暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【洗濯の裏ワザ】頑固な泥汚れがきっちり落ちる!アレを使うだけで新品みたいに真っ白に!

saitaPULS編集部

小さな子どもがいるとママが日々悩まされることと言えば、「泥汚れ」です。
子ども達は泥んこが大好き!元気に遊びまわってくれることは母としては嬉しいのですが、洗濯してもなかなか落ちない「泥汚れ」。

このなかなか洗濯でも落ちない頑固は「泥よごれ」を、あるものを使うライフハックがあるんです。

洗濯してもなかなか落ちない泥汚れ

洋服についた泥汚れ。子ども達が元気に走り回って遊んでくれた勲章です。
でも、かなりしっかりとした泥汚れ。これは、洗濯だけではきれいに落ちませんよね。

そこで、このなかなかしつこい泥汚れを落とすライフハックを試していきましょう。

①大まかな汚れを落とす

すぐに洗濯したい気持ちをぐっとこらえて、まずは泥を乾かします。
乾いたら、ブラシなどで泥を叩き落とします。乾かすことで、繊維の奥に入っていた泥もさらさらになり、たたいた時に落ちやすくなるのです。

結果、ドロドロだった泥汚れが、ここまで綺麗に落ちました。

②奥まで入り込んだ泥汚れは、スクラブ入り洗顔料で!

表面の汚れは落ちても、繊維の奥まで入り込んでしまった汚れ、これがなかなか落ちませんよね。
その汚れを落とすのが、スクラブ入り洗顔料です。
スクラブ入り洗顔料の中には、小さいスクラブが入っています。このスクラブが衣類に入った泥をかき出してくれるのです。

スクラブ入り洗顔で洗ってみた

では実際に裏技を試していきます。こんなにしっかりついた泥汚れが本当にとれるのか不安です。
【手順1】スクラブ入り洗顔料を直接泥汚れの場所に塗りこみます。
【手順2】こするのではなく1分間優しくもみます。
【手順3】水で洗い流していきます。
なんと!取れました!!

実際に試してみた結果、あんなにしっかりとついていた泥汚れを簡単に落とすことができました。

スクラブ入り洗顔料を使ったライフハックは、小さい子どもがいるママの味方ですね。

なぜ洗濯でも泥汚れはかなか落ちないのか

泥の汚れは、薬品や洗剤で分解するのは不可能なんだそうです。その為、泥汚れは家庭では落ちにくいと言われているんですね。

スクラブ洗顔料は毛穴の汚れをかき出すために作られてるので、繊維の奥に入ってしまった泥汚れを毛穴の汚れのように、綺麗にかき出してくれるのです。

ビフォーアフターはこちら

ビフォー
アフター

しっかり汚れが取れました。

いかがでしたか?

しつこい泥汚れ。もうダメかもと諦めていたその汚れも、このライフハックで解決です。

是非、試してみてくださいね。

文/柿島悠美

前日の全体記事ランキング

1

【洗濯の裏ワザ】うっかりつけたボールペンのインク汚れは「ご飯粒」が解決してくれる件!

白いシャツを着ているときに限って、汚してしまうことはありませんか? 胸ポケットに先を出したままボールペンを入れたままにしてしまったり……。 汚れの中でも、ボールペンのインクってなかなか取れないですよね。 そんな時の救世主は、以前TV番組「ソレダメ! 〜あなたの常識は非常識!?」でやっていた「ご飯粒」を使った落とし方。早速、私も試してみました。 液体洗剤と混ぜて汚れ部分にこするだけでみるみるうちに汚れが消えていくんですよ~。 驚きの方法を紹介します。

2

【北斗晶レシピ作ってみた!】5分で完成!鶏むね肉で作る「ハニーマスタードチキン」が冷めてもおいしい

現在はママタレとして活躍している北斗晶さん。 そんな北斗晶さんのレシピは、簡単・時短・節約と主婦には嬉しいレシピ。 今回は北斗晶さん考案のハニーマスタードチキンを作ってみました。 調理時間はなんと5分! 感単にできて家族が喜ぶ一品の作り方とは? 早速、作ってみました。

3

「酸っぱいキウイ」を甘~くする裏ワザ試してみた!「えっ、カットして冷蔵庫に入れるだけ⁉」

栄養価の高いキウイは、ビタミンCも豊富に含まれているので風邪などが流行る季節に積極的に食べたいですよね。でも酸っぱいキウイは苦手、という方も多いのでは? 酸っぱいキウイを簡単に甘くする2つの方法を試してみたので、ご紹介します!

4

【免疫力アップ】でコロナに負けない体作り!調理いらずで手軽に食べられるおすすめ第1位は?

新型コロナウイルス再流行への警戒は続いていますが、最近では経済活動が徐々に再開され、人の往来が戻りつつあります。そこで、感染から身を守るために「免疫力」への関心が高まっています。 長い自粛期間が続く中、「免疫力」を高めるために、みんなはどのような工夫をしているのでしょうか。さっそく、みんなが実際に実践している「免疫力アップ」の具体的な対策を見ていきましょう。

5

鶏むね肉をやわらかく仕上げるコツは?節約したいけどがっつり食べたいときのピリ辛鶏むね肉おかず2選

ヘルシー食材の代表格といえば"鶏むね肉"。 低カロリーで高たんぱく質に加えてリーズナブルなので家計にも優しいです。 その一方でパサパサの食感が苦手という人も多いのではないでしょうか? そこで、ひと手間加えるだけでふんわり仕上げることのできるワザをご紹介します。 今回は、そのワザを使って韓国風の「ヤンニョムチキン」と「タンドリーチキン 」の2品を作りたいと思います。 どちらも簡単に作れるので忙しいときにもぴったりなレシピです。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP