意外と汚れてる「製氷機」の“水アカ・黒ずみ”を1回33円でごっそり落とす方法

家のこと

2023.10.03

夏に大活躍した「製氷機」。 目には見えなくても、汚れがごっそり溜まっているかもしれません。 手間がかかりそうな製氷機も、ダイソーの便利グッズを使えば手間なく簡単に掃除できますよ。

広告

製氷機は意外と汚れやすい

製氷機出典:stock.adobe.com

基本的に製氷機には水しか使いません。
しかしそれでも、使っていくうちに汚れが溜まり、水アカや黒ずみが発生することもあります。
「氷が臭う」と感じたら、要注意。
給水タンクや製氷機に、カビ・雑菌が繁殖しているかもしれません。

衛生を保つには、製氷機の洗浄を定期的に行うことが大切です。

ダイソーの「氷Clean」で掃除もラクチン

ダイソーの氷Clean

氷Cleanパッケージ裏面

製氷機の掃除となると、ちょっと手間がかかりそうなのがネック。
でも大丈夫!ダイソーの「氷Clean」を使えば、簡単に除菌&洗浄が叶います。

氷CLEANの粉末

1袋(税込110円)に3回分の洗浄剤が入っているので、1回あたり約36円。
「さすがダイソー!」と言いたくなるコスパの良さです。

洗浄成分は、クエン酸と食品添加物の色素(赤色)のみ。
色素の赤色で洗浄が終わったか確認できるので、はじめて製氷機の掃除をする方も安心です。

製氷機を掃除してみた

ダイソーの氷cleanを使って、ひと夏使ったわが家の製氷機を掃除してみました!

手順1.製氷機内の氷と水、浄水フィルターを取りはずして中身をからっぽにします。

フィルター・ふたを外した製氷機

浄水フィルターの取りはずし方は、取扱説明書で確認しましょう。
※冷蔵庫の機種によっては、フィルターがついていない場合もあります。

氷を入れた食品保存袋

氷は食品用保存袋に入れて冷凍庫に移しておくと、洗浄中も氷に困らないのでおすすめです。

手順2.給水タンクに、水300mlと氷Clean(洗浄剤)を1包入れます。

タンクに氷Cleanの粉末を入れる

手順3.粉末が残らないように、スプーンなどでしっかり混ぜます。

水を入れてスプーンで混ぜる

少し粉っぽいので、溶け残りがないようにしっかり混ぜてください。

手順4.給水タンクをセットして、通常通り洗浄します。

給水タンクをセットする

手順5.誤って氷を食べてしまわないよう、冷凍庫に「洗浄中」のシールを貼ります。

洗浄中のシール

洗浄中のシールは、氷Cleanパッケージのテープ部分にあります。


はさみで切りとって、冷蔵庫の扉など目立つ場所に貼ってください。冷蔵庫ドアにシールを貼る

手順6.ピンク色の氷がなくなるまで、製氷をします。

洗浄中にできたピンク色の氷

洗浄中の氷がこちら!きれいなピンクです。
この氷を見た子どもたちは、「おいしそう~!!!」とまさかの一言。
小さいお子さんがいる方は、誤って食べないように注意してください。

手順7.給水タンクの水がなくなったら、水道水を入れて製氷します。

ピンク色の洗浄水がなくなっても、タンク1杯の洗浄水で製氷し、「すすぎ」をします。

これで、製氷機の洗浄&除菌は完了です!

製氷機をきれいにしよう

手順で説明すると長いようですが、やっていることは「製氷するだけ」。
わが家の冷蔵庫の場合、ピンク色の氷は3回目でなくなったので、すすぎ分を入れると4~5回目の製氷で洗浄が終わります。

洗浄には約1日かかりますが、製氷中(掃除)は冷蔵庫が働いてくれるのでとってもラクでした。

この夏フル活用した製氷機の掃除がまだ済んでいない方は、ぜひダイソーの「氷Clean」をぜひ試してみてください。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

クリンネスト1級の資格を保有し、お掃除のプロとして掃除の知識と技術を発信する、子ども3人のママライター。時短家事スペシャリストを受講し、家事や仕事で忙しい人でも「簡単にできるお掃除方法」を得意とする。 また、節約生活スペシャリストとして、食費2万円台で暮らす節約術や、ふるさと納税、業務スーパーのお買い物術などみんなが知りたい情報をいちはやくキャッチしお伝えしています。 腸活アドバイザーの資格を活かし、節約術だけでなく、カラダにいい食費節約術も発信中。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告