「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

「得する人損する人」のステーキを柔らかくする裏ワザをやってみた

料理・グルメ

 「得する人損する人」のステーキを柔らかくする裏ワザをやってみた

2018.07.10

バラエティ番組、「得する人損する人」で紹介していた
スーパーの特売のステーキ肉でも
やわらかく焼ける方法を実際にやってみました♡

特売のお肉がおいしく焼けたらこれはもう
文句なしですよね!
家族も喜ぶハッピーな裏ワザです!!

やり方はとっても簡単!

一番最初に必要なのはこちら!
安売りしていたお肉で構いません
それと、ジッパー付保存袋とキッチンペーパー!
いきましょう!!
まず、お肉を袋に入れちゃいます
複数枚あるときも一枚ずつです

出来る限りの空気を抜いて、袋はしっかり閉じます

入れたらとりあえずこれは置いといて…

次は50度のお湯を作って、まさかの…湯煎です!

50度のお湯の作り方は
沸騰したお湯に同じ量の水を足す です。

つまり最初の沸かすお湯の量も計量しておくと良いでしょう◎

そして鍋底にキッチンペーパーを敷きます!

そこに先ほどのジッパー付保存袋に入れたお肉を
湯煎していきます。

両面やりましょう!
ここで問題です。
先ほどキッチンペーパーを敷いたのはなぜでしょう??






正解は、
熱が直接お肉に伝わってしまうのを防ぐため です(*^^*)

さくら色が良い加減になってきた目安です。

どうして湯煎するの?

ちなみに今回は比較のために
写真の上のお肉は湯煎してないお肉です!
下が湯煎して取り出したもの。

お肉が若干広がっているのはわかりますか?

これがポイント✳︎

冷蔵庫から出したばかりの固まっている肉では
やわらかく焼くことが難しいんです。

牛はもともと体温が高く40度以上あり、
そんな牛のお肉を冷やしたまま焼くのはNG

50度程度のお湯で湯煎することで
生きている牛の状態の温度に近くなり、柔らかくなるのだそう。

これは目からウロコです♡

湯煎できたら取り出して
オリーブオイルと塩を振ります!
(ブラックペッパーはお好みで)

あとは焼くだけ〜〜‼︎ ここまで本当にひと手間だけでした!

先ほどの湯煎でお肉の中には火が入っているし
旨味がしっかりと閉じ込められているので
あとはお好みで焼き色をつけるだけで良いそうです、が!!

ここで登場したのがアルミホイル!!
アルミホイルをしわくちゃにしてお肉にかぶせる。
これでお肉全体に良い感じに熱が伝わるそうなんです。

焼きあがったら2分休ませてから
切って完成です!!

上が裏ワザ技法お肉
フォークとナイフで スッと切れました!

下はノーマル技法お肉
フォークとナイフでキコキコして切りました!!

特売お肉ですので、ノーマル技法で焼くと
おいしさにも限界があります。
裏ワザを使えば、まるで高級なお肉を食べているみたい!!

この方法だけでお肉の味わいが格段に変わります☻
手間をプラスしても湯煎は5分程度!
まさか湯煎にこんなパワーがあったとは!!
それだけで家族が笑顔になれる
やわらかくて美味しいステーキが焼ける裏ワザ!
ぜひ試してみてくださいね!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。


著者

AYaNo

AYaNo

現在*4歳girlと2歳boyのママです。ヨガインストラクター、親子モデルとしても活動中♪ 主婦の人気アイテムや自宅で簡単にできるヨガやストレッチを発信していきます★ Instagram @ayano_kyoga