「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【GUの新作で着やせ】スタイリスト丸尾が背が低くてぽっちゃりさんを、ほっそり縦長に変身させます!

心と体

 【GUの新作で着やせ】スタイリスト丸尾が背が低くてぽっちゃりさんを、ほっそり縦長に変身させます!

2019.03.18

雑誌やカタログで活躍している人気のスタイリスト丸尾朋世さん。
いつもGUを取り入れた全身コーデや展示会速報などを披露してくれています。
今回はいまから発売するアイテムを使って、
体型悩みがある編集Hに着やせコーデを教えてくれました。

背が低くて、全体的にぽっちゃり型…
そんな方におすすめするアイテムは?

形は?色は?など…丸尾さん目線で解説していきます。

低身長でも、全体ぽっちゃりでも、体型カバーができてやせ見えになるテク!

スタイリストまるおがGUの選び方を
教えるで~!

寒い日があったり、少しあたたかい日があったり、
そろそろ春服を意識していくとしたら!?
それって薄着になるってこと!
そしたら、痩せたい!痩せたい!ってなるわな。
めちゃわかるわぁ〜
でもさぁ〜すぐに3㎏痩せれないやん。
これまたコーデで痩せてみえるようにするしかない!
さて!!今回も全身ぽっちゃりさん(つまりチビデブ)をどうしたら
変身することができるか!
やってみるで。

Hさんの場合、胸が人よりボリューミー、ぽっちゃり体型、
150㎝ちょいと背がめっちゃ低い…
という悩みがあるねん。

いつもHさんはその悩みを隠すために、
トップスは胸のボリュームが隠せるニット、
ボトムスは足の太さや長さをごまかしてくれるロングスカートが多いらしい。
いつもドラム缶やなー、と私は思っているで(笑)
それは、アカン アカン !

丸顔さんは、トップスの開きが大事やで。
首が詰まるとより丸顔が強調されるからな。

まず、私はプルオーバーのシャツを選んだわ。
胸があっても着れる形やし、ぴったりしていないし、
ヌケ感があるから胸が強調されない。
で、注意が必要なのは、ここで、太めのボトムを合わせるとドラム缶!
ぼてっとしちゃう。ちびちゃんには絶対にNG!
ボトムスはスッキリさせたいから、
パンツかタイトスカートが鉄則やで。
シャツとのコーデは、スカートの方が断然オシャレに決まる!
タイトスカートを履いても お尻が隠れる丈のトップスやから、気にせず履ける!

さらに、丸尾のこだわりポイントは

シャツ…
俄然腕まくり。こなれ感を出すためやで。
さらに、手首の華奢さもアピールできるで。

スカート…
靴のバランスは肌見せできる丈を選ぶ。
これでヌケ感が出る。
ダッドスニーカーで足の太さもごまかせたんちゃう?
トップスとボトムスのきれいめアイテムをスニーカーで
カジュアルダウンしたで!

あと!色目もまとめると大人のカジュアルになると思うで!

さあ、みんなもやってみてな!

ヌケ感のあるプルオーバーシャツに縦ラインが作れるタイトスカートが正解だった!

今回着用したのはプルオーバーシャツ、タイトスカート、
ダッドスニーカーのこの3点。

プルオーバーシャツは、首元すっきり見せ、、
上半身のボリュームをカバーする効果あり。

タイトスカートは、縦ライン作りと、
太ももの太さをごまかす効果も。

プルオーバーシャツ¥1,990(発売中)
タイトスカート¥1,990(発売中)
ダッドスニーカー¥2,990(発売中)

変身した編集Hからひとこと。
上半身にボリュームがあるので
胸が目立たない服ばかり着ていました。
さらに丸顔だけど丸首のアイテムが好きで着ていたんですが
Vあきのシャツ(まあ着たことない)を着ると
肌見せでヌケ感がでてすっきり!
タイトスカートにダッドスカートも新鮮でした!
このタイトスカート、ほっそり見えしますよ!
ボリュームのあるダッドスニーカーで
スタイルアップに見えたんじゃないかと思います!

背が低くても、やっぱりバランスなんですね。
参考になります。

丸尾さん、変身ありがとうございました!

教えてくれたのは…

スタイリスト丸尾朋世さん。

女性誌やカタログなどで活躍しているスタイリスト。関西出身ということもあり、お話し好き、世話好きで撮影現場ではモデルやタレントやスタッフまでも笑いに変えてくれるムードメーカー的存在。モデルやタレントからは頼れるお姉さんとして支持も高い。自他ともに認めるGU好き。新宿店や銀座店に出没している。GUの最新アイテムを駆使したコーデは必見!
背が低くてぽっちゃりさんをほっそり背高にさせる記事もチェックして♪
体型カバーができる細見せコーデの記事もチェックして♪
ぽっちゃりさんをほっそり背高に変身させる記事もチェックして♪

背が低くても、アイテムの組み合わせ次第で、着やせやスタイルアップが叶います!
背が低いからとりあえずヒールを履くというよりは、バランスが大事ということですね。
みなさんも、取り入れてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。