「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

誰でも簡単に作れる☆ 100均のチョコペンを使ったハロウィンプレートの作り方

料理・グルメ

 誰でも簡単に作れる☆ 100均のチョコペンを使ったハロウィンプレートの作り方

2018.09.25

毎年盛り上がりが増しているハロウィン!!
自宅でハロウィンパーティーをする人も年々増加しているようです。

今回は時間がないけどハロウィンスイーツを作りたい!!というママのためにチョコペンを使ったハロウィンチョコの作り方をお教えします。
これをのせれば何でもハロウィンスイーツに大変身です。

100均で揃っちゃう 色とりどりなチョコペン! 

こちらは100円ショップ【セリア】で購入したチョコペンです

ハロウインなのでオレンジとブラック、あとグリーンを少々(なくてもOK!)とアラザンも使っていきます

チョコペンの使い方

①40から50度未満のお湯をマグカップに用意し、ペンの先を下に入れてお湯に漬けます
②全体が十分にやわらかくなったら、一度全体をもみ固まりがないかチェック!なければ先端をはさみでカットし使います
(温度計がない!!という場合は、沸騰したお湯に同量より少し多めの水をたして適温にしてください)

途中で固まってきたら先端に爪楊枝をさし先端ギリギリまでお湯の入ったマグカップにつけて再び柔らかくします

ハロウインといえばこれ!!【ジャックオランタン】の作り方

まずクッキングシートを適当な大きさに切りその上にチョコペンで書いていきます
①かぼちゃの部分の両端を写真のように絞ります

②絞ったチョコが固まったら真ん中部分を絞ります
(固まってから絞ることにより、かぼちゃのボコボコがキレイに再現できます)

③チョコが完全に固まってからヘタ部分と目、鼻を絞ります

目、鼻のは初めから綺麗な三角に絞るのは難しいので、絞ってから三角になるように爪楊枝で形を整えていきます。
口も線を一本引いてから、爪楊枝でチョコをジグザグ模様にすると作りやすいです

しっかり冷蔵庫で冷やしクッキングシートから外します

キモかわスイーツには欠かせない?!【蜘蛛と蜘蛛の巣】のつくりかた

【蜘蛛の巣】
①「米」のつながったような文字を書きます(1の写真参照)
②①の線の外側をつなげるようにチョコペンで書いていきます
③内側も同様すべての線をつなげるようにチョコペンで書き、水滴に見立てたアラザンをちらし、固まったら蜘蛛の巣の完成です

【蜘蛛】
①黒のチョコペンで細長い雪だるまのような形を書きます
②しっかりとかたまったら足を写真2のように8本書き、固まったら蜘蛛の完成!

おまけ!!お化けの顔と文字も作って見ました

オレンジのチョコペンで【BOO】の文字を絞り、ブラックのチョコペンでお化けの顔を絞りました。口の細い部分は書いたチョコの両端を爪楊枝で引っ張って細く書いています。

今回はかぼちゃのプリンにデコレーションしてみました!

市販のかぼちゃのプリンとホイップクリームを用意、プリンの上にクリームを絞ったらチョコを飾ります。
おまけのお化けバージョンは生クリームなどのデコレーションをするときにオススメです。お化けバージョンのクリームは少し大きめの三角になるように絞りました

今回はかぼちゃのプリンにデコレーションしましたが、市販のアイスやクッキなどにつけてキモ可愛いハロウィンスイーツに大変身できちゃいます!

是非ハロウィンパーティーのときに作ってみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

ミサホ

ミサホ

5歳と2歳の男の子ママです。結婚前は洋菓子店やレストラン、カフェでパティシエをしていました。簡単に作れるお菓子作りのことなど紹介中です!