「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

残り湯で簡単お手入れ!気になるお風呂のおもちゃの汚れは○○を使うと取れやすくなる!

家族・人間関係

 残り湯で簡単お手入れ!気になるお風呂のおもちゃの汚れは○○を使うと取れやすくなる!

2016.11.06

寒くなってくると、身体を温めるために子どもとのお風呂タイムも少し長めになってくると思います。お風呂タイムのお供のおもちゃ…ぬめりが気になりませんか?そんな時、簡単にお手入れ出来る方法をご紹介します。


用意するのはコレ!どうして?

重曹(炭酸水素ナトリウム)が使えるんです!
以前は臭い対策としてこちらの記事でご紹介させて頂きました。

ふくらし粉やアク抜きとしてお料理に使うことが多かった重曹ですが、最近はお掃除用品として紹介されることも増えていますよね。まさに魔法のパウダーです。
重曹はアルカリ性なので、水垢などの酸性の汚れに対して中和して汚れを落としてくれるとされています。

浴槽で簡単に安全に出来ます!

お風呂のおもちゃの汚れ、ぬめりを取る方法はとっても簡単です。
浴槽の半分程の残り湯重曹大さじ3〜4程度入れてかき混ぜ、おもちゃを数時間漬け置きするだけ!
取り出したらシャワーで流してタオルで拭いたり、使い古しの歯ブラシで軽く擦るだけであっという間にピカピカに。
比較写真が載せられませんが(Before写真を載せる勇気はありませんでした…)、特にぬめりが気になるおもちゃの裏側もこの通りキレイになりました。

小さなお子さんだとおもちゃを口に入れるかもしれないので、洗剤を使うとすすぎ切れるか心配…
お料理にも使える重曹は、そんなママにも安全でオススメの方法です。
(クエン酸であるお酢を併用する方法もあります。)

いかがでしたか?
ピカピカのおもちゃで楽しいお風呂タイムを過ごして下さいね!

著者

shukana

shukana

小学生、幼稚園児の男の子のママ。出産前まで紳士服業界に携わり、TES(繊維製品品質管理士)の資格を取得。 暮らしをより楽しく、よりラクに過ごすための方法を日々模索中です。

この記事をシェア