「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

連載小説『漂うわたし』第30回 今さら孫の顔が見られるわけでもないし

カルチャー

 今さら孫の顔が見られるわけでもないし

2021.06.26

  • 【前回までのあらすじ】胆のうを取る手術を受けるかどうか迷っている麻希。同居人のモリゾウが立ち会うと言ってくれているが、バイト先のカフェのマスターに「麻酔から覚めたときに何を言うかわからない」と言われる。最後の恋人ツカサ君のことを口にするのだろうか。それとも、モリゾウの名前を呼ぶのかもしれないと意識した矢先、熊本から訪ねて来た父とモリゾウが鉢合わせていた。
記事を見る

この記事をシェア