暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【超多忙な美人医師のキレイの秘密②】冷え&むくみ解消!女性ホルモンUPの生活習慣

saitaPULS編集部

健康知識を持ってる医師は、忙しい中でどのように美や健康を維持しているのでしょうか。暮らしの中の健康習慣を教えていただきました。

「ホルモンバランスを整える生活」で 、冷え&むくみ知らず!

【教えてくれたのは】
産婦人科医 尾西芳子先生
高輪台レディースクリニック副院長。産婦人科医として活躍するかたわら、テレビ、ラジオなどにも出演。婦人科検診の啓蒙を図る。モデル経験もあり美容にも詳しい。

「冷え、疲れ、ストレスが蓄積されると排卵が止まり、女性ホルモンバランスの乱れから生理不順や不妊にもつながります」と尾西先生。冷えの原因となるむくみケアも念入りです。「3食とも、水分排出を促すカリウムを多く含む野菜をとっています。週3の水泳と寝る前のストレッチも欠かしません。診察中は腰に負担がかかり疲れが溜まるので、入浴は肩までつかってリラックス。ホルモンバランスが乱れないよう心がけます」

【尾西先生の1日をのぞき見!】女ホル度アップ習慣で女性美をキープしていた!

【7:30】1日の始まりは、ヨーグルトで腸快調!便秘解消のために始めたヨーグルトは、タンパク質も豊富で疲れ防止にも効果的。
【8:30】出勤。診察中も脚に圧力をかけて血行促進。クリニックでは1日中座りっぱなしが多いので、着圧靴下を愛用しています。
【13:00】休憩時間はハーブティーでリラックス。体を冷やすカフェインが入ってないハイビスカスティーでほっとひと息。
【16:00】終業後は水泳でむくみをオフ。週に3回はプールで泳ぎます。血行がよくなり翌日に疲れを持ち越しません。
【19:30】夕食にはリコピン豊富なトマト。抗酸化作用のあるトマトが大好物。炭酸でトマトジュースを割ると即席ドリンクに。
【22:30】入浴後は時間をかけてむくみケア。腰を伸ばすクッションで背骨ストレッチ。
マッサージアイテム「リファ」でフットケアも。

尾西先生の美の秘訣は、冷えの原因にもなるむくみを翌日に持ち越さない生活にありました。

女性ホルモンバランスへの乱れにもつながる冷えとむくみ。気になる人は参考にしてみて!

取材・文/平川 恵

前日の全体記事ランキング

1

【タモリレシピ】タモさん流「鶏の唐揚げ」はカリッとジューシー!”さっぱり味”で無限に食べられる!

料理上手として有名なタモリさん。 「タモリの週刊ダイナマイク」というラジオ番組で話していたレシピ(通称タモリレシピ)を実際に作ってみるとおいしい!と重宝されています。 今回はタモリさん流唐揚げの作り方を紹介します。 カリッとジューシーに仕上がって、何個でも食べられる軽さの唐揚げです。 早速つくり方を見ていきましょう。

2

材料たった2つ!!子どもと楽しめるマシュマロクッキーの作り方

おやつ作りって材料がいろいろ必要だからちょっと面倒くさい。 そんな方に、切ってのせて焼くだけのとっても簡単なマシュマロクッキーの作り方をお伝えします。

3

野菜不足解消!最強の作り置き【重ね煮】基本のキ

外出自粛で外食も減り、毎日自炊している人も多いのではないでしょうか。 しかし、毎日三食、その都度食事を作るのは意外に大変ですよね。 そんな今だからこそ、作り置きできて色々とアレンジできる『重ね煮』を知っておくととっても便利! 最強の作り置きと言われる「重ね煮」をご紹介します。今回は「基本の重ね煮」について。

4

カップヌードルで作るチャーハンが背徳の味。いろんな種類を試したくなっちゃう!

カップヌードルはお湯を注ぐだけで簡単にできるので、旦那さんの夜食などにサッと用意できて重宝しますよね。筆者も備蓄用に買っておくのですが、夜中にお腹が空いたりしてついつい食べてしまいます。今回はカップヌードルのアレンジメニュー「カップヌードルチャーハン」をご紹介させていただきます。

5

自宅のインテリアを手作りしよう!キャンプ気分も楽しめるランタン作りに挑戦!

自粛生活も続き、自宅のベランダ等でキャンプ気分を楽しむのも流行っていますよね。 また、お子さんと手作りでお菓子や工作をすく時間も増えたと思います。 先日、TV番組「ヒルナンデス」で紹介されていた、「はりこ風ランタン作り」をみて、子どもと一緒に作れて自宅キャンプにもピッタリだと思い、早速作ってみました! 想像以上の出来栄えなので、これからお子様の自由工作の課題等にもオススメです。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP