暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

ポーチを変えれば"迷う時間”がなくなる! 選び方のコツ3つ

saitaPULS編集部

バッグの中身を整えると、お出かけのプチストレスがなくなります。出先で必要なものをバッグから探し出したり、出かける前に中身を整頓したりする時間を短くできるからです。この記事では、お出かけのプチストレスをなくすためにバッグの中身を整える方法として、準備しやすく取り出しやすい「ポーチの選び方」をご紹介します。

【ポイント1】中身が見えるポーチを選ぼう

「中身が見えるものを選ぶ」。これがポーチの選び方のコツの1つ目です。
準備をするときも、出先で取り出すときも、中身の予測がつかないと、何度も開けて確認する手間が出てきます。
そこで、クリアポーチやメッシュポーチのような、中が透けて見える素材のポーチを選ぶと便利です。

【ポイント2】中身に合わせてポーチの大きさや形を変えよう

「中身に合わせて大きさや形を変える」。2つ目のコツは、大きさや形を変えることでどのポーチに何が入っているかをよりわかりやすくすることです。
たとえば、写真のポーチは、ダイソーのメッシュポーチシリーズです。素材が同じなので、同じ形のものを選ぶと、中身が透けるとしても、多少は見分けにくくなります。そこで、中身に合わせて大きさや形を変えてみます。すると「この形のものに入れている中身は……」と判断材料が増やせるので、選びやすくなります。

【ポイント3】中身に合わせてデザインを変えよう

中身が見やすいポーチには欠点もあります。安っぽく見える素材が多いということです。では、自分の気に入った、ちょっと高めでおしゃれなポーチを持ちたいという場合はどうしたらいいのでしょうか。ここでは2つの対策をご紹介します。
1つの方法は、基本的に中身が見えるポーチを使いつつ、お気に入りのポーチを1点投入することです。中身が見えないものでも、1点くらいなら迷わずにすみます。
2つ目の方法は、あえて、それぞれのポーチに個性をもたせること。デザインも大きさも形もすべて変えます。透ける素材を選ぶのも、大きさや形、デザインを変えるのも、他のポーチと差別化して、わかりやすくするためです。そのため、中身が透けないポーチを同じ柄のもので揃えたり、すべて同じ大きさにするなど、統一感をもたせてしまうとわかりにくくなってしまうのです。

準備しやすく取り出しやすいポーチ選びのポイントは、透ける素材を選ぶこと、大きさ・形に変化をつけること、デザインに変化をつけることの3つです。ポーチの選び方一つで、バッグの中身は劇的に使いやすくなります。

文/三條凛花 http://365kaji.blog.jp/
整理収納アドバイザー。時間の使い方を整えることで家事や片づけがラクになる方法を提案している。著書に『時間が貯まる魔法の家事ノート』(扶桑社)など。

前日の全体記事ランキング

1

【セリア】「ブレスレット メタルバングル」のクオリティが高すぎる!これほんとに100円でいいの!?

今セリアで大人気のブレスレットがあるんです! さっそくご紹介していきますね!!

2

【しまむら】高見えする2WAYショルダーバッグがまさかの900円(税込)!?これは買うしかない!!

しまむらで人気爆発中の2WAYショルダーバッグがあるんです! それもそのはず。お値段まさかの税込900円!? さっそくご紹介しますね。

3

【ダイソー】ディズニー柄のウォールポケットが可愛いうえに便利すぎ♡おすすめの活用法も紹介します!

ダイソーではディズニー柄の収納アイテムが続々と発売されています。今回は可愛いディズニー柄ウォールポケットをご紹介させていただきます。

4

炊飯器に入れて、ほったらかしでOK!な「蒸かし芋」の作り方【動画付き】

ねっとりと甘いさつまいもが食べたくなったら、炊飯器調理がおすすめ。 火加減や焦げ付きなどを心配しながら様子を見ている必要がありません。 炊飯器にセットしてスイッチオン! あとは炊きあがりまでほったらかしで別の家事ができますよ。

5

【ダイソー】ワイヤースリッパラックがまさかの100円!?2足収納タイプで使いやすい♪

玄関にスリッパ立てって置いていますか? 筆者も買おうか検討したのですが、スリッパラックは割としっかりしたものが多く、見た目的にも掃除をするのにも重たくて動かすのが大変だと見送っていました。今回理想的なスリッパ立てを、なんとダイソーで見つけました♪ さっそくご紹介しますね!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP