スポンジは”浮かせて保管”が衛生的!【ダイソー】【セリア】のスポンジを浮かせて置ける便利グッズ3選

家のこと

2020.11.09

キッチンなどのスポンジの定位置って決めていますか? 見えない場所にしまっているとスポンジがいつのまにかカビていたり、かごや入れ物自体の手入れが大変なことも。
今回は手軽に使えてストレスフリーな、スポンジ収納方法をご紹介させていただきます。

広告

1.引っかけるだけ!水切れのいい「スポンジホルダー」

ダイソー「引っ掛けるだけ!水ギレの良いスポンジホルダー」ダイソー
「引っ掛けるだけ!水ギレの良いスポンジホルダー」

ダイソー「引っ掛けるだけ!水ギレの良いスポンジホルダー」シンプルなステンレス鋼でできたこちらのアイテム。
スポンジをツメに引っかけるだけで収納できるスポンジホルダーです。

ダイソー「引っ掛けるだけ!水ギレの良いスポンジホルダー」裏側のシールをはがしたら

ダイソー「引っ掛けるだけ!水ギレの良いスポンジホルダー」はるだけ!
浮かせて使用したい場合は、猫の首を曲げてから貼り付けます。

ダイソー「引っ掛けるだけ!水ギレの良いスポンジホルダー」スポンジを浮かせて引っかけることができます!

ダイソー「引っ掛けるだけ!水ギレの良いスポンジホルダー」水ギレがよく、衛生的です。
キッチンシンクも無駄なくスッキリ。シンプル派にもおすすめです。

シンプルながらかわいいネコのスポンジホルダーです。
折り曲げて使えばスポンジを浮かせて収納できるから、水ギレがよく衛生的に使えます。
シンク周りをごちゃごちゃさせたくない方にもおすすめですよ。

2.繰り返し使えてコスパも◎!「キャッチフック」

ダイソー「キャッチフック」ダイソー「キャッチフック」
2個入りなのでコスパもよく、貼ってはがせて何度も使える優れもの。

ダイソー「キャッチフック」シンクにペタッとはりつけたら、

ダイソー「キャッチフック」スポンジをワンタッチで保管できます。

ダイソー「キャッチフック」水もそのまま流れてくれます。シンクもスッキリ!
ネコの顔がちょこんと覗いているのがかわいくて癒されます。

ダイソー「キャッチフック」シンクだけでなく、壁に貼れば、

ダイソー「キャッチフック」ふきんもワンタッチで保管できますよ!

かわいいネコがしっかりスポンジをキャッチしてくれるので、手軽に保管が叶います。無駄がないのでシンクもスッキリ、衛生的です。
スポンジだけでなく、ふきん、浴槽クリーナー、ボディタオルなど幅広く使えますよ!
キャッチフックは各100均でも様々なキャラクター、デザインが売っているのでお気に入りが見つかるはず!

3.インテリアを邪魔しない「フィルムフック」

セリア「何度でも貼ってはがせる フィルムフック 水が切れる石けんトレー」セリア「何度でも貼ってはがせる フィルムフック 水が切れる石けんトレー」

セリア「何度でも貼ってはがせる フィルムフック 水が切れる石けんトレー」透明でおしゃれなフィルム。

セリア「何度でも貼ってはがせる フィルムフック 水が切れる石けんトレー」筆者は洗面台で使っています。

セリア「何度でも貼ってはがせる フィルムフック 水が切れる石けんトレー」小さめのスポンジや、半分にカットしたスポンジ。

セリア「何度でも貼ってはがせる フィルムフック 水が切れる石けんトレー」こちらを収納することができます。
水ギレが良いから、衛生的に保てます。

セリア「何度でも貼ってはがせる フィルムフック 水が切れる石けんトレー」洗面台は真っ白で統一しているので、シンプルなフィルムフックがぴったり!
毎日サッと掃除をしたいのですぐに手に取れて助かります。

石けんトレーなのですが、小さめのスポンジやカットしたスポンジであれば収納ができます。
インテリアを邪魔したくない、できるだけシンプルなデザインが欲しいと言う方にはこちらがおすすめです。
こちらも水ギレがよく衛生的に保管できます。
スッキリ収納ができるので、すぐに手に取れてお掃除もサッと終わらせられて、洗面台のキレイをいつも保てます。

いかがでしたでしょうか。
スポンジを浮かせて保管することで、水ギレがよくなり衛生的に保管できますよ。見た目もぐっとシンプルになり、余計なお掃除も増えないのでおすすめです。
ぜひお近くの100均でチェックしてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

著者

erika

erika

お家で過ごす時間が大好きなので、家族や友人と楽しく過ごせる家作りを目指しています。 インテリアだけでなく、収納や整理整頓、栄養士免許も持っているので身体に優しい食事のこと、毎日を健やかに穏やかに、楽しく過ごせる情報を発信していけたらと思っています。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告