暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

そうめんの新常識!?ゆで時間を倍にする「4分そうめん」が衝撃のおいしさなんです!

saitaPULS編集部

夏の定番といえば、やっぱり麺類! つるんと喉ごしのいい麺は、暑くて食欲が落ちているときにも食べやすいので助かりますよね。夏の麺類の定番中の定番が“そうめん”ですが、表示時間の倍の時間でゆでる「4分そうめん」で、おいしさがアップするのを知っていますか? 半信半疑で、実際に試してみました。

そうめんのゆで時間は、通常は1分半〜2分程度ですが…

そうめんのパッケージには、ゆで時間の目安として1分半〜2分と表示されているものが大半です。一般的には、ゆで時間よりも長くゆでることはタブーとされており、水分を多く吸ってしまった麺はブヨブヨとしておいしさが半減してしまうと考えられていますよね。

ところが、表示時間の倍の時間、4分間ゆでる「4分そうめん」が、そうめんのおいしさをアップするという情報がインターネットで話題になっているというので、実際に普通に茹でたそうめんと食べ比べてみました。

「4分そうめん」の作り方のポイント

1.大きめの鍋でたっぷりのお湯を沸かし、そうめんを4分ゆでます

2.そうめんをあげる前に、大量の氷水を用意しておきます

4分ゆでたそうめんはブヨブヨ感があり、「食べられるの…?」という不安が襲ってきますが、迷っているヒマはありません。ここからは時間勝負です!

3.ゆであがったそうめんをザルにあげ、流水で粗熱をとりながら麺のぬめりを落とします

4.ぬめりをとったらすぐに大量の氷水で冷やし、しっかりめに洗ったら水けを切ってできあがり

◼︎用意するもの
そうめん以外には、大量の氷水のみ

◼︎ポイント
・ぬめりを落としたら、スピーディーに氷水へ入れる
・大量の氷水を用意する

ゆで時間が長い分、ゆであがった直後のそうめんは水分を多く含んでいます。素早く大量の氷水でキンキンに冷やし、しっかりと冷やすことでそうめんがキュッとしまるのです。氷水で洗う際は、手も冷たくなるので気をつけてくださいね。

「4分そうめん」と表示時間どおりの1分半ゆでたそうめんを食べ比べてみると…

(左)表示時間どおりに1分半ゆでた通常のそうめん
(右)表示の倍の時間ゆでた「4分そうめん」

1分半ゆでたそうめんも、いつもどおりにおいしいですが…

「4分そうめん」を食べて衝撃!

見た目にはさほど大きな変化は表れていませんが、「4分そうめん」のほうが多少透明感があってツヤツヤの仕上がりに。
そして、気になる食感はというと…
ひと口食べて驚きましたが、まったくの別物になりました。「4分そうめん」は、みずみずしく、むちっとした食感で食べ応えがありおいしい! ゆであがった直後のくたくたな印象がウソのようです。2倍の時間でゆでたそうめんは、おいしさが2倍以上になる結果でした。
しかも、残ったそうめんを冷蔵保存して翌日食べてみたところ、そうめん同士がベタついてくっ付くこともなく、水通しをしなくてもいいほど。
そうめんのゆで時間は、これからはずっと4分間で決定です!

そうめんの常識をくつがえす「4分そうめん」。ぜひお試しくださいね。

文/グンジカナ

前日の全体記事ランキング

1

【夏の食中毒対策】水筒をいつも清潔に保つ洗い方【動画付き】

夏になると食中毒のリスクが高まります。 子どもたちに持たせたり、何気なく使用している水筒にもその脅威は潜んでいるのです。 健康な毎日を過ごすためにも、毎日の水筒ケアを確認していきましょう。

2

オキシクリーンで換気扇を掃除!オキシ漬けするだけでギトギト油がこんなにもキレイに!失敗しない方法は?

換気扇やレンジフードまわりの掃除はどれくらいの頻度で行っていますか? しばらく放置したままにしておくと、油とホコリが混ざり、ギトギトした汚れがこびりついて取れにくくなってしまいますよね…。 そこで、強い味方になってくれるのがコストコなどで購入できる「オキシクリーン」です。オキシクリーンは酸素系漂白剤で、汚れのみに効果を発揮して洗浄ができる万能な洗剤と言われており、さらには消臭効果も期待できます。今回は、オキシクリーンを使用した換気扇掃除の仕方と、失敗しないための注意点をご紹介します。

3

【徹底比較】100均で買えるゴミ袋のコスパ・使いやすさを比べてみた!レジ袋有料化でゴミ袋どうする?

2020年7月1日より、全国でプラスチック製の買い物袋の有料化が始まりました。資源・廃棄物制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの環境問題と向き合うため、有料化を通じて、プラスチックの過剰な使用を抑えようという意識改革が求められています。 エコバッグ生活には慣れてきたものの、スーパーやコンビニエンスストアでレジ袋をもらわなくなると不都合に感じるのが、“自宅のゴミ袋がなくなる”ということ。「今までレジ袋をゴミ袋として再利用していたのに、どうしよう?」という声も多くあがっているそうです。なるべくプラスチック製の袋の使用回数を減らそうと工夫はしつつも、生ゴミをまとめるときなどは、衛生面の観点から引き続きビニール袋が必要なシーンも……。そんなときのために、賢くストックしておきたいですよね。 そこで今回は、ダイソー、セリア、キャンドゥの100円ショップで販売されている、さまざまなゴミ袋をまとめてみました。サイズやコスパなどを比較し、家庭で使いやすいビニール袋をタイプ別でご紹介します。

4

【料理の裏ワザ】冷めてシナシナになったフライドポテトをサックサクに復活させる方法

みんな大好きなフライドポテト。揚げたてのフライドポテトは、本当に美味しいですが、少し時間が経ってしまうと、急激にシナシナになってしまいおいしさが半減してしまいます。 ですが、「シナシナになったフライドポテトを復活させる裏ワザ」が、じつはあるんです。

5

蚊に刺されないための3つのポイント|今年はコレで徹底予防!

夏になると現れる「蚊」。できれば刺されたくないですよね。もちろん虫除けスプレーは使うけれど、それでも刺されてしまうから厄介……。少しでも刺されにくくなるための「3つのポイント」をご紹介します!

この記事をシェアする

TOP