「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【良質なオイルでひと皿③】オイルも味わうレシピ…「砂肝のアヒージョ」を作ってみた!パンがススム!

料理・グルメ

 【良質なオイルでひと皿③】オイルも味わうレシピ…「砂肝のアヒージョ」を作ってみた!パンがススム!

2020.02.17

日々の暮らしに欠かせないオリーブオイル

スーパーでも豊富に種類が揃っているオリーブオイル。
サラダにパスタにマリネにと、日々の暮らしに欠かせないオイルです。
オリーブの果実をしぼってろ過した、化学的な処理をしていないエクストラバー ジンオリーブオイルを選びましょう。

本物のEXバージンオリーブオイルは酸度が 0.8%以下。
店頭で判断できるのは、ラベルの表示や、酸化を防ぐため色の濃い瓶に入っていること、安すぎない価格などです。
(100㎖=300円以上するもの)

また酸化が進むため、早めに使いきれるサイズのものを選ぶこともポイントです。

オリーブオイルで砂肝のオイル煮

たっぷりのオイルにうまみが溶け出す

弱火にかけ、フツフツするくらいの状態で15〜20分煮る。

材料


(2人分)
砂肝        150g
にんにく      1片
赤唐辛子      1本
イタリアンパセリ  適量
バゲット      適量
塩、黒こしょう、オリーブオイル

作り方


❶ 砂肝は半分に切り、白い部分を包丁でとり除く。
 塩小さじ1/3をふって30分ほど置く。
 キッチンペーパーで水けを拭きとり、黒こしょう適量をふる。

❷ 耐熱皿か鍋に❶と半分に切ってつぶしたにんにく、赤唐辛子を入れ、オリーブオイルをひたひたになるまで注ぐ。
 弱火にかけ、フツフツしてから15〜20分ほど煮る。

❸ 仕上げに刻んだイタリアンパセリを散らし、バゲットを添える。

私たちの身体に欠かせない油。
毎日摂るものだからこそ、いいものをきちんと摂りたいですね。
いい油を使っていれば、素材と一緒に油そのものを味わうアヒージョやオイル蒸しも美味しくいただくことができますよ。

お話を伺ったのは:藤田紘一郎先生
医学博士 東京医科歯科大学名誉教授。油と健康に関する著書、監修本が多数。

お話を伺ったのは:青木絵麻さん
東京、浅草橋の老舗・金田油店 店長。油に関する豊富な知識をもつ。

レシピ・調理/吉沼弓美子さん

『saita』2017年5月号より抜粋

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。