暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

ポーチを変えれば"迷う時間”がなくなる! 選び方のコツ3つ

saitaPULS編集部

バッグの中身を整えると、お出かけのプチストレスがなくなります。出先で必要なものをバッグから探し出したり、出かける前に中身を整頓したりする時間を短くできるからです。この記事では、お出かけのプチストレスをなくすためにバッグの中身を整える方法として、準備しやすく取り出しやすい「ポーチの選び方」をご紹介します。

【ポイント1】中身が見えるポーチを選ぼう

「中身が見えるものを選ぶ」。これがポーチの選び方のコツの1つ目です。
準備をするときも、出先で取り出すときも、中身の予測がつかないと、何度も開けて確認する手間が出てきます。
そこで、クリアポーチやメッシュポーチのような、中が透けて見える素材のポーチを選ぶと便利です。

【ポイント2】中身に合わせてポーチの大きさや形を変えよう

「中身に合わせて大きさや形を変える」。2つ目のコツは、大きさや形を変えることでどのポーチに何が入っているかをよりわかりやすくすることです。
たとえば、写真のポーチは、ダイソーのメッシュポーチシリーズです。素材が同じなので、同じ形のものを選ぶと、中身が透けるとしても、多少は見分けにくくなります。そこで、中身に合わせて大きさや形を変えてみます。すると「この形のものに入れている中身は……」と判断材料が増やせるので、選びやすくなります。

【ポイント3】中身に合わせてデザインを変えよう

中身が見やすいポーチには欠点もあります。安っぽく見える素材が多いということです。では、自分の気に入った、ちょっと高めでおしゃれなポーチを持ちたいという場合はどうしたらいいのでしょうか。ここでは2つの対策をご紹介します。
1つの方法は、基本的に中身が見えるポーチを使いつつ、お気に入りのポーチを1点投入することです。中身が見えないものでも、1点くらいなら迷わずにすみます。
2つ目の方法は、あえて、それぞれのポーチに個性をもたせること。デザインも大きさも形もすべて変えます。透ける素材を選ぶのも、大きさや形、デザインを変えるのも、他のポーチと差別化して、わかりやすくするためです。そのため、中身が透けないポーチを同じ柄のもので揃えたり、すべて同じ大きさにするなど、統一感をもたせてしまうとわかりにくくなってしまうのです。

準備しやすく取り出しやすいポーチ選びのポイントは、透ける素材を選ぶこと、大きさ・形に変化をつけること、デザインに変化をつけることの3つです。ポーチの選び方一つで、バッグの中身は劇的に使いやすくなります。

文/三條凛花 http://365kaji.blog.jp/
整理収納アドバイザー。時間の使い方を整えることで家事や片づけがラクになる方法を提案している。著書に『時間が貯まる魔法の家事ノート』(扶桑社)など。

前日の全体記事ランキング

1

新聞紙で作れる「簡易保冷剤」を警視庁が発信!緊急時に使えます!

まだまだ暑い日が続きます。 熱中症対策や予防策など、いろいろな方法が伝えられています。 そこで警視庁警備部災害対策課が発信する警視庁ツイートに、簡単で知っていると便利な熱中症対策があったので、試してみました。

2

【防災の知恵】防災グッズは絶対「水缶ポリタンク」にまとめてインすべき!いざという時持ち運びしやすい!

9月1日は「防災の日」ですね。 災害などの非常時に備えた防災グッズの準備は万端でしょうか? さまざまなグッズをまとめるために、持ち出しやすいようにリュックの中に入れたり、備蓄食品などを段ボールにまとめたりする方法をとっている方が多いと思います。 意外とかさばる防災グッズの保管場所にお悩みの皆さん、じつは「水缶ポリタンク」を活用すると、スッキリと収納することができるんです。実際に防災グッズを水缶ポリタンクの中に入れ、試してみました。

3

そうめんの新常識!?ゆで時間を倍にする「4分そうめん」が衝撃のおいしさなんです!

夏の定番といえば、やっぱり麺類! つるんと喉ごしのいい麺は、暑くて食欲が落ちているときにも食べやすいので助かりますよね。夏の麺類の定番中の定番が“そうめん”ですが、表示時間の倍の時間でゆでる「4分そうめん」で、おいしさがアップするのを知っていますか? 半信半疑で、実際に試してみました。

4

時短料理が叶う「なす」の冷凍保存法!【冷凍なす】を使った美味しすぎるマーボーなすレシピ♪

気付くと冷蔵庫の奥でしなびてしまっているなすは、早めに冷凍しておくのが正解! しかも冷凍したなすは火を入れるとすぐにしんなりするので時短料理にももつながるんです。野菜の冷凍保存にくわしい料理研究家の脇 雅世さんに、なすの冷凍のコツと、冷凍なすを使ったレシピを教えてもらいました。

5

あかぬけないリビングをおしゃれにする3つ方法|部屋のメリハリはこう作る!

モヨウ替えコンサルタントの三木智有です。 家で過ごすことも多い時期。家を快適に、おしゃれにしようと思っているのに、どうもしっくりこない。なんだかチグハグな感じでまとまりがない。どうやったらオシャレになるのかわからない。 今日はそんな方のために、簡誰にでもお部屋をオシャレにすることができる超簡単なポイントをお話します。

この記事をシェアする

TOP