暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

「鏡を見てショック…!」忙しいママたちの『ボディライン悩み』解決法は?

saitaPULS編集部

ふと目に入った自分の体型の変化にギョッとした…こんな経験がある女性は多いはず。実際に子育て中のママたち3名に、自身のボディラインに関するお悩みを聞いてみると、思わず「あるある…!」といってしまいたくなるような共感必至のエピソードがあがってきました。

働くママたちのリアルな声を聞いてみた!ママになってから感じる体型の変化とは?

出典:social-trend.jp
左:Hさん(35歳):Webライターとして働く一児(3歳男児)のママ。
真ん中:Mさん(32歳):営業職 として働く一児(2歳女児)のママ。育休復帰したばかり。
右:Yさん(41歳):人事職として働く一児(11歳女児)のママ。



Hさん「ママになってから、自分でも驚くぐらい体型が変わりましたね…」

Mさん「本当にそう!! 私は特にお腹まわりがたるんだり、バストの張りがなくなったりで、すっごく悩んだなあ~」

Yさん「私は仕事用のパンツを買いに行ったときに、鏡に映った自分のヒップラインが本当にショックで…。あれ以来、パンツスタイルに抵抗が出ちゃった」

(3人とも「うん、うん」とうなずき、共感している様子)

Hさん「あと、子どもをずっと抱っこしていると姿勢とか体型に影響してこない?」

Mさん「たしかに、変なところに筋肉がついたり、猫背になったりするよね。私は前かがみの姿勢が続いて骨盤に負荷がかかってしまったせいか、最近おしりまわりのシルエットが気になる…」

Yさん「うん、うん! わかる~」 

バタバタで時間が無い…!ママたちのケアの実態は?

出典:social-trend.jp

Hさん「暖かくなって露出も増えるし、夏場には子どもをプールに連れていく機会もあるから、そろそろボディラインをどうにかしないと…とは思っているんだけど。なかなか運動とかも続かなくて(笑)」

Yさん「本当にそうだよね! この前ダイエットのアプリをスマホに入れたけど、普段忙しいのもあって、なかなかモチベーション維持が難しい(涙)。最近は全然開いてないもん」

Mさん「私は整体に通ったけど、結局月に一回行ければ良いほうで…。正直なところ、今しっかりケアする余裕は無いなあ」

Hさん「ね~…」

(3人とも、「はあ~」とためいきをついて、この話題は終了…)

それぞれお悩みを抱えながらも、なかなかよい対策法に巡り合えていない様子…。子育てや家事、仕事など、忙しい毎日のなかで、体型維持へのモチベーションを維持するのも、確かに難しいですよね。

忙しいママにおすすめなのはコレ!「メディキュット 骨盤サポート ヒップアップ ガードル」

出典:social-trend.jp
「メディキュット 骨盤サポート ヒップアップ ガードル」
出典:social-trend.jp
骨盤まわりをキュッとサポートするパワーテーピング
出典:social-trend.jp
おしりにはグイっと引き上げる構造のリフトテーピングが

そんな忙しいママたちでも始められるボディライン対策として、今回お試ししてもらったのが「メディキュット 骨盤サポート ヒップアップ ガードル」! 気になる骨盤まわりをキュ!っとサポートをしながら、美しいシルエットを手に入れられる便利なアイテムです♪ まず、商品を手に取ったママたちの注目が集まったのは、内側につけられているテーピング。着圧ブランドで知られるメディキュットならではのパワーテーピングということで、「しっかりとしたホールド感を感じられそう!」「骨盤まわりが気になってたから、楽しみ!」と、期待の声が挙がりました。

実際にママたちにもはいてみてもらうと…?

出典:social-trend.jp
なめらかで高級感のあるシルキータッチの肌触り
出典:social-trend.jp
おしりを引き上げる構造のおかげで、引き締まったボディラインに導いてくれそう!
出典:social-trend.jp
気になる太ももはすっきり、ヒップサポートテーピングのおかげで、引き締まったボディラインに!
※着用による見え方には個人差があります。
※掲載写真は、同一人物・同一アウターウェアで本製品着用の有無による変化を
同日に撮影したものです。

早速はいてもらうと、ママたちならではの様々な感想が…!

Hさん「おしりにしっかりしたサポートを感じる!これなら自信を持ってパンツスタイルができるかも!」

Mさん「骨盤がしっかり支えられる感じがして、安定感があるね!」

Yさん「丁度いい!フィット感とホールド感。 生地も薄手で洋服に響きにくそうだから、いろいろなシーンで使えそう。ピシっと決めたい仕事や食事会にもいいかも」

体型崩れの悩みを抱えながらも、忙しくてなかなか対策が出来ていなかったというママたちは、「メディキュット 骨盤サポート ヒップアップ ガードル」のような心強いアイテムを活用するのも、一つの手かもしれませんね♪ 自分のライフスタイルに合わせて無理のない対策法を見つけながら、ボディラインに自信を持って色々なファッションを楽しんじゃいましょう!
購入はこちらから
(文:ソーシャルトレンドニュース編集部)
【提供:レキットベンキーザー・ジャパン】

前日の全体記事ランキング

1

苦いピーマンは大人も苦手!?ピーマンをおいしく食べるコツ&レシピ #大人の野菜克服シリーズ

子どもが野菜を嫌がって食べてくれない。そんな悩みはあるあるですよね。では大人はどうでしょう。じつは食べられない野菜がある……なんて人は結構いるのでは。食べられない野菜があることで困ったことはありませんか? そろそろ克服したい! と考えている人は、必見です! 今回は苦くて青臭いピーマン編をご紹介していきます。

2

使い終わったコーヒー"かす"はそのまま捨ててはもったいない!便利で有効な3つの活用法

コーヒーを自宅で飲んでいる方に質問です。コーヒーを飲んだ後のコーヒーかすはどうしていますか?  そのまま捨ててしまっている方は、もったいない! コーヒーかすはとっても便利に活用することができるんですよ。いつもコーヒーかすは捨てているという方に、活用法をご紹介します。

3

Twitterで話題!エアコンの機能を最大限に引き出す裏ワザが本当にすごかった!

40℃を超える日もある日本の夏は、もはやエアコン無しでは生活ができないほど。 しかし、エアコンを付けているのに全然涼しくならない時ってありますよね。そんな時に役立つ、冷房効率を上げる画期的な裏ワザをご紹介します。

4

【警視庁発】洗濯物を”早く乾かす”裏ワザを試してみた!秘密は「ペットボトル」を使うんです!

警視庁災害対策課がtwitterで発信した「洗濯物を早く乾かす裏ワザ」を実際に試してみました。 どの家庭にでもある針金ハンガーとペットボトルを使うだけで、普段より洗濯物が早く乾くというのです。 災害時だけではなく、日常生活にも使えるので知っていると役に立ちますよ! では、実際にやってみたいと思います。

5

ナス嫌いの人へ|旬のナスをおいしく食べられるコツ&レシピ #大人の野菜克服シリーズ

約4割存在することがわかった野菜嫌いの大人たち。その悩みに着目し、大人が野菜嫌いを克服することで、野菜が家庭の食卓に並ぶ機会を増やすことになり、それが家族みんなの健康的な食事につながります。 西友が展開するWE LOVE VEGETABLESキャンペーンでは、それぞれの苦手な部分を解消し、おいしく食べられるレシピを開発。 今回は皮と中身のギャップや独特の食感、ニオイが気になるナス編です。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP