暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【期間限定】6種類の広島産”生牡蠣”が楽しめる「オイスターバー in TAU」が開催!食べ比べてみた

saitaPULS編集部

銀座のひろしまブランドショップTAU」では11月23日の「牡蠣の日」を祝して、広島ブランドの生牡蠣が食べ比べられるイベント「オイスターバー in TAU」を開催します。11月29日〜12月1日、12月6日〜8日の期間限定。広島ブランドの生牡蠣の種類やその味わいなど、11月21日に行われた試食会の詳細をレポしていきます。

「オイスターバー in TAU」ってどんなイベント?

出典:www.photo-ac.com

「オイスターバー in TAU」のイベントは『ひろしまブランドショップTAU』の2012年のオープン当時から毎年開催している人気のイベント。今年は11月15日から第1弾がスタートし、第2弾が11月22日〜、第3弾は11月29日〜12月1日、第4弾は12月6日〜8日に開催されます。「オイスターバー in TAU」では、6種類ものラインナップを揃えた生牡蠣のほかにも、カキフライやカキのおむすびなどの料理メニューや、生牡蠣と相性のよい広島の日本酒やワインなども一緒に楽しめます。

広島県って牡蠣王国だった!

出典:www.photo-ac.com

広島県って日本最大の牡蠣産地ってご存知でしたか?2017年の全国牡蠣総生産量は約3万トンと言われており、そのうち約2万トンを広島県が占めているんだとか。2位の岡山県は約3千トンなので約6倍の生産量を誇っています。まさに、牡蠣王国の広島県。広島産のブランド牡蠣は一般的には殻は小さいけれど、その割には身が大きくぷりっとしていて濃厚で滋味あふれる味わいと磯の香りがが特徴。
そんな広島産のブランド牡蠣を今回6種類食べ比べします。

まずは創業1867年の老舗「かなわ水産」のブランド牡蠣3つを試食!

左:「先端(SENTAN)」、中:「大黒神島(オオグロカミシマ)」、右:「ひろしま」

「かなわ水産」の牡蠣は、広島県が指定する生食用かき採取海域の中でも特に水のキレイな場所で育成採取されており、キレイな水で育てることにこだわっているのだそう。

6か月育成と比較的短いため、小ぶりでたくさん食べられる「先端(SENTAN)」。食べてみると、海水の味が強めで、身の甘味が引き立っています。

18か月育成と一般的な牡蠣の育成期間と同じぐらいの「大黒神島」。塩味と甘味のバランスが良く、噛めば噛むほど旨味が口いっぱいに広がります。

20か月以上育成と生育期間が一番長い「ひろしま」。他の2つに比べて、一番身が大きくぷりっとしていて、食べ応え十分。旨味がぐっと押し寄せてくるほどインパクトがあります。

次の3種も食べ比べ!

次の3種は、左の「ファームスズキ」の「塩田熟成牡蠣(エンデンジュクセイカキ)」、中の「フルスイ」の「Zオイスター(ゼットオイスター)」、右の「三浦海産」の「三浦さんの牡蠣」です。

「ファームスズキ」の「塩田熟成牡蠣(エンデンジュクセイカキ)」は、塩田跡の養殖池(クレール)で育成。海で育てた牡蠣よりも甘味が強く、芳醇でマイルドな味わいが特徴だそう。一口食べてみると、海で育成した牡蠣よりも塩気が少なく、食べやすい。あとから甘みが押し寄せる感じです。

「フルスイ」の「Zオイスター(ゼットオイスター)」は、水揚量が少なく、希少価値の高い三津湾産の三倍体で身が大きいのが特徴。類似商品と区別するため牡蠣の殻にはハートとZが刻印されているんです。ハート型が刻印ってなんとも可愛らしいですよね。食べてみると、殻が大きいだけあって、身も大きくてぷりっぷり。食べ応え抜群!

「三浦海産」の「三浦さんの牡蠣」は栄養分の多い海域と少ないところを移動して身をふとらせたり、身入りの良い牡蠣だけを選別して水揚げするなど牡蠣の品質にこだわっているのが特徴。広島では、主に高品質スーパーや飲食店で取り扱いされている牡蠣なんだとか。こちらも大きめなので食べ応え満点!口の中にジュワーと旨味が広がります。

広島産牡蠣をふんだんに使ったメニューも!

「オイスターバー in TAU」では『ひろしまブランドショップTAU』の地下1階にある瀬戸内ダイニング 遠音近音(をちこち)で大ぶりの広島県産牡蠣を使った「牡蠣のちり鍋」、2階の広島お好み焼き 鯉々(こいこい)では、プリップリの牡蠣を山盛りに乗せたお好み焼き「マシマシ牡蠣」、3階の広島イタリアンMERI Principessaでは瀬戸内レモンの香りが爽やかなアクセントとなっている「牡蠣のレモンソーススパゲッティ」や「オイスターミスト」など、広島産牡蠣を使ったメニューが楽しめます。

「オイスターバー in TAU」
期間:第1弾11月15日~17日、第2弾11月22日~24日、第3弾11月29日~12月1日、第4弾12月6日~8日

東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング『ひろしまブランドショップTAU』1階ひろしまCAFE

広島ブランドショップTAUの公式サイトはこちら

どれも味が違って食べ応え十分なので、ぜひこの機会に広島産の牡蠣を堪能してみてください。

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

3

ハッカ油広報担当者に聞いた!猛暑をしのぐためのハッカ油の使い方3選

いよいよ夏本番。今年はマスクを着けているぶん、体感温度を高く感じそうですね。 そんなこの夏におすすめなのが、「ハッカ油」。 すっきり爽やかな香りが、夏のくらしを快適にしてくれます。 北海道北見市でハッカ油の製造卸ひと筋の株式会社北見ハッカ通商に、 ハッカ油を使った夏のくらしのアイデアを教えてもらいます。

4

ホコリだらけのデッドスペースが収納スペースに!スタイリッシュで使いやすいおすすめ収納アイテム3選

リビングテーブルの上に、いつも家族のものが置いてありごちゃごちゃ……。片付けたくても収集つかなくて困っている方もいるかもしれませんね。そんなときには、普段デットスペースになっている場所が収納スペースになるかもしれませんよ。今回はリビングに散らかりがちな小物を収納できる便利グッズをご紹介いたします。

5

エアコンをつけているときの換気は?ダイキン担当者に聞く、節電しながら上手な換気方法とは

2020年の夏は新型コロナウイルス対策としてこまめな換気が欠かせません。その一方で温かい空気が室内に流れ込み、室温が上昇することから、熱中症にも気をつけなければなりません。 そこで、今回はコロナ禍における熱中症対策と空調メーカー・ダイキンが考える夏の効率的な換気を取り上げていきます。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP