暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【ダイソー】「シンク片付けシート」が便利すぎ!料理するときに出る生ゴミの後片付けがラクラク♪

✨悠美✨

料理をするときって毎回かなり生ゴミが出ますよね。三角コーナーに入れておいてもいちいち袋を取り替えるのってめんどくさい…。そんなプチストレスを解消してくれる便利アイテムをダイソーで発見しました! さっそくご紹介しますね。

ダイソー「シンク片付けシート」100円+税

「シンク片付けシート」はシンクの中にシートを敷くだけで、野菜・魚・肉などの処理後の片付けが楽になる便利アイテム。シンクの汚れ防止にもなるところがうれしいですね。生ゴミはシートを丸めて、そのままポイッと捨てることができるそうです! シートの表面に小さな穴がたくさん開いているので、捨てる時に排水もできるんだとか。

ダイソー「シンク片付けシート」を実際に使ってみました!

「シンク片付けシート」は3枚入。1枚あたりの大きさは50㎝×70㎝とかなり大判です。なので、各家庭のシンクの大きさに合わせてハサミでカットして使うこともできます。筆者は、縦半分にカットし、50㎝×35㎝の大きさにして使ってみました。

シンクに「シンク片付けシート」をそのまま敷き、その上で野菜の皮や生ごみなどをどんどん落としていきます。通常材料の下ごしらえをする場合には、ごみを袋に入れたりまとめるのがけっこう手間だったりするのですが、「シンク片付けシート」が敷いてあればそこにどんどん生ごみを落としていくだけでいいので下ごしらえがとてもスムーズ♪ そしてすべての下ごしらえを終わらせたら、「シンク片付けシート」ごと一気にゴミ箱へポイっと捨てるだけです。新聞などを使って同じように作業をする方も多いかと思いますが、「シンク片付けシート」はシート全体に小さい穴がたくさん開いていて、最後に水切りした状態で捨てることもできるのでイヤ~なニオイが発生する心配もなくなりそうです♪

いかがでしたでしょうか? 料理のときのめんどうな後片付けが一瞬で終わるようになる超便利なアイテムですよ。気になった人はぜひダイソーで探してみてくださいね!

前日の全体記事ランキング

1

新聞紙で作れる「簡易保冷剤」を警視庁が発信!緊急時に使えます!

まだまだ暑い日が続きます。 熱中症対策や予防策など、いろいろな方法が伝えられています。 そこで警視庁警備部災害対策課が発信する警視庁ツイートに、簡単で知っていると便利な熱中症対策があったので、試してみました。

2

【防災の知恵】防災グッズは絶対「水缶ポリタンク」にまとめてインすべき!いざという時持ち運びしやすい!

9月1日は「防災の日」ですね。 災害などの非常時に備えた防災グッズの準備は万端でしょうか? さまざまなグッズをまとめるために、持ち出しやすいようにリュックの中に入れたり、備蓄食品などを段ボールにまとめたりする方法をとっている方が多いと思います。 意外とかさばる防災グッズの保管場所にお悩みの皆さん、じつは「水缶ポリタンク」を活用すると、スッキリと収納することができるんです。実際に防災グッズを水缶ポリタンクの中に入れ、試してみました。

3

そうめんの新常識!?ゆで時間を倍にする「4分そうめん」が衝撃のおいしさなんです!

夏の定番といえば、やっぱり麺類! つるんと喉ごしのいい麺は、暑くて食欲が落ちているときにも食べやすいので助かりますよね。夏の麺類の定番中の定番が“そうめん”ですが、表示時間の倍の時間でゆでる「4分そうめん」で、おいしさがアップするのを知っていますか? 半信半疑で、実際に試してみました。

4

【ユニクロ】ラクチンなのにきちんと見える「オープンカラーシャツ」のおすすめコーデ

夏になると楽ちんなTシャツばかり着てしまうけど、コーデによってはヨレッとだらしなく見えてしまうことも…。40代には、Tシャツよりもシャツがおすすめ。特に「オープンカラーシャツ」なら顔まわりがスッキリ見えるし、程よくきちんとした印象もあるので、オフィスカジュアルにもぴったりですよ。

5

使い終わったコーヒー"かす"はそのまま捨ててはもったいない!便利で有効な3つの活用法

コーヒーを自宅で飲んでいる方に質問です。コーヒーを飲んだ後のコーヒーかすはどうしていますか?  そのまま捨ててしまっている方は、もったいない! コーヒーかすはとっても便利に活用することができるんですよ。いつもコーヒーかすは捨てているという方に、活用法をご紹介します。

この記事をシェアする

TOP