暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

ペットボトルも空き箱も風船も!子どもは何でもペットにしてしまう【育児あるある図鑑File.36】

saitaPULS編集部

編集部voice

  • 子どものあるある行動
  • 第36回目は…
  • ペット大好き⁉

前日の全体記事ランキング

1

卵のゆで方の基本!お湯から茹でれば半熟自在!「ゆで卵」「味付け卵」「塩卵」「温泉卵」の作り方

サラダやラーメンの具材、おつまみなど、さまざまな場面で活用されるゆで卵。 基本をわかっていれば、味付け卵や塩卵と様々なアレンジが自在です。 また、いろんな料理を彩る温泉卵の作り方も合わせてご紹介します。

2

【テレビ番組の裏ワザやってみた】「花粉症」や「ハウスダスト」には掃除機のかけ方で対策できるんです!

毎年1月を過ぎると、そろそろ気になってくるのが“花粉”です。花粉症や、季節の変わり目に発症しやすいハウスダストなどのアレルギーをお持ちの方は、くしゃみや鼻水などの症状に悩まされ、つらい時期ですよね…。万全に対策をするためには、じつは、掃除の仕方にもポイントがあるのをご存知でしょうか?  生活の裏ワザを紹介する、NHKの情報番組『ガッテン!』で取り上げられた「ハウスダストアレルギー対策になる掃除機のかけ方」を実際に試してみたので、ご紹介します。

3

【ライフハック】書けなくなった油性ペンを簡単に復活させる方法!

服や文房具など自分の名前を書くのに便利な「油性ペン」。でも油性ペンって、いざ使おうと思った時に限って、ペン先が固まってインクが出ない事があります。そんな時に役立つ裏ワザをご紹介します!

4

相手に侮られないためには!?【脳科学者に聞いた!vol.108】

相手に侮られないようにすることは、とても大切です。そのための方法をお教えします。

5

卵の扱い次第で料理が劇的にウマくなる!親子丼、チャーハン、カルボナーラを紹介

卵の白身は約60度台でとろりとした状態になり、約70度を超えると固まります。 一方黄身は、60度台で粘度が増し、60度台後半〜70度で固まる性質があります。 そういった卵の性質や特徴を押さえ、扱いがわかれば、どんな料理も失敗しません! 今回は親子丼、チャーハン、カルボナーラのレシピをご紹介します。

TOP