暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

子ども部屋は何歳になったら作るといいのか #家族のステージに合った家づくり

三木智有

「自分の部屋が欲しい」小学生になって、お子さんがそう言い始めるご家庭もあると思います。でも「まだうちの子はひとりで眠れないし」「お部屋をつくったらそこで勉強してくれるかな」といろいろ考えますよね。

今回は、お子さんの成長に合わせた子ども部屋つくりのガイドラインをご紹介します!

せっかく作ったのに、子ども部屋が物置に!?

いろんな子育て家庭にうかがっていると子ども部屋を上手に活用できていないというお悩みをよく聞きます。
とくに多いのは、そこで勉強をしてくれない、夜怖がってひとりで寝てくれない、散らかって片付かない、というもの。

じつは子ども部屋って使いこなすのが案外難しいのです。
そこで、お子さんの成長に合わせて少しずつお部屋の役割をステップアップさせていくことをおすすめしています。

10歳くらいまでは身支度とひとり寝の練習スペースとして!

子ども部屋をつくるとなると、まず学習デスク、ベッド、衣類収納、本棚、などすべての要素を盛り込んで完成させると思います。
でもそれだと、部屋でやることが多すぎて小さいお子さんだと寂しさを感じてしまうことも。いきなりすべて自立するというのはもしかしたらハードルが高いかもしれません。

そこで、最初に用意してあげるのはベッドと本棚。

つまり「寝室」としてお部屋をスタートさせるのです。
低学年のうちはリビング学習をするご家庭も多いと思うので、使わない学習デスクは置かずに眠ったり、身支度や自分の物を片付けたりする練習をするための部屋にしましょう。

10歳、と書いていますがお子さんによって個性があります。
もっと早く次のステップに行ってもいいし、もっと遅くてもいいのです。お子さんの様子をよく観察しながら次のステップに進んでください。

「部屋で勉強したい!」と言い出したらデスクを準備してあげよう!

大切なのは、お子さんのペースに合わせてお部屋をつくっていくこと。

リビング学習ではなく「自分の部屋で勉強したい」というようになったら、その時に勉強机を準備してあげるといいでしょう。お子さんのメッセージは、デスクをちゃんと使いこなせるイメージができているよ、という合図なんです。

子ども部屋は「自立」の第一歩

ひとことにお部屋づくりと言っても「つくった部屋を子どもに与える」というのではなく「子どもを観察しながら、話し合いをしながら一緒につくっていく」と気持ちよく使うようになります。
子ども部屋は、寝たり勉強をしたりするだけではありません。そこは子ども自身が自分と向き合ったり、空想にふけったりと自立に向けて心の準備をする空間でもあります。
いっしょに、心地よいお部屋を考えてあげてください。

三木 智有
NPO法人tadaima!代表 日本唯一の家事シェア研究家 子育て家庭のためのモヨウ替えコンサルタント。
NPO法人tadaima!:http://npotadaima.com/

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

【料理の裏ワザ】とうもろこしの粒をズババッとあっという間に取る方法【動画付き】

夏に美味しいとうもろこしは、加熱したあと、丸ごとかぶりついて食べるのが最高ですが、粒を切り離して、様々な料理に活用、調理することもありますよね。 その時に気になるのが、どうやって芯から切り離すのか… そこで今回は、とうもろこしの実を無駄にせず、簡単かつスピーディに芯から切り離す方法をご紹介します。

3

”冷凍トースト”が忙しい朝を変える!具材をのせて冷凍するだけ!朝は焼くだけのラクちん朝食

みなさん、食パンの保存方法ってどうしていますか? 食パンの保存方法に適しているのは冷凍といわれています。 食パンをラップに包んで冷凍するときにちょっとひと手間加えてみませんか? 好きな具材をのせて冷凍しておけば、食べたいときにそのまま焼くだけで大満足なトーストが食べられちゃいます。 忙しい朝に大活躍まちがいなし!

4

母親になってから窮屈だと感じたことがある人へ。「母親だからという呪縛」は華麗にスルーがちょうどいい

子どもを産んでから、大人になってから、「なんとなくこうしなきゃ」という呪縛にかかっている人は多いものです。 例えば、「ご飯は手作り」「家事の主体は女性」。やりたくてやっているならOKですが、不満に思いながらも「自分の母親もやっていたし」と思って我慢しているなら、そろそろその価値観を手放してもいい頃かもしれません。 常に「自分はどうしたいか」と向き合いながら生きてきた、経済評論家の勝間和代さんとバリキャリ金融女子の川村真木子さんの対談から、皆さんに「母親・女性像の呪縛からの解放」についてお届けします。

5

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP