「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【料理の裏ワザ】いつものトーストを高級パンのように美味しくする3つのテク!えっ、麦茶を使うの!?

料理・グルメ

stock.adobe.com
 通のパンが“高級パンのようにおいしくなる”かんたんな3つのコツ

2019.09.19

手軽に食べられるので、朝食は食パンという方も多いと思います。せっかくなら焼きたてのように、外はカリッと中はフワフワに美味しい状態で食べたいですよね。今回は、トーストを美味しくする3つの方法をご紹介します。

パンの美味しさの決め手は「水分」

出典:www.photo-ac.com

焼きたてのパンは外がカリッと中がフワッフワッで美味しいですよね。どうして、美味しいのでしょうか?じつは、美味しいパンを作る決め手は「水分」にあります。材料や製法を工夫してパンの生地から水分を逃さないように作ると食感がフワッフワッのパンができるのです。

今回は、朝食に食べる方が多い「食パン」を美味しくする裏ワザを3つご紹介します。これで、お手頃な食パンや少し古くなってしまった食パンが焼きたてのように美味しくなりますよ。

その1:焼きムラなくフワッとした仕上がり派は、食パンの向きに注意!

角型食パンの上側はツルッとした質感

角型食パンの下側はザラザラとした質感

「食パンの下側」をトースターの奥側にする

食パンには上側と下側の向きがあるのはご存知ですか?山形食パンだと分かりやすいですね。丸く盛り上がっている方が上側で、平たい方が下側です。

四角い角型食パンは、一見上下が分かり難いように思われますが、パンの耳部分を近くで見ると上側はツルッとしていて、下側はザラザラした質感になっています。

トーストする時は、食パンの下側を奥に向けて焼くとパンの水分量が均一になるので、焼きムラが少なくなりフワッと美味しい仕上がりになります。これは、トースターの奥側が高温になる性質を利用した裏ワザです。密度が高く水分量が多めの「食パンの下側」をトースターの奥側にすることで、パン全体の水分量のバランスが均等になるそうです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。