暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

「それ、太る原因かも…」睡眠の質を下げる夏の“冷え”の徹底対策!寝具を変えればやせる!?

saitaPULS編集部

冷えは万病のもとですが、実はこの冷え、寒い冬はもちろんのこと、暑い夏でも多くの女性が感じているのです。熱帯夜が続く夏にエアコンによって生じる冷えは、入眠や質の高い眠りを妨げてしまいます。睡眠の質が下がると、ホルモンバランスが崩れ、しょっぱいものを欲したり食べ過ぎてしまったり太る原因となる可能性も…。そこで、睡眠のプロに、夏のタイプ別冷え対策を伺いました。

約85%の女性が冷えを感じている!

布団メーカーの西川が20代〜50代の女性を対象に「冷え」についてのアンケート調査を行ったところ、約85%の女性が冷えを感じていて、そのうち45%は暑い夏も含めた1年中冷えを感じているという驚きの結果が出ました。

冷えはダイエットの大敵!

出典:pixabay.com

寝苦しい熱帯夜は、熱中症対策のためにもエアコンを稼働することが好ましいと言われるようになりましたが、思った以上にカラダが冷えてしまっているもの。そして万病のもとと言われる冷えは、スムーズな入眠や質の高い眠りを妨げる原因にもなってしまいます。睡眠の質が下がると、成長ホルモンなどの分泌リズムが乱れ、しょっぱいものを欲したり、食べ過ぎてしまったりする原因にもなるので、冷えはダイエットの大敵でもあります。

無意識にカラダが冷えてしまう夏の睡眠の質を上げるために、睡眠コンサルタントの友野なおさんに、夏のタイプ別冷え対策を伺いました。

全身冷えタイプ

出典:www.nishikawa-living.co.jp
いつも冷えていて、首や肩のコリに悩まされていて、パートナーがいて寝室の温度をコントールできない人。
出典:www.nishikawa-living.co.jp
【全身冷えタイプにおすすめ】家庭用電位治療器「24+リケア」¥168,000(シングルサイズ)
出典:www.nishikawa-living.co.jp
【全身冷えタイプにおすすめ】「ISMORE 羽毛肌掛けふとん」¥20,000(シングルサイズ)

冷房が効いたオフィス、電車、パートナーがいる寝室でとにかくいつも全身が冷えているという人におすすめなのが、遠赤外線の加温機能がある敷き寝具です。「夏に加温?」と思うかもしれませんが、眠る30分前に電源を入れて布団を温めて眠るときに電源を切ったり、足元だけ温めることでスムーズな入眠を助けてくれます。
掛けふとんは、保温性に優れた羽毛がおすすめです。エアコンの冷気が直接カラダに当たらないようにするだけでなく、湿度を逃す構造になっているので夏でもムレずに快適です。

部分的な冷えタイプ

出典:www.nishikawa-living.co.jp
手足の末端など特定の部分が冷えていて、お風呂上がりに足が冷たかったり、寝起きにお腹が出て冷えている人。
出典:www.nishikawa-living.co.jp
【部分的な冷えタイプにおすすめ】吸放湿性、保温性にすぐれたシルク手袋。「SOIEAGE シルクグローブ」¥5,500(手囲い19~20㎝)

夏でも末端に冷えを感じるこのタイプの人は多いですよね。手足の部分的な冷えには、足元や指先、手先をやさしくあたためるシルクグローブやソックスがおすすめです。お風呂上がりに着用して、熱を逃がさないようにしてください。逆に眠るすこし前からは、末端からの熱放射を盛んにして深部体温を下げるとスムーズな入眠につながります。ふとんに入るときは、グローブやソックスは外しましょう。
掛けふとんは、汗を吸収してくれる天然素材のものや、熱や湿気がこもりにくい軽いものがおすすめです。

汗冷えタイプ

出典:www.nishikawa-living.co.jp
汗をかきやすく体温が高く、エアコンはあまり使わず扇風機で過ごしているけれど湿気が気になるという人。
出典:www.nishikawa-living.co.jp
【汗冷えタイプにおすすめ】ひんやり感が続く敷きパッド。「PCM® COOL BLACK(PCM90)」¥18,000(シングルサイズ)

もともとの体温が高く、暑がりや汗っかきな人は、寝ている間にかく汗で冷えてしまっている可能性があります。汗が蒸発するときに体温が奪われてカラダが冷えるので、吸水性や通気性に優れた寝具を使いましょう。さらに、ひんやりと冷感を感じられるものを選ぶと、寝苦しさが軽減されます。

エアコンなしでは寝苦しい熱帯夜ですが、涼しさを優先して無防備にベットに入ってしまうと、うまく入眠できなかったり、睡眠の質が下がることで太りやすいカラダになってしまいます。快適な室温に設定しつつ、自分なりの冷え対策で睡眠の質を向上させて、ダイエット効果も得たいですね。

前日の全体記事ランキング

1

少しの工夫でクリーニング代は大幅に節約できる! #目からウロコの洗濯豆知識③

梅雨とコロナの影響で、まだまだ家にいることが多い日々。せっかくなら、自宅クリーニングで服も気持ちもスッキリさせませんか? 今まで洗えないと思っていた、通勤用のスーツも子どもの制服も、実は家で洗えるんです。そのやり方を早速、話題の洗濯プロ集団、洗濯ブラザーズの3人に教えていただきました。

2

使い終わったコーヒー"かす"はそのまま捨ててはもったいない!便利で有効な3つの活用法

コーヒーを自宅で飲んでいる方に質問です。コーヒーを飲んだ後のコーヒーかすはどうしていますか?  そのまま捨ててしまっている方は、もったいない! コーヒーかすはとっても便利に活用することができるんですよ。いつもコーヒーかすは捨てているという方に、活用法をご紹介します。

3

【ユニクロコーデ】40代におすすめ♡「ロングシャツワンピ」で体型カバー

自粛期間中に太ってしまって、着る服がない!と困っていませんか? ワンピースは体型をカバーしてくれる上に、おしゃれに見える頼もしいアイテム。特にアラフォー世代には、体のラインをひろいにくい「シャツワンピース」がおすすめです。そのまま着たり、羽織にしたりと、着こなしの幅がひろがるのでコスパも◎。では、さっそく紹介します!

4

大人のおしゃれを格上げするアクセサリー使いのコツ #スタイリスト高橋愛の着こなしテク|vol.3

パーソナルスタイリストの高橋 愛です。 おしゃれのポイントとしてアクセサリーを使いたいけど、上手に使えていない気がする。 そんなお悩みはありませんか? アクセサリー使いにもその時のトレンドみたいなものがあります。 上手にアクセサリーを使って、ワンランク上のおしゃれを楽しんでみませんか? 今週はおしゃれ見えするアクセサリー使いのコツをお伝えします。

5

苦いピーマンは大人も苦手!?ピーマンをおいしく食べるコツ&レシピ #大人の野菜克服シリーズ

子どもが野菜を嫌がって食べてくれない。そんな悩みはあるあるですよね。では大人はどうでしょう。じつは食べられない野菜がある……なんて人は結構いるのでは。食べられない野菜があることで困ったことはありませんか? そろそろ克服したい! と考えている人は、必見です! 今回は苦くて青臭いピーマン編をご紹介していきます。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP