あさイチで紹介! 簡単に大量のダンボールをひも一本でまとめる方法

ライフスタイル

2018.10.13

引越しはもちろん、
ネット通販やまとめ買いなど…日々の生活で気づくとたまるダンボール。
不要になった空き箱を紐でなかなかうまくまとめられない…という方、いませんか?

そんな方に朗報です!
先日放送のNHK「あさイチ」で、
紐一本でしっかり簡単にまとめられる方法が紹介されました♪

広告

サイズがバラバラの大量ダンボールも紐一本でしっかりまとめられる「巻き結び」とは…?

ダンボールを重ねたら…

ダンボールの下から両端を長めにとった紐を通し、
ダンボール上面に紐を持って来たら
両手に持ったそれぞれの紐をぐるっと180°ねじります

ねじったあとはこんな感じ。
それぞれのひもを矢印の方向に引っ張りながら、
またダンボールの下に紐を通して…

再度 表側に持って来たら、両手の紐を180°回転!

これで2回目のねじりが完了。
同様に、3回目まで行います。

3回ねじったら、そのまま紐を縦方向に。
ダンボールに対して紐を十字にかけたら最後に一度結ぶだけ!

ガールスカウトの日本連盟リーダーの方が紹介していたのが、「巻き結び」。
もともとは薪や小枝を縛るときに使われる方法とのこと。

実際にやってみました!

1.重ねたダンボールの下から通した紐を
  上面中央に持って来たら、
  そこで両手に持った紐をクロス
  →180°ねじって引っ張る(1回目)
2.結ばないまま、両手に持った紐を再度ダンボールの下に通して、
  また上面に持って来たら、
  1と同様、両手に持った紐をクロス
  →180°ねじって引っ張る(2回目)
3.2と同様、下から通してきてから
  ダンボール上面で紐をクロスさせ
  180°ねじって引っ張る(3回目)
4.その後は、3の紐をそのまま使って
  ダンボールに対して十字に紐がかかるよう、
  縦方向に紐を掛け、結べば出来上がり♪
  (結ぶのは、この最後の1回だけです)

振り回しても緩まずしっかり固定♪

たった一本の紐でしっかり固定されるのは、
摩擦力に秘密があるとか。
横方向に紐をかける際、
交差する紐を180°ねじる、という作業を3回繰り返しましたよね。
ただぐるぐる紐を巻きつけるのとは違い、
ねじり目に摩擦力が働き、ギュッとひっぱる手を離しても
紐がゆるみにくくなるのだそうです♪

なんだかおもしろくなってしまうほどしっかり固定されますよ!
とても単純な方法なので、不器用さんにもオススメです。
これで資源ゴミの日も怖くない!ですね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告