「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【子供とソウル旅行】明洞より江南でのステイがおすすめな理由

カルチャー

 【子供とソウル旅行】明洞より江南でのステイがおすすめな理由

2015.11.25

冬休みが近づいてきて、ご旅行を考えていらっしゃるママさんも多いのではないでしょうか?今回はフライト時間が短く、日本語がよく通じ、幼児連れでも観光をしやすいソウルのオススメホテルと観光スポットをご紹介します。「ソウル=明洞(ミョンドン)」とイメージを持たれる方が大半だと思いますが、実は子連れには静かな江南(カンナム)の方がママにとっても、子供にとっても負担が少ない穴場のエリアなのです!最後に幼児連れのソウル旅行の楽しみ方の裏技もお教えしたいと思います。

小さな子供とのソウル旅行は江南のホテルに宿泊を!

ソウル旅行というと明洞を思い浮かべる方が多いと思いますが、明洞は観光客で混雑しているので、幼児連れには少し不向きだと思います。今回、ご紹介するいちおしのホテルは、交通の便が良く、レストラン街やコンビニも近くにある「ベストウエスタン・プレミア・カンナム」です。ベストウエスタン・プレミア・カンナムは2004年にできた四つ星のビジネスホテルで、全室で無料Wifiのインターネットが利用できるので、現地で観光スポットやレストランを検索をすることもできます。また、仁川空港からリムジンバスが利用でき、金浦からは地下鉄で乗り換えがないのでとっても便利な立地です。
江南地区はビジネス街ですが、ホテルの近くには江南メインストリート(繁華街)や新沙駅、アプクジョン洞などの観光地があり、退屈しません。また、ロッテワールドモールやコエックスモールも近く、子連れには静かで優しいエリアです。ベストウエスタン・プレミア・カンナムは客室がとっても清潔で、日本人のスタッフもいらっしゃいますし、英語も通じるので、安心して宿泊をすることができます。画像はホテルから徒歩すぐのレストラン街、カフェ、ホテルの客室からの景色になります。

以下がベストウエスタン・プレミア・カンナムの口コミのホームページのURLになります。
http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g294197-d518444-Reviews-BEST_WESTERN_Premier_Gangnam-Seoul.html

コエックスモールを観光するのがオススメ!!

「コエックスモール」は江南にあるレストラン、水族館、博物館などが入った総合アミューズメントスポットです。ファッションから雑貨まで全てが揃っている施設なので、一日楽しむことができます。また、ロッテ免税店COEX店とも直結しているので、ショッピングを楽しみたいママさんにもオススメのショッピングモールです。コエックスモールの水族館は韓国最大規模なので、パパと子供達は水族館で楽しんでもらい、その間にママはゆっくりとロッテ免税店でお買い物をすることもできます☆館内は化粧室も清潔で、雨でも寒くても快適に過ごすことができるので、子連れのソウル旅行は明洞ではなく、江南エリアを散策される方がママの負担も少なくなると思います!画像はコエックスモールの中にあるカフェの可愛いコーヒーアートです。

以下がコエックスモールについて書かれた情報のホームページのURLになります。
http://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=1242

小さな子供と一緒でも安心して焼肉を食べる裏技!!

韓国といえば「焼肉」が有名ですが、二歳前後のお子さん連れでは火傷が心配で、ママはゆっくりと食事を食べることができないと思います。そこで、ママも韓国で焼肉をのんびりと堪能する裏技をお教えしたいと思います。それは、「焼肉を全て厨房で焼いて食べるサイズに切ってもらってから、テーブルに運んでいただくようスタッフにお願いすること」です!子供の火傷はとっても危険なので、恥ずかしがらずにお店の方にしっかりと伝えましょう!画像は実際にお肉を焼いてカットしてから運んでいただいたものです。焼肉を焼きながら食べる楽しみはなくなってしまいますが、ママも子供も安全に焼肉を楽しむことができるオススメの裏技です☆韓国は日本語が通じるレストランが多いですし、お店の方も笑顔で対応してくださいました。

いかがでしたか?この冬休みに子連れでソウル旅行を計画中の方、ぜひ静かな江南エリアのホテルもご検討ください!特に未就学児連れの明洞は人ごみで、移動だけで疲れてしまうと思います。江南のコエックスモールは冷暖房が効き、館内で一日楽しめる一押しの観光スポットなので、こちらもぜひチェックをされてください。江南は明洞から少し距離がありますが、地下鉄を利用して明洞へも足を伸ばせますし、子連れには優しい穴場のエリアだと思います!

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア