「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

“シンクのくすみ”は野菜の皮でピカピカに!? 実際に試したところ…

料理・グルメ

 “シンクのくすみ”は野菜の皮でピカピカに!? 実際に試したところ…

2019.05.26

洗い物に料理に、毎日のように使うシンク内。くすみが気になりながらも、なかなかこまめな掃除ができない…! とモヤモヤしている皆さんに朗報です。
お料理ついでに、パパッと簡単に掃除ができる方法があるのを知っていますか?

毎日使うシンクのくすみが気になる…

水回りは常にきれいな状態にしておきたいと思いつつも、なかなかこまめに掃除ができない…。毎日使うシンクの中のくすみや水垢が気になっていませんか?
掃除専用のグッズをわざわざ用意しなくても、家にあるものと、“いつもなら捨ててしまうアレ”の2つがあれば、シンクをピカピカにすることができるそうなんです!

 

「じゃがいもの皮」と「食器用洗剤」の2つがあれば、シンクがピカピカに!?

シンクをピカピカにするためには、
じゃがいもの皮(1個分あれば、シンク全体が掃除できます)
食器用洗剤(容器に数ミリの高さ程度)
の2つを用意します。

じゃがいも料理をするときのついでに、いつもなら捨ててしまう皮を使って、簡単お掃除をしちゃいましょう!

「じゃがいもの皮」と「食器用洗剤」でシンクをピカピカにする方法

掃除方法も簡単です。
じゃがいもの皮を手に持ちやすい大きさにカットし、身のついていたほう(白い部分)の表面に食器用洗剤を付けます。


あとは、洗剤のついた面でシンク内を磨くだけ!


泡が出なくなるまで、ゴシゴシと磨いていきます。泡が出なくなってきたら、また新しい皮に洗剤を付けて使います。
全体を磨いたあとは、じゃがいものデンプン質が残らないように水で洗い流して終了です。

たったこれだけの作業で、本当に効果はあるの…!? と不安を感じた皆さん、これからBefore・Afterをご紹介します。

 

簡単な掃除なのに、本当にシンクがピカピカに! どうして「じゃがいもの皮」を使うといいの?

↑Before
じゃがいもの皮と食器用洗剤で掃除をする前は、全体的に暗く、もやがかったようなくすんだ状態でした。


↑After
掃除後は、ワントーン明るくなって光沢が出た印象に!
※照明の条件は、Beforeと同じです


↑Before
1番くすみ汚れが気になる排水口の部分も…


↑After
このとおり、ピカピカに! 茶色っぽい汚れも落ちています。

想像以上にピカピカになって、驚きました。何より、特別なグッズを用意せずに簡単にパパッとできるところもうれしいポイントです。

なぜ、じゃがいもの皮を使うとシンク内がピカピカになるのかというと、じゃがいもに含まれている「サポニン」という成分のおかげ。サポニンは、洗濯洗剤などにも使われ、界面活性剤の働きをします。シンクに付着した汚れを浮かせ、落ちやすくする役割を果たしてくれるそう。
食器用洗剤を使わずに、じゃがいもの皮だけでも効果が得られることもありますが、すべりをよくするためにも、洗剤があるとより効果を感じられますよ。

 

変色したスプーンでも試してみたところ…!?

複数個のじゃがいもの皮があるときには、シンクだけではなく、ついでのお手入れも!
シンクと同じステンレス製といえば、「スプーン」。長く使い、黒っぽく変色しています。


食器用洗剤をつけたじゃがいもの皮で磨くだけで、


ピカピカに!
※照明の条件はBeforeと同じです

もう捨てようかなと諦めていたカトラリーも、生まれ変わるかもしれませんよ!
じゃがいもの皮のパワー、おそるべしですね。

 

じゃがいも料理をしたときには、これからは捨てずに活用してみてくださいね。

文/グンジカナ

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。