暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【リュウジさんレシピ】4.7万いいねの「バター醤油さつまいもごはん」を実際に作ってみた!

shukana

“さつまいも”がおいしい時期がやってきました。お子さんがお芋掘り遠足でたくさん持って帰ってきてくれた大量のさつまいもを目の前に、どうやって消費しようか…と考え中の方も多いと思います。そこでおすすめなのが、Twitterの“バズるレシピ”でおなじみの料理研究家リュウジさん(@ore825)が考案した「バター醤油さつまいもごはん」。実際に作ってみたので、ご紹介します。

リュウジさん考案のレシピ「バター醤油さつまいもごはん」が話題!


バズレシピでおなじみの料理研究家リュウジさんがTwitterで紹介した「バター醤油さつまいもごはん」。ネーミングからして、すでにおいしそうな雰囲気をプンプンさせているレシピは、公開から10日ほどで4万7千いいねを超えるバズりっぷりです。

Twitterでは、「リュウジさんのツイート見てからずっと気になってた、さつまいもごはん作った!」「さつまいもごはん、おいしかった!2合あっという間…」「おいしすぎて写真撮るの忘れた!さつまいもホロホロでバターの風味がおいしい!」「こればっか食べて太りそう(笑)」とハマる人が続出し、話題になっています。






リュウジさん考案「バター醤油さつまいもごはん」の材料

材料(1合分)は、
・お米...1合
・さつまいも...120g
・白だし...小さじ2
・酒...小さじ1
・バター...8g
・醤油...小さじ1
です。

リュウジさん曰く、2合炊きのほうがおいしく作れるそう。2合炊きの場合は、分量を倍にしてくださいね。

「バター醤油さつまいもごはん」の作り方

作り方は、
1. 炊飯器に洗ったお米、白だし、酒を入れ、お米の合数の目盛りまで水を入れます。

2. 食べやすく、火が通りやすいサイズに切ったさつまいもを入れ、通常どおりに炊飯します。

3. 炊き上がったら、バターと醤油を入れて混ぜ、できあがり!

具材がさつまいもオンリーの、シンプルなさつまいもごはん。炊き上がりに入れたバター醤油の香りが食欲をそそり、今すぐ食べてしまいたい衝動に駆られます…!

「バター醤油さつまいもごはん」が完成!ホクホクさつまいもがたまらない♡

さつまいものホクホク感と薄めのやさしい味わいで、評判どおりに食べ出すと止まらなくなりそうです。毎日食べても飽きない味! 今回2合分で作ったわが家では、おかわりコールが止まらず、あっという間になくなってしまいました。小さなお子さんも食べやすいと思いますよ。お弁当や朝食用のおにぎりにするのもおすすめです。

家に大量のさつまいもを抱えている方、ぜひ作ってみてくださいね。さつまいもがあっという間になくなってしまうかもしれませんよ!

前日の全体記事ランキング

1

【洗濯の裏ワザ】うっかりつけたボールペンのインク汚れは「ご飯粒」が解決してくれる件!

白いシャツを着ているときに限って、汚してしまうことはありませんか? 胸ポケットに先を出したままボールペンを入れたままにしてしまったり……。 汚れの中でも、ボールペンのインクってなかなか取れないですよね。 そんな時の救世主は、以前TV番組「ソレダメ! 〜あなたの常識は非常識!?」でやっていた「ご飯粒」を使った落とし方。早速、私も試してみました。 液体洗剤と混ぜて汚れ部分にこするだけでみるみるうちに汚れが消えていくんですよ~。 驚きの方法を紹介します。

2

鶏むね肉をやわらかく仕上げるコツは?節約したいけどがっつり食べたいときのピリ辛鶏むね肉おかず2選

ヘルシー食材の代表格といえば"鶏むね肉"。 低カロリーで高たんぱく質に加えてリーズナブルなので家計にも優しいです。 その一方でパサパサの食感が苦手という人も多いのではないでしょうか? そこで、ひと手間加えるだけでふんわり仕上げることのできるワザをご紹介します。 今回は、そのワザを使って韓国風の「ヤンニョムチキン」と「タンドリーチキン 」の2品を作りたいと思います。 どちらも簡単に作れるので忙しいときにもぴったりなレシピです。

3

「酸っぱいキウイ」を甘~くする裏ワザ試してみた!「えっ、カットして冷蔵庫に入れるだけ⁉」

栄養価の高いキウイは、ビタミンCも豊富に含まれているので風邪などが流行る季節に積極的に食べたいですよね。でも酸っぱいキウイは苦手、という方も多いのでは? 酸っぱいキウイを簡単に甘くする2つの方法を試してみたので、ご紹介します!

4

【免疫力アップ】でコロナに負けない体作り!調理いらずで手軽に食べられるおすすめ第1位は?

新型コロナウイルス再流行への警戒は続いていますが、最近では経済活動が徐々に再開され、人の往来が戻りつつあります。そこで、感染から身を守るために「免疫力」への関心が高まっています。 長い自粛期間が続く中、「免疫力」を高めるために、みんなはどのような工夫をしているのでしょうか。さっそく、みんなが実際に実践している「免疫力アップ」の具体的な対策を見ていきましょう。

5

やるとやらないでは大違い!【フェイスパウダー】の塗り方のひと手間で、肌の透明感&崩れにくさがUP!

年齢を重ねるにつれ、お肌に「透明感」がなくなってきたと感じませんか? 「マスク」が手放せない今、どうしてもお顔の印象が暗くなりがちですよね。 「フェイスパウダー」の塗り方を少し工夫するだけで、お肌に「透明感」がプラスされ、お顔の印象がパッと明るくなりますよ。それでは早速、ご紹介します。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP