暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【ニトリ】すべらないステンレスボウルが地味に便利!!

✨悠美✨

ニトリで販売されている「ノンスリップ ステンレスボウル」をご存知ですか?

名前の通り、すべらないというボウル。
本当にすべらないのか、買ってみました。

すると、「ノンスリップ ステンレスボウル」は調理のしやすさが各段にUPする便利グッズだったんです。

ニトリの「ノンスリップ ステンレスボウル」648円(税別)

サイズは24㎝と28㎝があるようですが、筆者がいったときには28㎝が売り切れになっていました。
人気あるんですね。

24㎝でも十分に大きかったので、まずは24㎝を購入しました。
ひっくり返してみると、裏の底の部分のみシリコンになっています。
これは期待大ですね。

「ノンスリップ ステンレスボウル」は、ボウルの底がシリコンコーティングされていて滑らないことと、目盛りがついていること。

便利そうだけど、ボウルに648円(税別)もかけるなんて、高いかなぁと筆者も悩みました。ですが、この「ノンスリップ ステンレスボウル」の一番のポイントである滑らないというだけで、日々の料理が各段に楽になったんです。

「ノンスリップ ステンレスボウル」は、全然高くありませんでした。
むしろ、筆者にとってはかなり便利で、とってもお得な調理器具でした。

ステンレスボウルを使って、料理してみた♡

今回購入したのは24㎝サイズです。
筆者はちらし寿司を作りたく、ご飯とちらし寿司の素をいれて準備開始。
いつもは、ご飯と具を混ぜているときに困っていたのは、グルグルとボウル自体が回ってしまうということ。。


ところが、このボウルは底がシリコンになっているんですよね。
こんな感じです。

今回筆者がちらし寿司を作っていると、5歳の娘がお手伝いしたいと近づいてきました。

家族5人分のご飯が入っているので、4合分のご飯。。これを手伝いたいらしいのです。

早速やり始めると、なんと娘でもじょうずにまぜまぜしています。
娘に聞いてみると、「いつもはボウルがまぜまぜすると一緒に動いてやりにくかったけど、この入れ物は動かないからやりやすいね」とのことでした。

たしかに底が滑らないという、たったそれだけなのですが、お好み焼きなどの粉をかき混ぜたり、何か具材を混ぜ合わせたりする際には、とっても「ノンスリップ ステンレスボウル」は便利でした。

いかがでしたか?

筆者はボウルを使っていろいろ混ぜたり、用意したり、また小さいわが子に料理のお手伝いをさせたりするときに良く使います。

その時に悩んでいた、グルグル動いて困るという悩みは、この「ノンスリップ ステンレスボウル」であっという間に解消されました!


是非、とっても便利なので使ってみてくださいね。

前日の全体記事ランキング

1

【夏のフットネイル】ネイルシールって実際どうなの?半信半疑で使ってみたら……やり方と持ちの良さをレポート

サンダルを履く機会が増える夏に必須なのがフットネイル。なるべく外出を控えたい今、手軽なのは自宅でできるセルフネイルですが、単色塗りになりがちなのと、落ちやすいのがストレスですよね。そこで、貼って削るだけでおしゃれなネイルアートが楽しめるフットネイルシールを試してみました!

2

毎日たった4分で体が確実に変わる!「フランス式膣トレ」実践しよう【後編】

パーソナルトレーナーのベルジェロン容子です。 産後出会ったフランスの「膣トレ」を日本でも自宅で簡単にできるようにしたいと「フランス式膣トレ」を考案しました。 「膣トレ」は筋トレです。膣を意識することで鍛えられるのは骨盤底筋からみぞおちにかけてのインナーマッスル。見えない部分の筋肉群です。前回の【前編】でチャレンジした2か所に続き、今回は最後の穴“経口”部分を2種類のイメージを使って動かしていきます。「フランス式膣トレ」で女性の大切な部分をきちんと整え、数多ある「膣トレ」の効果をあなたの心身でぜひ体感してください! フランス式膣トレ【前編】  さぁ、「フランス式膣トレ」を始めましょう。

3

寝苦しい夜でも快眠できる方法5選|冷房が苦手な方でも快適に眠れる工夫

夏になると、毎晩寝苦しい日々が続きます。でもエアコンが苦手な方も多いかと思います。そんなときに手軽に暑さを和らげることができるグッズや方法をご紹介します。

4

【夏の食中毒対策】水筒をいつも清潔に保つ洗い方【動画付き】

夏になると食中毒のリスクが高まります。 子どもたちに持たせたり、何気なく使用している水筒にもその脅威は潜んでいるのです。 健康な毎日を過ごすためにも、毎日の水筒ケアを確認していきましょう。

5

【徹底比較】100均で買えるゴミ袋のコスパ・使いやすさを比べてみた!レジ袋有料化でゴミ袋どうする?

2020年7月1日より、全国でプラスチック製の買い物袋の有料化が始まりました。資源・廃棄物制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの環境問題と向き合うため、有料化を通じて、プラスチックの過剰な使用を抑えようという意識改革が求められています。 エコバッグ生活には慣れてきたものの、スーパーやコンビニエンスストアでレジ袋をもらわなくなると不都合に感じるのが、“自宅のゴミ袋がなくなる”ということ。「今までレジ袋をゴミ袋として再利用していたのに、どうしよう?」という声も多くあがっているそうです。なるべくプラスチック製の袋の使用回数を減らそうと工夫はしつつも、生ゴミをまとめるときなどは、衛生面の観点から引き続きビニール袋が必要なシーンも……。そんなときのために、賢くストックしておきたいですよね。 そこで今回は、ダイソー、セリア、キャンドゥの100円ショップで販売されている、さまざまなゴミ袋をまとめてみました。サイズやコスパなどを比較し、家庭で使いやすいビニール袋をタイプ別でご紹介します。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP