分や家族が在宅ワークで家にいることが増えたり、子どもの園や学校が休校になったりして家にいる時間が増えましたね。 家族がいると増える家事ですが、毎日ピカピカに掃除して、3食しっかり作って、仕事や育児も完璧にこなすのはなかなか難しいこと。いつも家事に追われている……そんな方は、自分を追い詰めないためにも、みんなが取り入れている工夫が参考になるかもしれませんよ!

    【コロナ禍 休日の過ごし方】今年の夏、何をして過ごした?自宅や近場で楽しんだみんなの工夫

    子どもたちの夏休みも短く、お仕事もテレワークという新しいスタイルが定着し、今までとは大きく変化した今年の夏。皆さんはどんな夏を過ごしたでしょうか? 20代~40代のsaitaPULS読者のみなさんにこの夏の過ごし方を聞いてみました。新型コロナウイルスの感染拡大の終わりが見えず、なかなか遠出しづらい夏でしたが、皆さんの声からは意外にも身近なところで楽しんだ様子が垣間見えました。 Withコロナの時代の休日の過ごし方にそろそろ悩んでいる方、9月は祝日と土日をあわせて4連休のシルバーウィークもあります。ぜひ参考にしてみてください。

    withコロナの生活は免疫力を下げない食事を。抗酸化力の高い◯◯が免疫力UPのカギに!?

    新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、不安な日々を過ごしている方も多いのではないでしょうか。新たなウイルスとともに生きる時代となった今、手洗いうがいやマスク着用などの基本的な感染予防をしておくのはもちろんのこと、日頃から体の免疫力を整えておくことが重要です。 夏の食材を使って免疫力を維持する方法を、女子栄養大学栄養生理学教授の上西一弘先生に教えていただきました。

    背中や脇が汗で皮膚トラブル……薬なしで解消できる?皮膚科医おすすめの毎日のスキンケア方法とは

    年齢を重ねていくと肌が乾燥しやすくなったり、化粧品でかゆみを感じるようになったりするなど、敏感肌に悩まされている方もいるのではないでしょうか? でも、皮膚科医の先生によると日々のケア一つで、お肌の調子はグンとよくなるそうですよ。 キレイで潤いのある肌でいると気持ちも明るくなるもの。正しいケアの仕方を知り、お肌の調子を整えませんか?

    マスクの下の肌あれ対策|チェックリストであなたの「肌あれ危険度」をチェック

    外出時には必ずマスクをしているせいか、最近肌があれがち……と悩む方も多いのでは? 皮膚科医の先生によると、最近「マスクの汗あれ」に悩む方が増えているようです。一体どんな症状なのでしょうか? 記事にあるチェックリストで、ご自分がマスクによる汗あれリスクが高いかどうかをチェックできます。今すぐチェックしてみて! よしき皮膚科クリニック銀座 院長 吉木伸子先生に聞きました。

    あなたの理想の働き方は?育児と仕事を両立していく上で大切なこと

    女性は出産を機に仕事との付き合い方について悩むことも多いと思います。仕事は辞めたけれどそのうちまた仕事がしたい。そんなとき、どんなことを準備しておくといいのでしょうか? ママの就労支援事業を展開している株式会社LIFULL FaM(ライフル ファム)の代表、秋庭麻衣さんに教えていただきました。

    働くママの葛藤|乗り越えられたのは「ルーティンワークよりチャレンジワーク」という考え方

    「子育てと仕事をハッピーに!」をコンセプトに、ママが育児と仕事の両立をしながらスキルアップができる会社「LIFULL FaM」を設立した秋庭麻衣さん。入社した会社で社内第1号のワーママとして働いてきたなかでは、多くの葛藤があったと言います。そんな葛藤を感じながらも前向きに働いてこれたのは、ある上司の存在が大きかったそう。どんな影響を受けたのでしょうか。

    子育てをしているからこそ身につくスキルがある! 産後も柔軟な働き方で長期的なキャリアをあきらめない

    子どもが生まれてからも仕事をしたい。そう考えていても、地域によっては保育園に入ることも難しく、運良く入れたとしても復職後の育児と仕事の両立は想像以上に大変……。働きたいという思いがあっても、育児しながら理想的な働き方を実現するのはなかなか難しいですよね。 でも、子連れで出勤できるオフィスで、子どもの年齢に合わせて働く時間や場所を柔軟に選べ、長期的なキャリアを積むことができる会社があるのをご存じでしょうか。働くママにとってそんな夢のような会社「LIFULL FaM(ライフルファム)」を設立した秋庭麻衣さんに詳しくお話を伺いました。

    「もやし」は実は栄養たっぷりのスーパーフード!コスパ最高のカンタンレシピ3選

    季節を問わず手に入りやすく、いつ見てもお手頃価格のもやし。毎日の食卓でも、もやしが大活躍しているご家庭は多いのでは? 6月30日に放送された『あさイチ』のクイズとくもりコーナーでも、もやしについて放送されましたね。 白くてひょろっとした見た目から栄養も少なそうに見えますが、実はカリウムや葉酸など栄養たっぷりなんですよ。 特に豆がついている“大豆もやし”は、実は手軽に食べられるスーパーフード。一般的なもやしである緑豆もやしの2~3倍もの豊富な栄養素が含まれているんです。  そんな大豆もやしの栄養素についてご説明しながら、おいしくいただくレシビを3つご紹介します。

    「UNIQLO TOKYO」に見る新しいアパレルの在り方。銀座にグローバル旗艦店がオープン!

    クローゼットの中にユニクロのアイテムがいくつもあるという方も多いのではないでしょうか? そんなユニクロが、銀座に新しく「UNIQLO TOKYO」をオープンしました。6月19日オープンとなるこの店舗では、ウエアのみでなく生活を豊かにするさまざまな商品が手に入り、最新の商品やサービスを発信する“情報発信店舗”でもあるそうです。 UNIQLOの洋服に込められた会社としてのメッセージや、製造の裏側にある想いに、ますますUNIQLOファンになってしまうかも!?

    1週間で効く!自粛明けの再会で「キレイになった?」と言われる表情筋トレ

    緊急事態宣言が解除され、少しずつ外出する方も増えてきました。久しぶりの外出や出勤に気分も上がる一方で、自粛期間に肉付きの良くなった顔や体で人に会うことに焦りを感じている方もいるのでは……? そんなときは少しでも印象を良くするために、顔だけでもスッキリさせたいですね! そこで『1分表情筋トレ』の著者で表情筋トレーナーの石川時子先生に、短期間で効果のある表情筋トレーニングの方法を伺いました。これであなたもスッキリ小顔になれるかも!

    猛暑とマスクで熱中症リスク増!?管理栄養士がオススメする、フルーツを使った熱中症予防法

    日中の気温がだんだん上がってくる季節。今年は新型コロナウイルスの影響により、暑い中でもマスクをする機会が増え、熱中症のリスクが高まるかもしれません。そんな熱中症を予防するためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか? 管理栄養士の足立香代子先生に教えていただきました。

    小児科医からのメッセージ「病院に行くのを躊躇しても予防接種を延期しないで!」

    緊急事態宣言が1ヵ月半ぶりに全国で解除となり、ほっとした方も多いのではないでしょうか。ただ感染拡大のリスクはゼロではなく、これまでどおりの生活を送るにはまだまだ時間がかかりそうです。 そんな中、子どもの予防接種はどうしていますか? 病院を受診することが不安なため、落ち着いたら接種しようかな……と考える方もいるかもいれませんね。でも本当に延期してもいいのか悩むところ。子どもの予防接種について、佐久総合病院の小児科医である坂本先生が解説する動画に、その答えがありました。

    前向きに乗り越えたい!みんなが実践している6つのストレス解消法

    長引く外出自粛の中、在宅ワークに家族のご飯作り、子どもの相手などやるべきことは多く、ストレスが溜まってそろそろ限界……という方も多いかもしれませんね。 そんな中、あなたはどのように息抜きしていますか? 緊急事態宣言が一部解除されたとはいえ、まだまだ予断を許さない状況。このまま収束させるためにも、今しばらくの我慢が必要そうです。  ストレスを溜めないために、日々行っていることはさまざまなことがあると思います。そこで今回は皆さんのストレス解消方法を聞いてみました。

    【妊娠中、子育て中の方に朗報】病院に行かずにスマホで相談!期間限定で無料で使える遠隔医療相談サービス

    妊娠中や子どものいるパパ・ママは、新型コロナウイルスが完全に落ち着かないこの状況で、お医者さんに相談したいことがあっても、病院に行くことをためらってしまう方も多いのでは? そんなときに、スマホで医療相談できるサービスがあればとても助かりますよね。 妊婦さんから産後のママが相談できる「産婦人科オンライン」や、子どもに関する悩みを相談できる「小児科オンライン」といった医療相談サービスが、8月31日(月)まで、無料でどなたでも相談できるので、ご紹介したいと思います。

    あなたはやっていませんか?美容関係者が教えるやってはいけないNGお手入れ

    年齢に関わらずいつまでもキレイでいたいと日々努力している方も多いと思います。ネットにはさまざまな情報が溢れ、何が合っているのか判断することも難しいですよね。そこで基礎化粧品を販売するリソウコーポレーションが美容関係者を対象に行ったエイジングケア(年齢に応じたケアのこと)に関する調査をもとに、やりがちだけれど本当はNGなエイジングケアについてご紹介します。

    2020年も幸福度世界1位!今世界から注目されているフィンランドのゆとりある生き方

    結婚している方の中には、仕事と家庭の両立に日々頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか? 平日は自分も働きながら、家にまつわる家事のほとんどすべてをひとりでこなして、やることと時間に追われ疲弊している方も多いですよね…。そんな忙しすぎる日本の女性が驚くほどゆとりのある暮らしをしている国があります。それは、マリメッコやイッタラといったオシャレなブランドで有名な国というだけではなく、幸福度世界1位、ワークライフバランス世界1位と、今世界から注目されているフィンランド。そのゆとりある働き方や生き方を書籍『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』からご紹介します。

    TOP