「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

徹底比較!1100円以下の人気フェイスマスク5種類「肌の水分量チェッカー」で1時間後の肌水分量を比較

心と体

 【徹底比較】保湿力、フィット感、コスパに満足の「フェイスマスク」はどれ?大人肌向けの商品をピックアップ!

2021.03.28

乾燥して化粧ノリが悪いなど、肌にまつわる悩みを抱えやすい季節の変わり目。それに加え、withマスク生活が続いていたり、年齢による肌質の変化に戸惑っていたり......。肌のコンディションを整えたいところですよね。 そこで、普段のスキンケアにプラスしたいのが「フェイスマスク」です。今回は、大手メーカーのフェイスマスク5種類を比較し、それぞれの商品特長や使用感をまとめてみました。顔にぴったりフィットして保湿力が高く、コスパがいいのは.....?

保湿力、フィット感がある「フェイスマスク」はどれ? 今回比較したのは、こちらの5種類!

季節の変わり目などの環境の変化はもちろん、年を重ねるごとに「乾燥が気になる」「ハリがなくなってきた」「キメが粗くなってきた」など、年齢による肌の変化も気になるところ……。自宅で手軽にできるセルフケアで対策し、自信のもてる素肌づくりを心がけておきたいですよね。

「フェイスマスク」比較商品ラインナップ
そこで今回比較したフェイスマスクは、

  • ダイソー「フェイスマスク 桃セラミド配合マスク」
  • 石澤研究所「毛穴撫子 お米のマスク」
  • スタイリングライフ・ホールディングス「サボリーノ オトナプラス 夜用チャージフルマスク<フェイスマスク>」
  • グライド・エンタープライズ「ルルルンプレシャス RED」
  • Mediheal(メディヒール)「N.M.FアクアアンプルマスクJEX」

の5種類です。
すべて高保湿タイプ、100円ショップやドラッグストアなどで1000円程度までで購入できる商品をそろえました。

比較する項目は、

1.1枚あたりの単価
2.フィット感

3.エッセンスのヒタヒタ具合/保湿力

4.つける時間

の4つ。

夜の洗顔後に使用した状態で比較しました。
※使用目安の時間に幅がある場合は、その中央値で使用。
※保湿力は、フェイスマスクの使用後に軽くハンドプレスをしてなじませてから5分後、1時間後にスキンチェッカーを使用し、それぞれ肌の水分量を計測。

それでは、各商品の特徴と比較結果をご紹介します。

桃の香りでリラックス効果あり! ダイソー「桃セラミド配合マスク」

ダイソー「フェイス 桃セラミド配合マスク」
ダイソー「フェイスマスク 桃セラミド配合マスク
価格: 110円
枚数: 3枚入

ダイソー「フェイス 桃セラミド配合マスク」成分表
<使用方法、使用上の注意、成分表など>

ダイソー「フェイス 桃セラミド配合マスク」マスクの形状
<マスクの形状>

ダイソー「フェイス 桃セラミド配合マスク」フィット感
<フィット感>

ダイソー「フェイス 桃セラミド配合マスク」エッセンスの量
<エッセンスの量>

ダイソー「フェイス 桃セラミド配合マスク」保湿力結果
<スキンチェッカーの水分量結果>

数種類のバリエーションが展開されているダイソーのフェイスマスクからは、「高保湿タイプ」と書かれた「フェイスマスク 桃セラミド配合マスク」をピックアップしました。
「桃セラミド※」配合で、桃の甘い香りがします。
※フィトステリルグルコシド/グルコシルセラミド(保湿成分)
 洗顔→化粧水の後に使用し、マスクを外した後は乳液をつけて仕上げます。

1.1枚あたりの単価
1枚あたり、36.7円。5つの中で最安値です。

2.フィット感
生地: しっかり厚め。5つの中では硬い質感です。
サイズ: タテ(約)20cm、ヨコ(約)22cm。
切り込み箇所: ほほ~あごの中間の位置に、斜めに左右1か所ずつ入っています。
目元、鼻、口元、フェイスライン、それぞれのパーツにフィットします。ただし、生地が硬いことが影響してか、フェイスラインの余った部分からは多少めくれやすいです。

3.エッセンスのヒタヒタ具合/保湿力
マスク込みの重さ: 17g。
エッセンスの量:記載はありませんが、手にしたたるヒタヒタ具合です。
5分後の肌の水分量は+11で保湿されたように感じましたが、1時間後には使用前の+3の状態までダウン。保湿のキープ力は△です。

4.つける時間
5~20分が目安です。肌の状態に合わせて調節します。

《こんな方におすすめ!》

  • プチプラ重視の方。
  • 香りでリラックス効果を得たい方。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

shukana

shukana

小学生、幼稚園児の男の子のママ。出産前まで紳士服業界に携わり、TES(繊維製品品質管理士)の資格を取得。 暮らしをより楽しく、よりラクに過ごすための方法を日々模索中です。

この記事をシェア