「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

なぜ「レジ袋有料化」?使うだけで社会貢献・環境保護につながるエコバッグ3選

ライフスタイル

riccieveryday.stores.jp
 なぜ「レジ袋有料化」?使うだけで社会貢献・環境保護につながるエコバッグ3選

2020.06.29

2020年7月にレジ袋全面有料化となり、今ますます注目をされているのがエコバッグ。しかし、そもそもなぜレジ袋が有料化になったのか知っていますか?
そういった背景を考えていくと、エコバッグを使う意義がより深まるかもしれません。今回は、使っているだけで、環境保護や社会貢献につながるエコバッグを紹介していきましょう。

なぜレジ袋は無料ではなくなったのか?

出典:www.photo-ac.com

2020年7月から日本全国でレジ袋が有料化されることが決定しています。お店ごとに価格設定は異なりますが、おおよそ2~5円が相場とされています。
そもそも、なぜレジ袋が有料になることになったのでしょうか。

日本は「一人当たりの使い捨てプラスチックごみ発生量」でアメリカに次いで世界2位とされ、日本人は1人あたり1日約1枚のレジ袋をゴミにしていると環境省の報告もあります。

しかし、「プラスチックは自然に還らない」「海洋生物が誤って食べてしまう」「ごみの増加」「焼却処分が地球温暖化につながる」「石油資源の大量消費」といった観点から環境に大きな影響を与え、深刻な問題となっていました。

2000年代はじめごろからヨーロッパではレジ袋有料化とする国が増え、その流れは世界中に広まっていきました。今ではレジ袋配布が全面禁止となる国も少なくありません。

日本もプラごみを減らす取り組みとして廃棄量の抑制、リサイクルの促進、新素材の開発などを進めていましたが、2020年ついに「レジ袋の有料化」をスタートすることになったのです。

日々の買い物でレジ袋を毎回「買う」ことになれば、積もり積もってコスト的に消費者の大きな負担となりかねませんが、エコバッグを持ち歩き、買い物のたびに利用すれば、長期的にみると大きな節約にもなり、環境保護にもつながります。

次の項からは、より環境保護や社会貢献につながるエコバッグを紹介しきます。

JR東日本直営店舗でエコバッグ配布キャンペーン

出典:j-retail.jp

出典:www.snowpeak.co.jp

現在、JR東日本グループでは、500円以上の買い物をすると新潟発のアウトドアブランド「Snow Peak」がデザイン監修をしたエコバッグを50万個プレゼントするキャンペーンを実施しています。

レジ袋削減を通じたプラスチック削減への理解促進もめざし、JR東日本と服の回収からリサイクル、再生素材を使った洋服の販売までを行うブランド「BRING™」を運営する日本環境設計株式会社、スノーピークの3社にて共同で企画・制作。素材にはペットボトルから再生した生地を使用しています。

【概要】

■配布日時
・第1弾 2020年6月16日(火)より実施中

・第2弾 2020年6月23日(火)開店時より

※なくなり次第終了となります。

■エコバッグ詳細
新潟発のアウトドアブランド「Snow Peak」とのコラボバッグ

サイズ:タテ33㎝×ヨコ31㎝×マチ7㎝(A4サイズ相当)

カラー:カーキ、キャメル ※色は選べません。

■配布条件
1会計につき税込500円以上の買い物で1点配布。

対象外の買い物や注意事項があります。
お気を付けください!

■配布店舗
一部のNewDays及びBOOK EXPRESS・くすりSTATION等の専門店など

エコバッグ配布店舗はこちら!

エコバッグでウガンダの女性を支援

出典:riccieveryday.stores.jp

出典:riccieveryday.stores.jp

ウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY」(リッチー・エブリデイ)は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな布地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグやインテリアアイテム、アパレルを展開しているウガンダのライフスタイルブランドです。

そんなRICCI EVERYDAYでも、環境に優しいお買い物をサポートする「エコバッグシリーズ」を日本直営店「RICCI EVERYDAY The Hill」及び公式オンラインストアにおいて販売開始。
製品はすべて、ウガンダの直営工房において手仕事により生産されています。工房ではシングルマザーをはじめ社会的に疎外されがちな女性たちを積極的に採用することで、彼女たちの自信と誇りを醸成することを目指しており、このエコバッグを買い、使用することでウガンダの女性たちを支援することにもつながります。
アフリカンな色合い、柄も魅力的でエコバッグとしてだけでなく、普段使いしてもかわいいかもしれません。

こちらから購入できます!

100%ペットボトルから作られたロンドン生まれのエコバッグ

出典:diamond.gr.jp

出典:diamond.gr.jp

エコバッグブランド“KIND BAG(カインドバッグ)”は、英国発エコバッグブランド。「使用済みペットボトルで作った美しいバッグが、1 兆枚の使い捨てレジ袋に一部でもとってかわる事」をミッションに掲げています。

KIND BAGは、100%使用済みペットボトルを再生した生地で作られたエコバッグで6本のペットボトルから1枚のエコバッグが作られています。また50gという軽さなので、持ち運びにも便利。耐久性は20Kgで普段のお買い物から旅行まで幅広く使用できます。カラフルな色使い、ヨーロッパ的なデザインはファッショナブルなデザインは、男女問わずさまざまな人のライフスタイルにもフィットしそうです。

バッグ自体が環境に優しいリサイクルエコバッグなので、レジ袋使用頻度を減らしながらプラスチック廃棄物を削減に大きく貢献できます。

こちらから購入ができます!

プラスチックは、軽くて丈夫で密閉性も高く、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に密着し、非常に便利な素材です。
一方で、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化、廃棄物・資源制約などの問題を抱えており、消費者である私たちは、プラスチックの過度な使用を抑えていく必要があります。2020年7月からのレジ袋有料化に伴い、少しずつ買い物のスタイルを変化させていくタイミングかもしれません。エコバッグの使用も1つの社会貢献、環境保護と考えて、私たちのライフスタイルを見直していくきっかけにしていきたいですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。


著者

全力モーション

全力モーション

スポーツ雑誌記者、編集者を経てフリーのライター、編集者になり、夫との事業で映像制作も行っています。